GoProがフロントディスプレイ搭載の「HERO9 Black」を発売

GoProは9月17日、アクションカメラ「HERO」シリーズの新製品「GoPro HERO9 Black」を発売しました。Amazonでの販売価格は6万4900円(税込み)。

最大5K30の動画撮影と20MPの写真撮影に対応。2.27因子hのリアタッチディスプレイに加えて、ライブビューとステータスモードに対応した1.4インチのフロントカラーディスプレイを新たに搭載しています。手ブレ補正機能はカメラ内で水平維持可能なHyperSmooth 3.0に強化。バッテリー駆動時間は30%向上しています。

10月には機能を追加できるモジュールとして「Max レンズモジュラー」を発売予定。Max HyperSmoothによる強力な手ブレ補正と歪みの少ない超広角Max SuperView撮影を最大2.7K60の解像度で利用可能にするもの。例えば360°回転させても水平をキープする撮影が可能になるとのこと。

この他、取り外し可能なスポンジ状のウィンドスクリーンが就いたHERO Black用メディアモジュラー、ディスプレイモジュラーが発売予定。ライトモジュラーは一部販売店で販売中。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?