Apple Watchの大胆なキャッチコピーがTwitterで話題 「3周して当たり前のことを言っている」「iPhoneは電話できるらしい」の声

Apple Watchのキャッチコピー「3周して当たり前のことを言っている」とTwitterで話題

記事まとめ

  • Apple Watch Series 5のキャッチコピーが多くのTwitterユーザーをザワつかせている
  • 「この腕時計は、時間がわかる」「時間もわかるって言ってましたっけ?」などの文言も
  • 「3周して当たり前のことを言っている」「小泉進次郎に寄せてきてますね」などの声も

Apple Watchの大胆なキャッチコピーがTwitterで話題 「3周して当たり前のことを言っている」「iPhoneは電話できるらしい」の声

MacシリーズやiPhoneなど、スタイリッシュで革新的な製品で世界中に多くのファンをもつApple。

CMなどの広告もたびたび話題に上りますが、いま製品サイトのとあるキャッチコピーが多くのTwitterユーザーたちをザワつかせています。

注目を浴びているのは、「Apple Watch Series 5」の紹介ページ。「ビデオを見る」という項目をタップして、下にスクロールしてみると……?

「この腕時計は、時間がわかる」というキャッチコピーが!

さらに紹介ページには「そういえば、その腕時計、時間もかわるって言ってましたっけ?」といった文言も。

確かに、活動量計や電子マネーなど、時計以外の機能が充実している最近のスマートウォッチ。時間が計れることを忘れてしまう人もいるのでしょうか……。

この大胆なキャッチコピーに対し、Twitter上では

・Appleが色々頭使い過ぎて3周して当たり前のことを言っている!!!

・小泉進次郎に寄せてきてますね

・iPhoneは電話できるらしいですよ

・気を引けるコピーこそ優れたコピーなので流石ですよね

といった声が上がっていました。


なお、Apple Watch Series 5の紹介動画も「この腕時計は、時間がわかる」というキャッチコピーから始まりますが、最後は「この時計は時間がわかる、だけじゃない」という一言で締めくくられています。

一見衝撃的なキャッチコピーですが、動画を観てみると納得がいきますね。

※画像はApple公式サイトより引用
https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-5/

(執筆者: しゃむ)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』