Googleが鼻歌や口笛による楽曲検索機能「Hum to Search」を発表

10月15日、Googleは鼻歌や口笛で楽曲検索を行う「Hum to Search」機能を発表しました。iOS/Android版GoogleアプリとGoogleアシスタントで利用可能です。

Hum to Search- Now in the Google app(YouTube)
https://youtu.be/DW61PpKJGm8

「Hum to Search」の使い方は、マイクアイコンをタップして「この曲は何?(What’s this song?)」と言うか「曲を検索(Search a song)」ボタンをクリックした後、10〜15秒間うろ覚えの曲を鼻歌や口笛で再現するだけ。Googleアシスタントでは、「この曲は何?」と言ってから鼻歌を歌います。

鼻歌を歌い終えると、一致する可能性のある曲の検索結果が一致率と共に表示されます。音程が外れていても問題なく機能するということです。

GoogleアプリiOS版は英語対応のみとなっていますが、Android版では20言語以上に対応しています。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=DW61PpKJGm8

※ソース:
https://blog.google/products/search/hum-to-search

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』