Gmailで受信した購買履歴が自動でリスト化されていたと騒動に

Gmailで受信した購買履歴が自動でリスト化されていたと騒動に

shutterstock

◆15億人以上が利用しているGmailサービス

 Googleの無料メールサービス「Gmail」。2004年4月1日から提供を開始したこのサービスは、既に15年継続している。多くの人が利用しており、2018年10月26日の時点で、利用者は15億人を突破した(参照:Gmail - Twitter)。

 私も「Gmail」を利用している。オープン当初の「Gmail」のウリは、保存容量の大きさだった。当時の競合サービスの中で「1GB」という容量は多くの人を驚かせた。その容量はどんどん増えていき、2014年には15GBになった。

 保存容量をウリにしていた「Gmail」だが、私は当初魅力を感じなかった。しかし「Gmail」の実力を認めることがあり、それ以降は「Gmail」を愛用し始めた。その実力とは「迷惑メールフィルタ」である。

 当時私は、オンラインソフトを100本近く公開していた。それらにはユーザーサポート用のメールアドレスを書いており、そのメールアドレスはスパム用のbotに収集されていた。そのせいで日に数100通、多い時は1000通近くのスパムメールが届き、仕事やプライベートに支障が出ていた。

 いくつかのスパム対策サービスを渡り歩いたあと「Gmail」の「迷惑メールフィルタ」にたどり着いた。そして、Googleという会社の実力を知った。数週間に一度、アルゴリズムの変更のせいか、誤判定が出ることがあるものの、概ね99.9%以上の精度で迷惑メールを分類してくれた。Googleという会社が、アルゴリズムで自動化をおこなう会社なのだということを、強く印象づけられた。

◆Gmailで受信した購買履歴が自動でリスト化されていた

 そして今週のことである。Gmailで受信した購買履歴が自動でリスト化されており、その閲覧専用のページがあるということで、ネットでは小規模な騒動が起きた(参照:INTERNET Watch、Engadget 日本版)。この購入履歴は、Googleアカウントの「購入」ページから閲覧できる。

「購入」機能のヘルプページを見てみよう。このページによると、「Google Play ストア、Google Express、Google アシスタントなどの Google サービスで行った注文」「Gmail で受け取った注文の領収書や確認書」を自動収集してリストを作成しているそうだ。

 私の場合は、Amazonの履歴やヨドバシカメラの履歴がリスト化されていた。2019年だけで240件ほどある。Googleは、こうした履歴を自社の事業に利用しているはずだ。Googleの大きな収益源は広告だ。何を、いつ、どこから買ったかという履歴は、非常に重要な情報になる。

◆Googleは、移動履歴など、様々な行動履歴を収集している

 Googleは様々な情報を記録している。Googleアカウントの「データとカスタマイズ」というページを開いてみよう。「アクティビティ管理」という欄に、どういった情報を保存しているのか表示される。

「ウェブとアプリのアクティビティ」「ロケーション履歴」「音声アクティビティ」「デバイス情報」「YouTubeの検索履歴」「YouTubeの再生履歴」と項目が並んでいる。こうした項目は、オンにしたり一時停止したりと切り替えられる。ちなみに、一時停止はできるがオフにはできない。そして、前記の「購入」を一時停止する設定は見当たらない。

 いくつかの項目について、どのような情報が記録されているのか見ていこう。「音声アクティビティ」では、ユーザーの声やその他の音声を、操作の数秒前まで遡って録音する。操作とは、「OK Google」のようなコマンドを発声した場合や、マイクアイコンをタップした場合だ(ヘルプ)。

「ロケーション履歴」では、デバイス(スマートフォン)を持って訪れた場所が保存される。現在私は情報の収集を一時停止しているが、以前記録されていた時期にGoogle マップで確認したことがある。移動経路が可視化されており、どこに家があるのか、毎日どこにどういった経路で訪れているのかが全て明らかになっていた。(ヘルプ)。

◆情報収集の「一時停止」も可能だが……

 保存の条件は、「Googleアカウントにログインしている」「ロケーション履歴がオンになっている」「端末の現在地送信機能がオンになっている」である。ただし、ロケーション履歴を一時停止したり、ロケーション履歴から位置情報を削除したりしても、他のGoogleサイト、アプリ、サービスの利用に伴い、位置情報データがGoogleアカウントに保存されることがあると、ヘルプには書いてある。

 スマートフォンの「Google マップ」を使っているうちに、よく確認せずにダイアログをタップしていると、いつの間にか保存されていたりする。こうした情報収集を一時停止しても、過去の履歴は削除されない。消したい場合は、手動で全て削除しなければならない。

 このように、Googleは様々な情報を自動で保存しており、それらを確認できるページを用意している。

◆無料の対価とプライバシー

 Googleは、多くのサービスを無料で提供している。その対価はプライバシーだ。

 自分がネット上でどのような活動をしたのか。誰とやり取りしたのか。何を買ったのか。何を話したのか。どこに行ったのか。どこに住んでいるのか。どういった経路を移動しているのか。そうした情報をマネタイズできるからこそ、Googleはそれらのサービスを無料で提供している。

 そしてGoogleは、そうした情報を収集していることを、あまり積極的にユーザーに周知していない。ヘルプに書いてあるのだから公表している。利用規約に書いてあるから同意を得ている。そうしたスタンスだ。

 Googleは営利企業だ。無償で何かを提供しろというのは筋違いだ。しかし、どういった個人情報を集めて活用しているのかは、もっと分かりやすく伝えるべきではないか。なぜならば、こうした情報は流出の恐れがあるものだからだ。

 個人情報を集めるサービスでは、それらの情報は遅かれ早かれ漏れるものと思った方がよい。どれだけ鉄壁のセキュリティを謳っていても、凡ミスや想定外の挙動で情報が外部に出てしまうことがある。そして、個々の情報は価値が低くても、意味のあるデータとしてまとめられていると致命的なこともある。

 長年にわたった購入履歴。日々利用している通学、通勤経路。そうしたデータが流出した場合、人によっては大きな被害を受ける。ネット大手企業は「黙ってデータを出せ」というスタンスだろうが、そろそろこうした企業と個人の関係は改善が必要だと感じている。

◆シリーズ連載:ゲーム開発者が見たギークニュース

<文/柳井政和>

やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。

関連記事(外部サイト)