冬になるとやる気がなくなる……それって「季節性感情障害」の可能性も

冬になるとやる気がなくなる……それって「季節性感情障害」の可能性も

冬になるとやる気がなくなる……それって「季節性感情障害」の可能性もの画像

 「冬になると疲れやすく、気分が落ち込み引きこもりがち、そして過食と過眠、体重が増える。春や夏に症状が軽くなるものの、秋になるとまた戻る……」、このような症状は、季節性感情障害という病気が原因かもしれません。

 実際、私が住んでいる米ニューイングランドでは9%もの人が季節性感情障害に苦しんでいます。日本でも同じような症状に悩んでいる方が多いでしょう。今回は、季節性感情障害についてのお話です。

◆季節性感情障害ってどんな病気

 季節性感情障害は、今から約35年前に、ノーマン・ローゼンタール医師らが特定し名付けました。南アフリカ生まれのローゼンタール医師は、ウィットウォータースランド大学で医療の研修を行った後、米国に移住し米国立衛生研究所でキャリアを積みました。

 そして1984年、米医師会が発行する「JAMA精神医学(当時Archives of General Psychiatry)」に29人の季節性感情障害について説明し、その治療としての光療法を紹介しました。この論文は、当時の医学界で懐疑的な見方をされましたが、今では広く受け入れられ、2600以上もの医学文献に引用されています。

 米精神医学会の発行する「精神障害の診断と統計マニュアル」第5版(DSM-5)や米国立精神衛生研究所(NIMH)は、季節性感情障害を、「毎年同じ時期になると繰り返し発症するうつ病の一種」と定義しています。

 通常、晩秋から初冬に症状が始まり、春から夏にかけて症状はなくなります。夏にうつ病が発症する可能性もありますが、冬に比べて稀です。診断には、(1)のうつ病の基準を満たし、同時に少なくとも2年間、特定の季節に(2)あるいは(3)の症状を認める必要があります。

(1)うつ病の症状(以下はDSM-5基準の概要、少なくとも5つの症状が、同じ2週間の間見られる):

1) 気分が落ち込こむ

2) 絶望的または価値がないと感じる

3) エネルギーがなくなる

4) かつて楽しんだ活動に興味を失う

5) 睡眠に問題がある

6) 食欲や体重の変化を体験する

7) 不活発または動揺する

8) 集中できない

9) よく死や自殺を考える

(2)冬の季節性感情障害の症状:

1) エネルギーがない

2) 過眠

3) 過食

4) 体重増加

5) 炭水化物が食べたくなる

6) 社会的引きこもり(「冬眠」のように感じる)

 なお、季節性感情障害の評価には、1984年にローゼンタール医師らによって開発された「季節パターン評価アンケート(SPAQ)」が、今日まで広く使用されています。

 ただし、カナダのアサバスカ大学のシェリ・メルローズ博士が指摘するように、SPAQの採点は容易ではなく、臨床医と研究者によっても使用法はさまざまです。また、SPAQは、特異性が低いことが批判されており、季節性感情障害でない人が、あたかもそうであるかのよう誤解を招く可能性があります。自己判断ではなく、専門家に相談すべきです。

(3)夏の季節性感情障害の症状:

1) 減量を伴う食欲不振

2) 不眠

3) 動揺

4) 落ち着きがない

5) 不安

6) 暴力行為

季節性感情障害のリスク因子

1) 女性。男性よりも女性で4倍診断される。

2) 赤道から遠く離れた北または南の地域に住んでいる。たとえば、フロリダに住んでいる人は1%、ニューイングランドまたはアラスカに住んでいる人の9%が季節性感情障害に苦しむ。

3) 他のタイプのうつ病の家族歴がある。

4) うつ病または双極性障害がある。

5) 若い。

◆治療の鍵は「メラトニン」

 1972年、脳の視床下部の視交叉上核という部分に、哺乳類の体内時計(「主時計」)があることが見つかりました。視交叉上核にある神経細胞は、眼から入った光の情報を受け取り、松果体という所へ信号を送ります。松果体からは、「メラトニン」という睡眠を促すホルモンが、朝日を浴びてから約14〜16時間後に分泌されます。

 メラトニンは脈拍や体温、血圧などを低下させ、体に睡眠の準備ができたことを認識させて自然な眠りに導きます。ですので、朝7時に起きると夜の9〜11頃に眠くなってくるのです。視交叉上核が破壊されると、規則正しい睡眠リズムが完全になくなります。

 ローゼンタール医師らのチームは、2001年の「JAMA精神医学」に興味深い報告をしました。チームは、季節性感情障害の患者55人と健康なボランティア55人を対象に、一定の薄明かりにおけるメラトニン分泌の持続時間を、冬と夏に測定しました。

