コロナウイルス、「潜伏期にも感染する」は本当? 専門家の間で起きている最新の議論を紹介

【新型コロナウイルス】「潜伏期にも感染するのか」など、専門家の間で議論起こる

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスは潜伏期にも感染するのかなど、専門家の間で議論が起こっている
  • WHOは「潜伏期の感染は全体的な流行において重要ではない可能性が高い」と述べている
  • 武漢の海鮮市場が始まりだという説に、疑問を投げかけている研究者チームも

コロナウイルス、「潜伏期にも感染する」は本当? 専門家の間で起きている最新の議論を紹介

コロナウイルス、「潜伏期にも感染する」は本当? 専門家の間で起きている最新の議論を紹介

コロナウイルス、「潜伏期にも感染する」は本当? 専門家の間で起きている最新の議論を紹介の画像

 さまざまな新型コロナウイルスに関する情報が飛び交う中、世界で最も権威ある医学雑誌に、興味深い2つの新しい報告が発表されました。これらの報告をもとに、そもそも新型コロナウイルスは、「本当に潜伏期にも感染するのか」「武漢の海鮮市場で始まったのか」という議論が専門家の間で起こっています。

◆潜伏期にも感染する?

 これまで中国の研究者らは、新型コロナウイルスが潜伏期にも感染する可能性を示唆していますが、明らかな証拠はありません。そんな中、2020年1月30日付けの「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」に、ドイツの医師らが以下のような症例を報告しました。

 症例は、33歳の健康なドイツのビジネスマン。2020年1月24日にのどの痛み、悪寒、筋肉痛を伴う症状を自覚し、翌日には39.1度の発熱と咳が出ました。その後、翌日の夕方までに気分が良くなり、1月27日に仕事に戻りました。症状が現れる前、彼はミュンヘン近郊の会社で、上海在住の女性のビジネスパートナーとの会議に出席していました。

 その女性の実業家は、1月19日から1月22日の間にドイツを訪問しました。滞在中、彼女は感染の症状はなく健康でしたが、中国に戻り病気を自覚し、1月26日にコロナウイルスが陽性と判明しました。1月27日に、彼女は会社に病気について知らせました。

 ドイツのビジネスマンは、既往歴はなく健康で、症状が発症する14日以内に海外への渡航歴はありませんでした。鼻咽頭ぬぐい液と喀痰サンプルでコロナウイルスが陽性となりました。さらに1月28日、ドイツの会社では、3人の従業員がコロナウイルス陽性と判明しました。保健当局によれば、感染した患者は全員、監視と隔離のためにミュンヘンの感染症ユニットに入院しました。これまでのところ、4人の患者は重篤な臨床症状はありません。

 ワシントンポストによると、ホワイトハウスが発表した、米国民に対する旅行制限や前例のない検疫を策定する際、この報告は重要な鍵の一つとなったそうです。

◆すでに症状が出ていた女性実業家

 ところが、この報告に対して、2月3日のサイエンス誌は、情報が誤っていることを指摘しました。ドイツ政府の公衆衛生機関であるロバート・コック研究所(RKI)は、NEJMに手紙を書きました。実は、ドイツの医師らは、論文を発表する前に、実際に上海の女性と話をしていません。

 報告の著者の1人であるミュンヘン医療センターのルートヴィヒマクシミリアン大学マイケル・ホルシャー博士は、この論文は4人の患者からの情報によるものと述べています。また、RKIとバイエルン州の健康食品安全局は、上海の患者と電話で話をしたところ、中国人の実業家がドイツにいる間に症状があったことが判明しました。彼女は疲れを感じ、筋肉痛に苦しみ、解熱剤を服用していたそうです。

 ホルシャー博士は、この論文が女性の健康に関する情報ついてより明確であるべきであったことに同意します。「今日この報告を書くのなら、私は違う言い方にします」「NEJMに早く公開することで、できるだけ早く情報を共有する必要性と、大きなプレッシャーが生じた」と言います。

◆感染はするが「重要ではない可能性が高い」

 ただし、論文が間違っているということで、潜伏期の人からの感染が起こらないという意味ではありません。米国国立アレルギー感染症研究所所長アンソニー・フォウチ博士は、潜伏期に感染は起こると信じているといいます。そして「私は中国の同僚の一人に電話をしました。彼は非常に尊敬されている感染症の科学者で、潜伏期に感染すると確信しています」と言います。

 しかし、仮に感染するとしても、「潜伏期の感染は、全体的な流行において重要ではない可能性が高い。咳やくしゃみをする人はウイルスを拡散する可能性が高い」とWHOは述べています。

 現在、WHOは世界的な健康上の緊急事態と宣言し、中国への旅行と貿易の制限を課すことを各国に警告しています。ただし、ワシントンポストに対して、WHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイェサス氏は、「そのような制限は、公衆衛生上の利益がほとんどなく、恐怖とスティグマを高める可能性があります」と言います。

◆武漢の海鮮市場が新型コロナウイルスの始まりではない!?

 さて、新型コロナウイルスの始まりとして、武漢の海鮮市場に注目が集まっていますよね。ところが、2020年1月24日のランセットの報告で、大規模な中国の研究者チームは、その仮説に疑問を投げかけています。実は、ウイルスは他の場所で、最初に人に感染した可能性があるのです。

 中国の保健当局と世界保健機関の報告によると、2019年12月8日に最初の患者が症状を発症しました。そして、ほとんどの症例は1月1日に閉鎖された武漢の海鮮市場に関係していると主張します。感染のアウトブレイクが始まった時、主な公的な情報は武漢市保健委員会からの通知でした。1月11日の通知では、診断が確定した患者は41人と言及し、1月18日まで患者数は同じでした。通知には海鮮市場が発症の始まりとは記載されていませんでしたが、人から人への感染の証拠はなく、ほとんどの場合は市場に関連していると繰り返し述べました。

 ランセットの報告では、新型コロナウイルスの感染症と診断された最初の41人の入院患者についての詳細を提供しています。2019年12月1日に最初に感染が確認された患者は、海鮮市場には関係ありませんでした。さらに、41人の症例のうち13人が市場には関与していませんでした。

 1月26日のサイエンス誌に、ジョージタウン大学の感染症専門医師ダニエル・ルーシー博士は、新しいデータが正確であれば、感染してから症状が発症するまでの間に潜伏期間があるため、最初のヒト感染は2019年11月に違いないと述べています。もしそうなら、12月下旬に市場からの症例が発見される前にウイルスは武漢の人々とおそらく他の場所の人々の間で静かに広がった。「ウイルスが市場から出る前に、ウイルスが市場に侵入しました」「ランセットのデータは、中国が提供した初期情報の正確性についても疑問を投げかけている」とルーシー博士は主張します。

 ランセットの著者の1人で肺の専門家でもあるキャピタルメディカル大学のビン・カオ博士は、「ScienceInsider」にメールで、カオ博士と論文の共著者らがルーシー博士からの「批判に感謝する」と書き、「今では、シーフード市場がウイルスの唯一の起源ではないことは明らかです」「しかし、正直に言うと、ウイルスが今どこから来たのかはまだわかりません」と言います。

 以上、新型コロナウイルスについての新たな知見です。この連載でも、新たな情報をアップデートしていきます。

<文/大西睦子>

【大西睦子】

内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)、『「カロリーゼロ」はかえって太る!』(講談社+α新書)、『健康でいたければ「それ」は食べるな』(朝日新聞出版)がある。

関連記事(外部サイト)