メーリングリストの老舗「freeml」終了。君は「メーリングリストの時代」を知っているか?

メーリングリストの老舗「freeml」終了。君は「メーリングリストの時代」を知っているか?

Muhammad Ribkhan/Pixabay

◆メーリングリストの老舗「freeml」終了

 メーリングリストの老舗「freeml」が終了するというニュースが6月上旬に流れてきた。7月16日に、新規メーリングリスト作成の停止、8月26日にメンバー招待の停止など、段階的に機能を制限していき、最終的に2019年12月2日に終了する予定だ(参照:freeml byGMO)。

 MLとも略されるメーリングリストは、ネットのコミュニケーションの主流からは外れつつある。少なくとも若い人には、LINE などのモバイル向けツールによるコミュニケーションが主流だろう。

 今回の「freeml」の終了よりも前に、2014年5月28日には「Yahoo!グループ」が終了している(参照:Yahoo!グループヘルプ)。それ以外にも、プロバイダ ASAHIネットのメーリングリスト サービスは、最近の2019年5月31日に終了した(参照:ASAHIネット)。プロバイダ hi-ho の同サービスは、かなり昔の2008年4月30日に終わっている(参照:会員サポートhi-ho)。多くの場所で、メーリングリストが終了している。

 ただ、Googleグループをメーリングリスト的に使ったり、サーバーを借りた際に無料でメーリングリストを作れたりもする。メーリングリストを提供するビジネスの意味が薄れたという見方もできるだろう。

◆メーリングリストとは

 インターネットを最近始めた人や、若い人の中にはメーリングリストという言葉を知らない人もいるだろう。

 メーリングリストとは、電子メールを使い、複数の人に同時に情報を送る仕組みだ。CC(Carbon Copy)や、BCC(Blind Carbon Copy)との違いは、1つのメールアドレスに情報を送ると、メーリングリストに登録されている全ユーザーに同じ電子メールが送信されることだ。

 いちいち、1人ずつメールアドレスを選択してなくて済むので便利だ。また、登録されたメンバーに対して「受け取るだけ」「送信も可」など、設定をおこなうこともできる。特定のメールアドレス宛にコマンドを送ることで、過去ログを手に入れたり、メーリングリストを管理したりすることも可能だ。

 メーリングリストは、電子メールをよく使う人同士で利用すれば、とても便利な仕組みだ。サークルの連絡網や、学校のOBのやり取りなど、関係者全員で情報を共有したい時には、とても便利な仕組みだ。

◆グループでのコミュニケーションの変遷

 ネットを介した多人数コミュニケーションは、環境の変遷により徐々に変わっていった。

 インターネット以前にはパソコン通信があった。その後、Windows95とともにインターネットを利用する人間は徐々に増えた。

 当時、全国規模での多対多のコミュニケーションは、ネットニュースが中心だった。それとは別に、数人のコミュニティーでのやり取りは、CGIの掲示板やメーリングリストでおこなっていた。

 その後、ネットニュースは急速に廃れた。全国規模での多対多のコミュニケーションは、Webの匿名掲示板へと移った。メーリングリストは、同胞との連絡手段として、便利に使い続けられた。そしてSNS、モバイルのメッセージ系アプリが登場した。

 メーリングリストの全盛期がいつかは、著名なソフトウェアの開発時期を見ると分かる。初のメーリングリストソフトウェアである「LISTSERV」は1986年開発(Wikipedia)。「Majordomo」は1992年開発(Majordomo README)。「fml」は1993年開発(Wikipedia)。「GNU Mailman」は1999年開発となっている(Wikipedia)。

 様々なソフトウェアが作られるということは需要があったということだ。この時期に、メーリングリストという仕組みは活況を呈していた。しかし、いつしか電子メールを中心としたやり取りは古い手段となってきた。その原因はいくつかある。

 電子メールは、限られた人がネットを利用する「牧歌的な時代」に作られた。そのため悪意を排除する仕組みがなく、スパムの温床になった。結果として、スパムメールとスパムフィルターの戦いの狭間で、届かない電子メールが増えた。電子メールは信用できる通信手段ではなくなった。

 また、スマートフォンを中心としたモバイルの普及により、コミュニケーション方法が変化した。一般では LINE など、スマホで手軽にコミュニケーションできる手段が普及した。技術者の間では Slack のようなチームコミュニケーションツールが活用されている。電子メールをメインに使うというのは古い手段になりつつある。

◆次のコミュニケーション

 メーリングリストは便利なコミュニケーション手段だが、その基板となる電子メールには多くの問題がある。スパムを低コストで大量に送れる。その対策のあおりとして届かないことがある。また、ウイルスの拡散手段にもなる。フィッシングなどの詐欺にも活用される。そうした問題をクリアした、次のスタンダードになるコミュニケーション手段が必要だと感じている。

 しかし、電子メールほど誰もが利用している通信手段が、新たに普及するのは難しい。電子メールは環境の変化により年々不便になってきている。メーリングリストのサービスが終了するのは時代の流れなのだろう。早く現代に即した、新しいスタンダードな通信手段が普及してくれればよいのにと日々思っている。

<文/柳井政和>

【柳井政和】

やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。

関連記事(外部サイト)