医者がエナジードリンクを勧めない理由。心臓のリズムを乱すとの最新研究も

医者がエナジードリンクを勧めない理由。心臓のリズムを乱すとの最新研究も

医者がエナジードリンクを勧めない理由。心臓のリズムを乱すとの最新研究もの画像

◆WHOは「若者の健康に危険をもたらす可能性がある」と警告

「集中力を高め、パフォーマンスや認知機能の向上」を謳うエナジードリンク。「睡眠不足」、「エネルギーが必要」、「アルコールと混合したい」などの理由で、米国の若者に大人気です。米国立補完統合衛生センター(NCCAM)によると、12〜17歳までの米国人約30%が定期的にエナジードリンクを飲んでいます。

 一方、医療関係者を中心に、エナジードリンクの健康への害について懸念が高まっています。米国薬物乱用精神保健管理局(SAMHSA)は、エナジードリンクに関わる救急治療部への受診が2007年の10,068回から2011年は20,783回に倍増したと指摘します。

 さらに、米食品医薬品局(FDA)は、エナジードリンクによって34人が死亡したことを報告しました。

 そこで2011年に米国小児科学会(AAP)は「エナジードリンクは、子供にとって有害な可能性の物質を含み、子供は消費するべきではない」という声明を発表しました。

 さらに2014年、世界保健機関(WHO)は、「エナジードリンクの消費量の増加は、特に若者の健康に危険をもたらす可能性がある」と警告しました。にもかかわらず、エナジードリンクの市場は成長し続け、専門家の分析によると、2021年までに売り上げが610億ドルに達することが予測されています。

◆カフェインの摂取を続けると依存症になる恐れも

 アメリカ心臓病学会(ACC)によると、エナジードリンクの主成分であるカフェインは、摂取後、急速かつ完全に吸収され、約30〜120分で血液中の濃度がピークに達します。エナジードリンクに含まれるカフェインは、お茶やコーヒーのような植物由来飲料の天然成分ではなく人工的に合成したものです。

 カフェインは、量次第で良薬にも毒薬にもなります。これまでの研究で、適度な量のカフェイン摂取は、エネルギー消費の増加、身体能力の向上、疲労減少、瞬発性の向上、認知機能の強化、集中力と短期記憶の向上につながることが報告されています。

 一方で、カフェイン摂取による、神経過敏、不安、手足の震え、骨粗しょう症、吐き気、不眠、頻尿、頭痛、動悸など、健康への負の影響が懸念されています。また、習慣的にカフェインを摂取し続けると依存症になり、不安、疲労感、吐き気や頭痛などの症状が出現する場合があります。

 カフェインの過剰摂取によって生じる心血管系への影響は、アスリートの死亡原因にもなっています。カフェインの値が高い場合、十分な水分補給がないと、カフェインの利尿効果により脱水症状を誘発します。

◆エナジードリンクのカフェイン量表示はあてにならない!?

 また、エナジードリンクには、南米の植物で「ブラジルのココア」としても知られるガラナが含まれています。ガラナには、カフェインの一種であるguaranineと呼ばれる物質が含まれています。

 ガラナ1gはカフェイン40mgに相当するのですが、栄養ドリンクのカフェイン含有量の表示には通常ガラナが考慮されていません。そのため、エナジードリンクのカフェインの総量は、ラベルに正確に反映されていない可能性があります。

 さらに、エナジードリンクに含まれる、タウリン、グルクロノラクトンなどの添加剤が健康にどのような影響を及ぼすのかまだ十分にわかっていません。

 タウリンは、栄養ドリンクの中で最も一般的な成分の一つです。私たちの体は、他のアミノ酸から独自にタウリンを合成することができます。また、タウリンは肉、魚介類、牛乳中に存在し、私たちの健康に有益な効果が報告されています。

 タウリンの効果のほとんどは、タウリン単独ではなく、カフェインや他の物質と混合されて発揮されます。ただし、タウリンはアルコールの悪い影響を抑えることが示唆されており、それがアルコールの消費を助長しかねません。

 栄養ドリンクを定期的に飲むことによって摂取されるタウリンの量は、普通の食事から摂取するタウリンの量(1日あたり40〜400mg)を超えます。タウリンの過剰な摂取による害は限られていますが、タウリンがエネルギーを向上させるという証拠はありません。

 グルクロノラクトンとは、体内で少量生産されている天然の物質です。体の防御をサポートする可能性がありますが、ヒトではほとんど研究が行われておらず、知識は乏しいのが現状です。

