いまだ蔓延る「新型コロナウイルス人工説」。世界の医師・研究者の見解は?

いまだ蔓延る「新型コロナウイルス人工説」。世界の医師・研究者の見解は?

画像はイメージ(adobe stock)

 現在、新型コロナウイルスの起源を研究しているほとんどの科学者は、新型コロナウイルスを引き起こすウイルス(SARS-CoV-2)は自然に進化し、野生動物や家畜との接触で、人間に感染したと考えています。

 ところがインターネットでは「ウイルスが中国の武漢の研究室で作られた」「実験室で、コウモリ由来の組織を培養して増やし、故意または偶然に研究者が感染し、コミュニティに広がった」という話題が溢れています。

◆ウイルスは人工的に作れる?

 2020年9月、中国のウイルス学者リーメン・ヤン博士らは、「武漢のウイルス学研究所がウイルスを遺伝子操作した可能性がある、新型コロナウイルスが実験室で作られたことが遺伝的証拠によって示された」という考えを、査読なしで、誰でも研究を投稿できるオープンアクセスオープンサイト「Zenodo」で発表しました。(※1)

 この投稿に対して、コロンビア大学のウイルス学者アンジェラ・ラスムーセン博士は、「ナショナルジオグラフィック」誌に、「多くの専門用語を使っているので正しく見えます。ただし実際には、ヤン博士らが言っていることの多くは意味がありません」と批判します。

 アイオワ大学微生物学免疫学および小児感染症の教授スタンレー・パールマン博士は、「研究室で新型コロナウイルスをゼロから作成することは事実上不可能」「コロナウイルスや、その他のウイルスの感染を意図的に広げるために作るほど、ウイルスについて十分わかっていません」と述べます。

 そして、ナショナルジオグラフィック誌に、専門家らは以下のような問題を指摘します。

 まず、ヤン博士らは、「フューリン(Furin)切断部位という、ウイルスが人間の細胞に感染できるようにする部位は、他のコロナウイルスには見られないため、(人工的に)設計する必要がある」と主張しています。ところが、同様の切断部位は、野生のコウモリコロナウイルスに見られます。

 また、米カリフォルニア州スクリプス研究所免疫学微生物学科教授クリスチャン・アンデルセン博士は、フューリン切断部位は、「組織培養で減少してしまう」「それでもおそらく人々に感染する可能性がありますが、効率ははるかに低いと思います」と指摘します。

(※1)Unusual Features of the SARS-CoV-2 Genome Suggesting Sophisticated Laboratory Modification Rather Than Natural Evolution and Delineation of Its Probable Synthetic Route

(※2)Why misinformation about COVID-19’s origins keeps going viral

◆新型コロナウイルスの配列は最適ではない

 さて、新型コロナウイルスの表面は、突起(スパイクタンパク質)で覆われて、王冠(コロナ)のようになっています。現在、スパイクタンパク質を抗体の標的とし、ワクチンの開発が進んでいます。

 ラスムーセン博士は、「コンピュータによるモデリングでは、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の受容体結合ドメイン(ウイルス側の結合する部位)は最適ではない」と示唆しています。最適な受容体結合ドメインの配列を設計している人は、「新型コロナウイルスの配列をおそらく『設計』しないでしょう」といいます。

 また、ヤン博士らは、新型コロナウイルスは、中国軍事研究所の科学者によって発見された、ZC45およびZXC21と呼ばれる2系統のコウモリコロナウイルスに「疑わしく似ていて」、これらを、新型コロナウイルスを増やためのテンプレートとして使った可能性があると主張しています。

 ところが、これら2系統のウイルスは3,500ヌクレオチド塩基対(ゲノムを構成するDNAは二重らせん構造で、2本のヌクレオチド鎖からできており、ヌクレオチド鎖の塩基の配列で遺伝情報を保持)ほど異なります。ラスムーセン博士などのウイルス学者によると、ゲノムの10%以上を置き換える必要のあるウイルスを設計することは、不可能ではないにしても非効率的です。

 また、コウモリコロナウイルスが中国軍事研究所で見つかったという事実も「単に環境による」とグラスゴー大学のウイルスゲノミクス研究者デビッド・ロバートソン博士は言います。コウモリのコロナウイルスは野生のコウモリを循環するので、誰でも発見できた可能性があります。

 ロバートソン博士の「ネイチャー・マイクロバイオロジー」の報告によると、新型コロナウイルスに最も近い既知の祖先である「RaTG13」と呼ばれるウイルスは、何十年にもわたってコウモリの群を循環してきました。ウイルス学者らは、「RaTG13」は新型コロナウイルスと、遺伝子配列が96%同一であると考えています。(※3)

 さらに、ヤン博士らの報告は、トランプ政権の元首席戦略官で、詐欺で逮捕されたスティーブ・バノンが設立した非営利団体によって資金提供されました。一部の政治家は、パンデミックについて中国を非難するために、これらの理論を利用しています。こうした背景も、多くのウイルス学者が、この報告の信憑性に疑問を投げかける理由の一つです。

(※3)Evolutionary origins of the SARS-CoV-2 sarbecovirus lineage responsible for the COVID-19 pandemic

◆研究所からウイルスが流出? 石博士の反論

 バイオセーフティーレベル4(BSL-4)の施設「武漢ウイルス研究所」で、コウモリコロナウイルスを研究する石正麗(シー・ジェンリー)博士は、新型コロナウイルスのパンデミックで、世界中から熾烈な注目を集めました。BSL-4の施設は、高度な安全設備をもち、有効な治療のない致死的な病原体を研究しています。