 すると、患者とボランティアでは、季節の変化に対して、メラトニン分泌が異なる反応を示しました。患者は、夜間のメラトニン分泌の時間が夏よりも冬の方が長く(9時間対8.4時間)、一方、健康なボランティアは変化がありませんでした(9時間対8.9時間)。つまり、季節性感情障害の患者は、季節性行動をする他の哺乳類と同様に、夏よりも冬の方が夜間のメラトニン分泌の期間が長くなりました。

 数十万年前の先祖の人たちは、生存のために、冬の間不活発になりエネルギーを節約し、睡眠と食事を増やしたのかもしれません。ただし、現代社会に生きる季節性感情障害の人は、気分が良くなる春と夏をまつ必要はありません。人工光を使い、メラトニンの変動を抑えることができます。

◆光は栄養素になる

 ローゼンタール医師は、2008年の医学雑誌「精神医学」に次のように述べます。季節性感情障害の主な治療法は、光療法、心理療法、および薬物療法です。また、ストレス管理と運動プログラムも役立ちます。光療法は世界中で主力になりました。季節性感情障害の患者の60〜80%が光療法の恩恵を受けています。

 ただし、光療法の必要な治療の量、タイミングと効果は人によって異なります。ほとんどの人は、紫外線を除去した白色蛍光灯を使用し、朝(メラトニンの分泌が衰え始めたころ)、1日あたり30〜90分(10,000ルクス=日中の木陰の量)の光療法が最適です。多くの人は、治療を開始してから2〜4日以内に光療法に反応します。

 ※ビタミンDのレベルが低い原因は、通常、不十分な食事摂取または日光への暴露の不足によるものです。季節性感情障害は血中のビタミンDのレベルが低いことが見つかり、ビタミンDの補給が治療に期待されましたが、有効性のエビデンスはまちまちです。

 一部の研究では、ビタミンDの補給が光療法と同じくらい効果的であると示唆する一方で、他の研究ではビタミンDには効果がないことが示されています。現在、ビタミンDの補給自体は、効果的な治療とは見なされていません。

◆腸内細菌が気分に影響し、うつ病を予防できる!?

 ところで、最近「腸内細菌」の研究がホットです。そんな中、ベルギーのルーヴァン・カトリック大学のジェロエン・レイズ博士らは、2019年2月の「Nature Microbiology」に腸内細菌とうつ病の関係を報告しました。

 この報告は、人を対象とした腸内細菌とメンタルヘルスの関係を調査したこれまで最大の研究です。結果、特定の腸内細菌が不足している人はうつ病を経験する可能性が高いことが示されました。レイズ博士らはまず、1054人のベルギー人のボランティアを調査しました。

 すると、うつ病の人では、2種類の腸内細菌、コプロコッカスとディアリスターが不足していることが見つかりました。同じ結果は、オランダからの1064人のボランティアでも見られました。

 ただし、必ずしもこれらの細菌の不足がうつ病を引き起こすという意味ではありません。たとえば、うつ病の人は食事が異なり、腸内細菌叢が変化する可能性があります。少なくとも、多くの腸内細菌が神経細胞の機能、そしておそらく気分に影響を与える物質を作ることができることが示されました。この結果は腸と脳のつながりのより深い理解、精神疾患の新しい治療法への道を開く可能性があります。すでに腸内細菌に基づく糞便移植の試験などが現在計画されています。

 さらに、これらの健康な腸内細菌が、季節性感情障害の予防や管理に役立つ可能性も期待できますよね。

◆冬の間の憂鬱を克服するための食べ物

 米クリーブランドクリニックは、冬の間の憂鬱を克服するために、以下の食べ物を推奨しています。ぜひ参考にしてください。

1)繊維質の多い炭水化物

全粒粉パン、シリアル、パスタ

皮付きジャガイモ

全粒穀物(玄米、キノア、オート麦など)

新鮮な果物

野菜(冷凍または低ナトリウム缶詰)

マメ科植物

2)タンパク質

脂肪の少ないタンパク質食品は、心臓が健康であるだけでなく、高脂肪の肉(サラミ、スペアリブ、ソーセージなど)よりも消化しやすいため、満腹感を得ます。

赤身の牛肉と豚肉

皮のない白身の鶏肉と七面鳥

豆腐

マメ科植物

低脂肪乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)

シーフード(イワシ、淡水魚、海水魚、サバ、ニシン、サーモン、マグロ)

 季節性感情障害の症状に気づかれた方は、早めに専門の医師に相談することをお勧めします。また、周囲の人は、季節性感情障害の患者の理解とサポートをしてください。

<文/大西睦子>

【大西睦子】

内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)、『「カロリーゼロ」はかえって太る!』(講談社+α新書)、『健康でいたければ「それ」は食べるな』(朝日新聞出版)がある。

関連記事(外部サイト)