◆エナジードリンクのプラスとマイナスの側面

 いくつかの研究では、エナジードリンクによる持久力やパフォーマンスの改善が報告されていますが、他の報告では、何の利益もないどころか、筋肉の疲労の増加と脳血流の減少などの悪影響が出ることが示されています。

 エネルギードリンクは、てんかん発作、脳卒中、くも膜下出血、幻覚、不安、頭痛、肝炎、胃腸の不調、急性腎不全 横紋筋融解症、インスリン抵抗性、肥満、不眠症、攻撃的行動などのリスクに関与することも研究によって示されています。

 さらに新しい研究では、2019年5月29日の米心臓協会誌に、米パシフィック大学のサチン・シャー博士らが、エネジードリンクの心臓血管系への影響を報告しました。

◆エナジードリンクは血圧を上げ、心臓のリズムを乱す!?

 シャー博士らの研究の対象は、18〜40歳までの34人の健康なボランティアです。参加者は、市販の2種類のエナジードリンクと1種類のプラセボ飲料、計3種類をそれぞれ別の日に、最低6日間の間をおいて、16オンス(約473ml)2本=32オンス(約946ml)ずつ飲むように無作為に割り当てられました。

 各飲み物は、30分で16オンス(約473ml)を超えない速さで60分以内に飲み終えます。パッケージ表示によると、2種類のエナジードリンクには、どちらもタウリン、グルクロノラクトン、ビタミン類が含まれていました。プラセボ飲料は、ライムジュースにチェリー風味の炭酸水が含まれています。

 研究者らは、参加者の心電図と血圧を、ベースラインと、エナジードリンクを飲んでから30分ごとに4時間後まで測定しました。2種類のエナジードリンクは、32オンス当たり304〜320mgのカフェインを含んでいました。一般に400mg未満のカフェインが、心電図の変化を誘発することはありません。

 心臓は絶えず収縮と拡張を繰り返し、血液を送り出すポンプです。電気的な興奮により心筋が収縮し、興奮がさめると心筋は拡張します。心電図のQT間隔は、心室(下側にある2つの部屋)の興奮の始まりから興奮がさめるまでの時間を示しています。

 2種類のエナジードリンクを飲んだ参加者は、プラセボ飲料に比べて、心電図のQT間隔が6ミリ秒または7.7ミリ秒高まりました。この時間が短すぎても長すぎても、心臓のリズムが乱れ、結果として生じる不整脈は生命を脅かす可能性があります。そして、QT間隔の変化は、一般に32オンスのエナジードリンクを飲んだ後の短期間だけではなく、4時間のモニタリング期間にわたって持続しました。

 また研究者らは、エナジードリンクを飲んだ後の最大血圧と最低血圧が4〜5 mm Hg高まることも発見しました。ただしエネルギー飲料の消費後、長期的な影響は不明のままです。

 シャー博士は、「私たちは、エナジードリンクと、カフェイン(単独)によらないQT間隔と血圧の変化の関わりを発見しました。今後、これらの変化の原因をつき止めるために、早急に特定の成分や成分の組み合わせを調査する必要があります」、「特に、後天性または先天性QT延長症候群の人、高血圧の人は、エナジードリンクを制限するべきです」と述べます。

◆集中力より、居眠りが増える

 米疾病管理予防センター(CDC)の発表によると、軍のメンバー(この調査では、2010年のアフガニスタンに配備された部隊)の44.8%が1日に少なくとも1回、13.9%は1日に3回以上エナジードリンクを飲んでいました。

 1日に3回以上エナジードリンクを飲んでいるメンバーは、2回以下の人よりも、平均睡眠時間が、1日4時間以下である可能性が高まりました。さらに、1日に3回以上飲んでいる人は、ストレスや病気に関わる睡眠障害をより報告する傾向があり、説明会や任務中に居眠りしがちでした。

 ありきたりでもヘルシーな食生活や適度な睡眠と運動が、「集中力を高め、パフォーマンスや認知機能の向上」には効果があります。疲れてぐいっとエナジードリンクを飲む前に、ライフスタイルを見直してみてください。

<文/大西睦子>

内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。著書に、「カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側」(ダイヤモンド社)、「『カロリーゼロ』はかえって太る!」(講談社+α新書)、「健康でいたければ『それ』は食べるな」(朝日新聞出版)

関連記事(外部サイト)