ゲームを遊びながら充電できるゲーミングモバイルバッテリー グリップと冷却ファン搭載の「Anker PowerCore Play 6700」が発売

アンカー・ジャパンは8月13日、ゲーミングモバイルバッテリー「Anker PowerCore Play 6700」を発売しました。価格は3990円(税込み)。

幅約14.5cmから約16.1cmまで調整でき、さまざまなサイズのスマートフォンを装着可能。ゲームをプレイしながら、USB Type-Cポートからは15W、USB Type-Aポートからは12Wの出力でスマートフォンを充電できます。バッテリー容量は6700mAh。

重量は約236g。グリップ状の形状により、両手で持って快適にゲームがプレイ可能。背面にスタンドを搭載するので、机の上に置いて動画鑑賞などにも利用できます。

冷却ファンを搭載し、バッテリー本体の発熱を最大30%抑制。プレイ中のスマートフォンの加熱を防ぎます。

 「Anker PowerCore Play 6700」仕様
製品サイズ:約169x88x38mm
製品重量:約236g
入力:5V=2A
出力:
USB-Aポート:5V=2.4A
USB-Cポート:5V=3A
バッテリー容量:6700mAh
パッケージ内容:
Anker PowerCore Play 6700、USB-C & USB-Aケーブル、取扱説明書、18か月保証+6か月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート
製品型番:A1254011 (ブラック)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)