話題にならなかった「Microsoftストアの広告収益化プラットフォーム廃止」。オンラインソフト作家が見る「PC向けソフト」配布の変化

話題にならなかった「Microsoftストアの広告収益化プラットフォーム廃止」。オンラインソフト作家が見る「PC向けソフト」配布の変化

始まりはWindows8時代のWindowsストアから、しかも不幸な始まりだった (Csaba Nagy via Pixabay)

◆Microsoft、自社ストアのアプリ向け広告プラットフォームの廃止を発表

 2月の上旬に Microsoft が、Microsoft Store 向けの広告収益化プラットフォームを廃止すると発表した(参照:Microsoft Ad Monetization platform shutting down June 1st)。

 大きな話題ではなく、小さな話題だった。Microsoft は、世界的な大企業である。そして、Microsoft Store は、同社の Windows で、強く推進されてきたものだ。そのアプリ収益化基盤のひとつが終了するというのにである。

 もっと大きな話題になってもよい。しかし、多くの人が注目しなかった。理由は簡単だ。Microsoft Store 自体が盛り上がっていない。Windows を利用している人の中で、Microsoft Store をヘビーに利用している人は、どれほどいるだろうか。

 少なくとも私は活用していない。昔からある拡張子が .exe のアプリを中心に使っている。ストアアプリは、よほどのことがない限り選択肢として入って来ない。古くから Windows にあるアプリケーションで不便を感じていない。また、Microsoft Store に登録されているアプリケーションを、何が何でも使おうというモチベーションもない。

 Windows 10 から、Windows に触れ始めた人なら、私とは違う行動パターンを示すかもしれない。それが当たり前と思っていたら、そのまま使う可能性がある。ただ、ストアアプリは、総じて作り込みの期間が短いものが多い。モバイルのアプリほどには、活発に更新されていない。

 というわけで今回は、Microsoft Store について、少し掘り下げてみようと思う。

◆収益化のシステムを作ったスマートフォン、失敗したWindows

 Microsoft Store は、元々 Windows Store として始まった。それも不幸な始まり方をした。

 Windows Store は、Windows 8 の機能のひとつとして開始した。Windows 8 は、パソコンとモバイルを統合するユーザーインターフェースを採用した。野心的な試みだったが、ユーザーには不評だった。

 特に、スタート画面の使いにくさは、多くの人から不満が出た。タブレットのタッチ操作なら使いやすいのだろうが、多くのユーザーはディスプレイをマウスで操作していた。細かな操作や、ウィンドウ間の連携を考えていないUIは、ユーザーを困惑させた。Windows Store は、この不評なスタート画面に組み込まれたものだった。

 パソコンとモバイルの統合。それは、当時のIT業界の至上命題だった。Windows 8 の登場は2012年。その時期、Microsoft のモバイル戦略は失敗し、対して Google のモバイル戦略は成功していた。2010年に20%台だった Androidのシェアは、2012年に70%近くまで伸張していた(ITmedia Mobile)。そうした時期に、Windows 8 は投入された。

 Windows Store を端的に言うと、モバイルのアプリマーケットを模倣したものだった。Google や Apple は、自社OS上のマーケットでアプリを配布している。彼らは販売手数料をもらうことで大儲けをしている。同じ仕組みを、Windows 上でおこなう。それも、パソコンとモバイルの両方で同じアプリが使えれば、今後のモバイル戦略にも役立つ。そうした思惑があった。

 しかし、当初のストアアプリは、パソコンユーザーには甚だ使いにくいものだった。ウィンドウは必ず最大化された状態になった。そのため、他のアプリケーションとの連携が難しかった。それは、複数のウィンドウを行き来できる Windows の利点を殺したものだった。こうした仕様はのちに改善されるが、Windows 8 のUIが不評だったこともあり、ユーザーに避けられた。

 避けたのはユーザーだけでない。開発者も飛びつかなかった。ソフトの配布は Windows Store 経由になる。それまで自由に配布してきたのに、一手間も二手間も掛かる。そうしたストアを利用しなくても、これまでのようにソフトを公開することができる。

 Windows Store を積極的に利用する理由は、開発者になかった。いずれ Microsoft が、ストアだけにアプリを限定するかもしれない。そうした不安があり、移行を決めたところもあっただろう。しかし、それほど盛り上がらなかった。

