キングジムがクラウドファンディングで6000万円支援を集めたE Ink電子ペーパーディスプレイ搭載の手描きデジタルノート「フリーノ」が7月31日に発売へ

キングジムは、手書きのよさを追求したデジタルノート「フリーノ」を7月31日に発売します。昨年12月にMakuakeでクラウドファンディングのプロジェクトを公開し、6000万円以上の支援を集めた製品。価格はオープンです。

キングジムがE Ink電子ペーパーディスプレイとワコム製デジタイザ&タッチペンを採用する手書きデジタルノート「Freno(フリーノ)」をMakuakeでクラウドファンディング開始
https://getnews.jp/archives/2306600

E Ink社の6.8インチ電子ペーパーディスプレイを採用。紙のようにくっきりとした表示が可能で、低消費電力のためスリープ画面にノートやカレンダーを常時表示することもできます。手書きメモ、PDFの閲覧・書き込みができるドキュメント機能、ノートと紐づけ可能なカレンダー機能を搭載し、最大8万7000ページ分のデータが保存できます。

画面にはフロントライトを搭載。明るさと色味を調整できるため、室内だけでなく暗い場所や屋外でもノートを取ることが可能。

ワコム製のデジタイザとデジタルペンにより、4096段階の筆圧検知が可能。デジタルペンは電池交換や充電が不要で、ペンの上部には消しゴム機能を搭載します。

ノートは横罫、TO DOリスト、方眼、デイリーなど計12種類とユーザーが追加できる4種類の自作フォーマットから選択でき、保存したノートはタイトルやタグで検索できます。PDFドキュメントにはデジタルペンによる書き込みに対応。

データはUSBケーブル、microSDカード経由でパソコンなどに取り込めるほか、無線LAN機能によりDropboxとのデータ共有も可能。

カレンダー機能では、カレンダー上にメモを書き込んだり、日付に紐づいたノートを作成できます。スタンドになる専用カバーを利用すると、卓上カレンダーのように使うことも可能。

専用カバーはブラウン、グレー、ブラックの3色をラインアップします。こちらも価格はオープン。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)