Adobeの「AIR」と「Flash」を覚えていますか? Adobe、AIRのサポートと機能開発をサムスンの子会社に移管

Adobeの「AIR」と「Flash」を覚えていますか? Adobe、AIRのサポートと機能開発をサムスンの子会社に移管

picjumbo_com via Pixabay

◆Adobeの「AIR」と「Flash」を覚えていますか?

 米Adobe Systemsが、「Adobe AIR」のサポートと機能開発を、米ハーマンに移管すると発表した(参照:窓の杜)。ハーマンはオーディオ機器などを製造、販売する会社で、2017年にサムスン電子が80億米ドルで買収して完全子会社化している(参照:Wikipedia)。

「Adobe AIR」は、「Adobe Flash」をパソコンやスマートフォンのアプリケーションとして動かすものだ。「Adobe AIR」を使えば、様々な環境で動くアプリケーションを開発することができる(参照:Adobe AIR - Wikipedia、Adobe Flash - Wikipedia)。

 私も過去に「Adobe AIR」でソフトを作った経験がある。ただ「Adobe Flash」が縮小を続けている現在、その環境にどれほどの価値があるのかは分からない。

 Adobeは2017年に「Flashの開発と提供を2020年で終了する」と発表している。今回「Adobe AIR」の移管を受けたハーマンは、アプリケーションを「Adobe Flash」からHTML5に移行するコンサルティングや移行サポートもおこなっている。

「Adobe Flash」を終了することを決めたAdobeと、移行ビジネスを手掛けるハーマンにとって、都合のよい事業移管だったのだろう(参照:HARMAN)。

◆「Flash」の隆盛と転機

 20代前半より若い人は知らないだろうが、日本のインターネットでは「FLASH黄金時代」と呼ばれた時期があった。1998年から2002年頃に始まり、2005年から2007年頃に終焉した(参照:ニコニコ大百科)。

 YouTubeの設立は2005年。ニコニコ動画の設立が2006年。それより前に「Adobe Flash」を利用した動画がネットに溢れていた。多くの人は、こうした動画を通して「Adobe Flash」に触れていた。

 また、Flashゲームと呼ばれる「Adobe Flash」を利用したゲームも多く作られた。初期のソーシャルゲームは、携帯電話向けの「Adobe Flash Lite」で開発されているケースも多く見られた。

 OSを問わずに、Webブラウザ上でアプリケーションを構築できる「Adobe Flash」は、多くの企業サイトでも利用されていた。

 さて、その「Adobe Flash」だが、元々Adobeのものではない。1996年に、アメリカのフューチャーウェーブ・ソフトウェアが開発した。この技術を、同年にマクロメディアが会社ごと買収。2005年に、今度はAdobeがマクロメディアを34億ドルで買収して、2007年に「Macromedia Flash」だった名前を「Adobe Flash」に改名した(参照:Wikipedia)。

 当時Adobeは、よい買い物をしたと思っただろう。しかし、その後「Adobe Flash」は劣勢に追いやられる。一番大きな原因は、モバイルの台頭だった。それも「iPhone」の登場である。

◆iPhoneの登場がすべてを変えた

 2007年にアップルは「iPhone」を世に送り出した。フルブラウザでインターネットを閲覧出来る「iPhone」は、「Adobe Flash」に対応しなかった。

 当時のアップルのCEOスティーブ・ジョブズは「Adobe Flash」を嫌った。理由のひとつは、「iPhone」上のApp Storeとの競合があるだろう。しかしそれ以前に、パソコンで成長した「Adobe Flash」は、モバイルの限られた性能で、その力を発揮することが難しかった。「Adobe Flash」は「iPhone」の体験を劣化させる大きな原因となりかねなかった。

 2010年にスティーブ・ジョブズは、自社のサイトに「Adobe Flash」をサポートしない理由を掲載した。

 その第一はオープン性の欠如である。「Adobe Flash」は開かれた技術ではなく、Adobeが100%の所有権を持っている。それよりもオープンな技術であるHTML5を使うべきだとした。

 理由はさらに続く。「Adobe Flash」に頼らなくてもよいこと、信頼性、セキュリティ、そしてパフォーマンスの問題があること、また電池の持ちが悪くなること、タッチ操作を想定していないことを、スティーブ・ジョブズは挙げた(参照:Apple)。

 モバイルの時流に上手く乗れなかった「Adobe Flash」は、最終的にWebの世界からシェアを失った。

◆失われる資産、消える実行環境

 再生機器やプログラムが必要なデジタルコンテンツは、そのまま読める本や石版よりも寿命が短いことが多い。2000年代初頭に流行ったFlashコンテンツの閲覧は、2020年末の「Flash Player」の開発および配布終了後は困難になるだろう。

 たった20年も経たずに、日本を席巻していたコンテンツの多くが、アクセスできなくなる。知識がある人ならば環境を構築できるだろうが、大多数の人はそんな労力を掛けてまで利用しようとは思わないだろう。そして100年も経てば、再生方法すら分からなくなっている可能性がある。

 デジタルデータとインターネットの時代になり、世の中のコンテンツは爆発的に増えた。しかし、それらは一過性のもので、ほとんどが埋もれて消えていくのかもしれない。全人類の活動の記録を残すには、新しい革命的な何かが必要になるだろう。

◆シリーズ連載:ゲーム開発者が見たギークニュース

<文/柳井政和>

やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。

関連記事(外部サイト)