GarminのGPSウォッチにeスポーツモデル ゲーマー・実況者がゲーム中の心拍数やストレス状態を配信できる「INSTINCT Esports Edition」

ガーミンジャパンはアウトドアGPSウォッチ「INSTINCT(インスティンクト)」シリーズ新製品として、eスポーツプレイヤーやゲーマー、ゲーム実況者向けの機能を搭載したeスポーツモデル「INSTINCT Esports Edition」を2月4日に発売します。価格は3万3800円(税別)。1月28日から予約受付を開始しています。

INSTINCTは、GPS/GLONASS/みちびき/GALILEO対応のGPS機能に、アメリカ国防総省が定めるMIL-STD-810G(耐水・耐熱・耐衝撃)規格準拠のタフネス性能が特徴のアウトドアGPSウォッチ。心拍計によりストレスや消費カロリーなど健康状態の確認ができるほか、水泳、ランニング、サイクリングなどアウトドアスポーツやジムトレーニングに活用できるアプリを内蔵。通知やカレンダー、天気などスマートフォンとの連携機能も搭載します。

Esports Editionでは、eスポーツプレイヤーやゲーマー、ゲーム実況者がよりゲーム能力を発揮し、ゲーム観戦をさらに楽しめる機能を搭載。ゲーム中のプレイヤーの心拍数やストレスをモニタリングすることでプレイを振り返ったり、パフォーマンスの向上に貢献するとしています。

計測した心拍やストレスをPC上でリアルタイム表示できるWindows用アプリケーション「STR3AMUP!(ストリームアップ)」を提供。アプリケーションの表示は録画も配信も許可されるので、eスポーツ大会やゲーム実況を盛り上げる演出として、今後目にする機会が増えるかもしれません。

本体デザインは、黒を基調にフェース周りの文字盤に赤を使ったシャープなデザイン。アジア限定で、「剣と盾」「SF」「スナイパー」の世界観を表現したウォッチフェースを搭載します。ボックスもアジア限定のスペシャルデザインを採用。アウトドアとは真逆のイメージですが、ゲームの世界観を重視しつつ、eスポーツプレイヤーのアスリートとしての側面に注目したユニークな製品と言えるのではないでしょうか。

Instinct?Esports Editionでそのプレイを次のレベルへ(YouTube)
https://youtu.be/nc8n4fA_muU

関連記事(外部サイト)