Amazonがスマートスピーカー「Echo」「Echo Dot/Echo Dot with clock」とスマートディスプレイ「Echo Show 10」をリニューアル 車載デバイス「Echo Auto」も国内発売へ

Amazonは9月25日、Alexa対応のスマートスピーカー「Echo」シリーズの新製品を発表。「Echo」「Echo Dot/Echo Dot with clock」とスマートディスプレイ「Echo Show 10」をリニューアルし、同日から予約受付を開始しています。同時に車載デバイス「Echo Auto」の国内での発売も発表し、予約受付を開始しました。

Echoは従来の円筒形から球体デザインにリニューアル。3.0インチのウーファーと2つのツイーターを搭載し、クリアな高音、ダイナミックな中音、深みのある低音でDolbyステレオサウンドの再生に対応します。最上位モデル「Echo Studio」と同様に、設置された空間の音響特性を感知して最適なオーディオ再生に調整する機能を搭載。Zigbee対応のスマートホームハブを内蔵し、BLE(Bluetooth Low Energy)機器との接続にも対応します。本体サイズは144×144×133mm、重量は940g。本体カラーはグレーシャーホワイト、チャコール、トワイライトブルーの3色。10月22日の出荷開始予定で、価格は1万1980円(税込み)。

Echo DotとEcho Dot with clockも球体デザインにリニューアル。1.6インチとコンパクトながらパワフルなスピーカーを搭載し、明瞭なボーカルとバランスの取れた低音により、豊かなサウンドを再生。Echo Dot with clockは、シンプルなLEDディスプレイから時刻、気温、タイマー、アラームを確認できます。本体サイズは100×100×89mm、重量はEcho Dotが328g、Echo Dot with clockが338g。本体カラーはEcho Dotがグレーシャーホワイト、チャコール、トワイライトブルーの3色、Echo Dot with clockがグレーシャーホワイト、チャコールの2色。Echo Dotは10月22日の出荷開始予定で、価格は5980円(税込み)。Echo Dot with clockは11月5日の出荷開始予定で、価格は6980円(税込み)。

Echo Show 10は、10インチのHDスクリーンがブラシレスモーターによる回転で左右に向きを変える機構を搭載。ユーザーが部屋の中を移動してもスクリーンを見ながらAlexaに話しかけられるほか、Alexaを通じたビデオ通話ではユーザーが移動してもフレームアウトせずに通話を続けることが可能になりました。1インチの2つのツイーターと2.5インチの強力なウーファーを搭載。設置した場所の音響特性を感知して最適なオーディオ再生に調整する機能に対応します。クックパッドのレシピ動画、NHKのフラッシュニュース、Prime Videoの映像コンテンツが視聴できるほか、今後NetflixのコンテンツもEcho Showシリーズで視聴可能になる予定。Zigbee対応のスマートホームハブを内蔵し、スマートホーム機器と接続可能。本体カラーはチャコールとグレイシャーホワイト。価格は2万9980円(税込み)で、年内の出荷を予定しています。

EchoとEcho Show 10では、機械学習の高速化を実現するAmazonが開発したシリコン・モジュール「第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサ」を搭載。ユーザーのリクエストをより早く伝えてAlexaがより早く応答可能になります。現在は米国のみの対応で、今後日本でも高速化された音声認識機能の提供を予定しています。

Echo Autoは、自動車に設置してAlexaによる音声サービスを利用できる車載デバイス。手持ちのスマートフォンにインストールしたAlexaアプリを介してインターネットへ接続し、ハンズフリーでAlexaと会話が可能になります。シガーソケットもしくはUSBポートから給電し、3.5mmオーディオケーブルまたはBluetoothでカーオーディオに接続して音声コンテンツや音楽を出力します。車内でAmazon Music、Apple Music、Spotifyなどから音楽をストリーミング再生したり、ニュースを聞いたり、電話をかけられるほか、Kindle本を読み上げたり、カレンダーの予定を確認したり、車内から自宅のAlexa対応スマートホーム家電を操作することも可能。本体には8コのマイクアレイを搭載し、カーオーディオやエアコンの音、運転中の騒音がある環境でもユーザーの声にAlexaがスムーズに応答します。9月30日の出荷開始を予定し、価格は4980円(税込み)。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)