 開発者の多くは、これまでと同様の方法でソフトウェアを作り、配布を続けた。また、有料アプリを提供している企業は、自社の月額課金に囲い込んだりもした。そうしたこともあり、急激なストア移行は起きなかった。そして5年後の2017年には、名称が Microsoft Store に変わった。

◆UWP(Universal Windows Platform) アプリ

 「モバイルのアプリストアの模倣」と解説すると、囲い込みのためだけに Microsoft Store があるように誤解されるかもしれない。しかし、Microsoft のストアアプリは、それだけのためのものではない。

 現在の Windows 10 では、UWP(Universal Windows Platform) アプリが配布できる。UWPアプリは、これまでのアプリと比べてセキュリティ上の利点がある(参照:Microsoft Docs)。

 まず、モバイルアプリでは当たり前になっている、各種機能へのアクセス制限が存在する。開発者は、ファイルやUSBデバイス、カメラや位置情報、マイクなど、利用する機能をマニフェストで宣言する。そして、ユーザーは各機能について承認する。

 また、UWPアプリでは、パッケージに同梱したDLL(ダイナミック リンク ライブラリ)をシステムに書き込まない。レジストリも汚さない。UWPアプリがインストールされるフォルダーは、管理者権限があっても中身を見ることができない。そして入手は、Microsoft Store という単一の場所になっている。最新アプリへの自動更新もおこなわれる。

 こうした仕組みにより、UWPアプリは、ウイルスやマルウェアの混入がされにくくなっている。意図しない動作もおこなわないようになっている。このようなセキュリティ上の配慮は、ユーザーにとって大きなメリットだと言える。

 開発者側のメリットとしては、すべてのデバイスに共通したAPIセットが挙げられる。デスクトップPC、Xbox、Mixed Reality ヘッドセットなど、Windows 10 デバイスであれば、UWPアプリはいずれでも動作する。また、Microsft Store に登録すれば、これらの全てに対応する。

 収益化については、有料のダウンロード、アプリ内購入、広告と3種類あった。しかし、このうちの広告が終了する。今後は無料で提供して、広告で収益化ということができなくなる。広告が花盛りのモバイルアプリと比べて、この点はかなり後退したと言える。

◆オンラインソフト作家が見る、GitHubの台頭と、オンラインソフト配布サイトの没落

 この数年ほどで、パソコン向けソフトウェアの世界は大きく変わった。そもそも、パソコンではなく、モバイルにユーザーがシフトした。その結果パソコンは、仕事で使うか、ハイスペックを要求する3Dゲームに用いるものといった色合いが増した。

 開発者目線で言うと、ソフトウェアの入手は GitHub 経由が大幅に増えた。GitHub でソースコードが公開され、それに付随して自サイトでバイナリも配布されている。こうした形態を多く見るようになった。それに比例して、Vector などのオンラインソフト配布サイトは急激に縮小した。

 ソフトウェアも大手のものは買い切りではなく、ユーザー登録してオンライン認証する形式が増えた。ライセンスをサーバー上で管理して、クライアントは、パソコンでもモバイルでも使えるという形態にシフトしている。

 そして、パソコンではなくクラウドが中心になった。クライアントアプリは王様ではなく下僕になった。UI部分は、パソコンのソフトでも、モバイルのアプリでも、Webアプリでも構わない。そうした世界になってきている。

 Microsft 自体も、クラウドの会社にシフトしている。パソコンのネイティブアプリにこだわる理由は減っている。優先順位が大きく下がっているのは、想像に難くない。

 Microsoft Store が急になくなることはないだろう。しかし、今後の世の中の変化に合わせて変わらなければ、過去の遺物になる可能性がある。

 逆に、Microsoft Store が存在感を広げる可能性もあるだろう。Microsft Store 向けのアプリが、動作する範囲を広げたらどうなるか? 近年 Microsoft は、クロスプラットフォーム戦略を加速している。Office が様々なデバイスで利用できるように、ストアアプリが Microsoft の名を冠さない各種デバイス上で動きだしたらどうなるか。Microsoft Store が今後も存続するなら、いずれ外へ広がっていくのではないかと思う。

<文/柳井政和>

【柳井政和】

やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。2019年12月に Nintendo Switch で、個人で開発した『Little Bit War(リトルビットウォー)』を出した。

関連記事(外部サイト)