民放5社が運営する『TVer』がAndroid TV搭載『ブラビア』と『Amazon Fire TV』シリーズに対応 テレビの大画面で見逃し視聴が可能に

民放5社が運営する公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』は、テレビでも利用できる『TVer テレビアプリ』を4月15日に公開することを発表。Android TV搭載『ブラビア』と『Amazon Fire TV』シリーズが対応し、テレビ画面で見逃し視聴が可能になります。

対応機種は、2015年以降に発売したソニーのAndroid TV搭載『ブラビア』と、『Fire TV Stick』など、Amazonのメディアストリーミング端末『Amazon Fire TV』シリーズ。

『TVer』は日本テレビ、テレビ朝日、TBS テレビ、テレビ東京、フジテレビの民放5社が運営、現在は在阪民放5社(毎日放送、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ、読売テレビ)を含めた10社で連携し、約200番組を広告付きでパソコンやスマートフォン、タブレット向けに無料で公式配信。『TVer テレビアプリ』により、テレビの大画面で『TVer』の利用が可能になります。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)