AnkerのSoundcoreブランドから初のANC搭載完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と「Soundcore Life A2 NC」が発売

アンカー・ジャパンは1月20日、オーディオブランド「Soundcore」で初となるアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン2モデルを発売しました。

「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、人気モデル「Sound Core Liberty Air 2」を進化させた最上位モデルで、本体カラーはブラックとホワイトをラインアップ。価格は1万2980円(税込み)。Amazonでは初回2000個限定でAmazonで使用可能な20%のポイントが進呈されます。イヤホンの外側と内側に1つずつマイクを搭載し、周囲の音を検知して雑音を除去するANC機能を搭載。専用アプリ「Soundcore」から「屋外」「交通機関」「屋内」のシーンを選択して、最適なノイズキャンセリングができる他、外音取り込み機能によりイヤホンをつけたまま会話や公共施設のアナウンスを聞くことが可能。音質面では、10層のレイヤーから構成する“PureNote”ドライバーにより、ひずみを抑えた透明感のあるクリアな音質を実現。アプリ上で音の聞き取りやすさを測定してユーザーに合わせたプロファイルにカスタマイズできる“HearID 2.0”に対応します。ノイズリダクション機能を搭載した合計6個のマイクにより、通話やウェブ会議で相手に音声を大きく鮮明に伝えることが可能。ワイヤレス充電に対応し、フル充電までの充電時間は約2.5時間。通常時で最大7時間、ノイズキャンセリングモードをオンにして最大6時間の音楽再生に対応します。

「Soundcore Liberty Air 2 Pro」仕様
入力:5V=0.5A
充電時間:
約1.5時間(USB ケーブル使用時)
約2.5時間(ワイヤレス充電器使用)
通信方式:Bluetooth 5
重さ(充電ケース含):約62g
対応コーデック:SBC/AAC
防?規格:IPX4(イヤホンのみ)
音楽再生時間:
●通常時
最大7時間(イヤホン本体のみ)/最大26時間(充電ケース使用時)
●ノイズキャンセリングモードをオンにした場合
最大6時間(イヤホン本体のみ)/最大21時間(充電ケース使用時)
●外音取り込みモードをオンにした場合
最大6.5時間(イヤホン本体のみ)/最大23時間(充電ケース使?時)
パッケージ内容:
Soundcore Liberty Air 2 Pro、充電ケース、イヤーチップ(XXXS/XXS/XS/S/M/M+/L/L+/XL  *M サイズは本体に取り付け済み)、USB-C & USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル

「Soundcore Life A2 NC」は、9990円(税込み)と手ごろな価格でANC機能が利用できるモデル。Amazonでは初回1000個限定でAmazonで使用可能な20%のポイントが進呈されます。Soundcore Liberty Air 2 Proと同様、イヤホンの外側と内側に1つずつマイクを搭載し、周囲の音を検知して雑音を除去するANC機能を搭載。専用アプリ「Soundcore」から「屋外」「交通機関」「屋内」のシーンを選択して、最適なノイズキャンセリングができる他、外音取り込み機能によりイヤホンをつけたまま会話や公共施設のアナウンスを聞くことが可能。11mm径のドライバーを搭載し、力強い低音と高音質を実現。Soundcoreアプリ上でイコライザーを設定してサウンドをカスタマイズできます。ノイズリダクション機能を搭載した合計6個のマイクにより、通話やウェブ会議で相手に音声を大きく鮮明に伝えることが可能。

「Soundcore Life A2 NC」仕様
入力:5V=0.75A
充電時間:約2時間
通信方式:Bluetooth 5
重さ(充電ケース含):約67g
対応コーデック:SBC/AAC
防水規格:IPX5(イヤホンのみ)
音楽再生時間:
●通常時
最大7時間(イヤホン本体のみ)/最大35時間(充電ケース使用時)
●ノイズキャンセリングモードをオンにした場合
最大6時間(イヤホン本体のみ)/最大30時間(充電ケース使用時)
●外音取り込みモードをオンにした場合
最大6時間(イヤホン本体のみ)/最大30時間(充電ケース使用時)
パッケージ内容:
Soundcore Life A2 NC、充電ケース、イヤーチップ(XS/S/M/L/XL *M サイズは
本体に取り付け済み)、イヤーウィング(S/M/L *M サイズは本体に取り付け済み)、
USB-C & USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)