Amazonの『プリント・オン・デマンド』により個人出版した優秀な書籍を表彰する『ネクパブPODアワード2019』授賞式が開催

インプレス R&Dは、Amazonの『プリント・オン・デマンド』(以下POD)により出版された個人の書籍を対象に、優秀な書籍を表彰する『ネクパブPODアワード2019』を発表。3月29日に授賞式が開催されました。

PODはオンデマンド印刷により、注文に応じて1冊からでも印刷・出荷できるAmazonの書籍出版サービス。インプレス R&Dは、印刷可能なPDFファイルを用意すれば、登録料や使用料がかからず誰でも無料で出版ができ、Amazonでの販売を代行する『著者向けPOD出版サービス』を提供しています。

同サービスを利用して2018年1月以降に出版し、2019年1月31日時点でAmazonで販売実績のある書籍を対象に、優れた書籍を表彰。233点のエントリー作品から、最優秀賞を含む計13点の受賞作品が選定されました。

最優秀賞:『よこいしょういちさん』(著者:亀山永子)

手作り絵本を自費出版し、地元の図書館に置いてもらう活動を続けてきた亀山永子さんの『よこいしょういちさん』が受賞。地域で活動する著者が、全国に販売できる書籍を出版できるというPODの特徴を生かした事例として注目できます。著者の亀山さんは「Amazonで販売する夢がかないました。PODがもっと出版の夢を持っている方に知れ渡っていくといいと思います」とコメントしました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4802094418

優秀賞は以下の6作品。

優秀賞:
『Python クラウド量子計算 QISKIT バイブル』(著者:中山 茂)
『似顔絵って難しいよね 似せるための観察方法と考え方』(著者: マジェリン&かっと)
『分子栄養学による治療、症例集』(著者:藤川徳美 )
『超簡単メガビタミン入門 1』(著者:小西伸也)
『アレルギー検査のミ・カ・タ』(著者:伊藤 潤 )
『ビリー・ザ・キッド、真実の生涯』(飜訳者:西川秀和)

地方在住で70歳のフリーランス、大阪在住の似顔絵作家、心療内科クリニックの勤務医など様々なプロフィールを持つ著者による、技術や実用、医療、科学、歴史など多彩なテーマの書籍が受賞。どれも実際に売れているそうで、特に『ビリー・ザ・キッド、真実の生涯』はSNSの告知により、24時間で100冊以上を販売したという、ネットとPODの相性の良さを示す事例になりました。

審査員特別賞は以下の6作品。

Amazon賞:『「やればできる」が身に着く 小学生 新体力テストの攻略本』(著者:岩崎千治)
イースト賞:『ふたごべん おべんとうづくりから気付いた、生きるということ』(著者:chica)
近代科学社賞:『管弦楽法の基本』(翻訳:平沢奏汰 著者:Nikolai Rimsky-Korsakov)
インプレスホールディングス賞:『一刻一生』(著者:池田青谿)
NextPublishing賞:『ウェイトトレーニング -実践編-』(著者:山本義徳)

こちらは『instagram』の投稿を本にしたもの、管弦楽の歴史的名著とされながらも邦訳が絶版になっていた書籍を再登場させたもの、スマートフォンアプリを書籍化したものなど、ユニークな書籍の数々が審査員の評価を集めました。

『POD出版サービス』は、Amazonでの累計販売額がサービス開始から2年半で1億円を超える規模に成長しているとのこと。今後もユニークで多様な書籍の登場が期待できそうです。

ネクパブPODアワード2019
https://nextpublishing.jp/award2019/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)