Garminのスポーツウォッチ『ForeAthlete』シリーズに新製品『ForeAthlete 245』『ForeAthlete 245 Music』『ForeAthlete 945』が発売へ

ガーミンジャパンは、Garminブランドのスポーツウォッチ『ForeAthlete』シリーズに新製品3機種を順次発売することを発表しました。

『ForeAthlete 245』は、人気機種『ForeAthlete 235』の後継機種で、フィットネスレベルを示すVO2max値、有酸素及び無酸素トレーニングの効果、トレーニングのパフォーマンス状況を分析して、トレーニング不足や過度のトレーニングを表示するGPSランニングウォッチ。心拍変動などを使用して体のエネルギーレベルを判断する“BODY BATTERY”に対応します。別売りのポッドをペアリングすることで、ランニングフォームを分析するランニングダイナミクス機能が利用可能。GPSと光学心拍計を起動させた状態でバッテリーの稼働時間が最大22時間と、前モデルの最大11時間と比べて大幅に向上しました。バンドカラーはBlack Slate、Amp Yellowの2色をラインアップして、価格は3万4800円(税別)。現在予約を受付中で、5月16日に発売します。

『ForeAthlete 245 Music』は、音楽機能を追加。『Line Music』『Spotify』『AWA』などの音楽アプリやパソコンから最大500曲をウォッチ本体にダウンロードでき、Bluetoothで接続したイヤホンなどからスマートフォンなしで音楽が楽しめます。バンドカラーはBlack Red、White Black、Black Aquaの3色をラインアップして、価格は3万9800円(税別)。現在予約を受付中で、5月16日に発売します。

『ForeAthlete 945』は、マルチスポーツ機能に対応した『ForeAthlete 935』の後継機種。VO2max値の計測、音楽機能に対応するほか、パフォーマンスを向上させる本格的なトレーニング機能を搭載。別売りのポッドをペアリングすることで、ランニングフォームを分析するランニングダイナミクス機能が利用可能。カラー地図を搭載し、ランニングをガイドする機能が利用できます。Visaのタッチ決済により本体をかざすだけで決済できる『Garmin Pay』に対応。GPSと光学心拍計を起動させた状態でバッテリーの稼働時間が最大32時間と、前モデルの最大21時間と比べて大幅に向上しています。6月上旬の発売予定で、バンドカラーはBlack、Blueの2色をラインアップして、価格は6万9800円(税別)。ランニングダイナミクスポッドとのバンドル版は7月中旬に発売予定で、価格は7万4800円(税別)。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)