 パンデミックが始まった頃、多くの人が、ウイルスが誤って彼女の研究室から逃げ出したことを懸念しました。石博士はしばらく沈黙を続けましたが、研究の質問に対する答えを2020年7月15日の「サイエンス」にメールしました。(※4)

 メールで、石博士はウイルスが研究所から漏れたという憶測に反撃しました。「2019年後半、原因不明の肺炎を患った患者からのサンプルで、新型コロナウイルスを発見しました。それまで、私たちはこのウイルスに接触したり研究したことはなく、存在も知りませんでした」「トランプ大統領の、ウイルスが私たちの研究所から漏れたという主張は、全く事実に矛盾します」「私たちの学業や私生活に影響し危険にさらされます。トランプ大統領は、私たちに謝罪する義務があります」と主張します。

 石博士は、「過去15年間で、研究室は、3つのコウモリコロナウイルスのみを分離して培養で増やしてきましたが、そのうち人間に感染するのは、2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こす病原体だけ」「新型コロナウイルスと96.2%同じ遺伝子配列のものを含む、研究室が見つけた2000を超える他のコウモリコロナウイルスは、糞便サンプルや口腔と肛門から綿棒で抽出した単なる遺伝子配列です」「研究室のすべてのスタッフと学生は、新型コロナウイルスに感染していません」と強調しました。

 石博士は、新型コロナウイルスはコウモリに由来し、直接、またはおそらく中間宿主を介して人間に感染したという意見に同意しています。

(※4)Wuhan coronavirus hunter Shi Zhengli speaks out

◆過去には研究所からウイルスが漏洩したことも

 このメールに対して、専門家でも賛否が分かれています。

 ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライト教授は、長い間、実験室での事故がパンデミックを引き起こした可能性について調査を求めてきました。教授は、石博士のメールに「これらの答えのほとんどは定型的、ロボット的です。中国当局と国営メディアによって作られた声明の繰り返しです」と批判します。(※5)

 実はこれまでに、研究所からウイルスが流出したことがあります。以下に4つの例を示します。

1)現在、天然痘は根絶されました。米疾病予防管理センター(CDC)によると、ジャネット・パーカーさんは天然痘で亡くなった最後の人です。1978年、パーカーさんは英バーミンガム大学医学部の医療写真家で、天然痘の研究をしていた医療微生物学部の1階上で働いていました。パーカーさんは、1978年8月11日に天然痘にかかり同年9月11日に亡くなりました。調査で、建物のダクトシステムを通る空気感染、または微生物学部を訪問したときの直接感染が原因と示されました。(※6)

 「ワクチンの歴史」によると、その後、世界保健機関(WHO)が、当時の医療微生物学部門の責任者ヘンリー・ベッドソン博士に、施設がWHOの基準を満たしていないことを通知していたことが発覚しました。博士は、この悲劇の罪悪感により、1978年9月6日、自宅で自殺しました。(※7)

2)1979年、ソビエト連邦スヴェルドロフスクの生物兵器施設で、炭疽菌の芽胞が作業ミスで大気中に漏出し、住民が肺炭疽にかかり、少なくとも66人が死亡しました。

「サイエンス」によると、事故37年後、アリゾナ大学生物学教授ポール・ケイム博士らは、2人の犠牲者から病原体のDNAを分離することに成功しました。すると、生物兵器施設の炭疽菌株は、抗生物質やワクチンに対する耐性を高めるための操作はされていませんでした。もし操作していたら、さらに致命的になっていたでしょう。(※8)

3)「ネイチャー」によると、2015年には、米軍が誤って、米国の少なくとも9つの施設と韓国の1つの施設に生きた炭疽菌を実験室に送ったことを発表しました。サンプルを受け取った施設は、放射線で殺された炭疽菌を受け取る予定だったため、研究所で働く人が、生きた炭疽菌を保護するシステムがありませんでした。(※9)

4)「ゲノム生物学」によると、2004年に、中国で、8人が重症急性呼吸器症候群(SARS)と診断され、数百人の疑わしいケースが隔離されました。当時の北京のWHOスポークスマンであるボブ・ディーツ氏は、「26歳の女性の大学院生と31歳の男性のポスドクの2人が、明らかに別々の事件で感染したと思われる」と語りました。どちらも中国疾病管理センターの一部である北京の中国ウイルス学研究所で働いていました。(※10)

 今後、武漢ウイルス研究所で、外部からの透明性のある調査を期待します。

(※5)Controversy Aside, Why the Source of COVID-19 Matters

(※6)History of Smallpox

(※7)THE HISTORY OF VACCINES

(※8)Anthrax genome reveals secrets about a Soviet bioweapons accident

(※9)US military accidentally ships live anthrax to labs

(※10)SARS escaped Beijing lab twice

◆自然は究極のバイオテロリスト

 米国立アレルギー感染症研究所のデビッド・モレンス博士らは「STAT」に、「自然は究極のバイオテロリストです。私たちが最も恐れるべきものです。かつては自然界にしか存在しなかった未知のウイルスが、2019年末までに中国の大都市に静かに侵入し、その後急速に世界中に広がりました。

 洞窟の中で逆さまに眠る翼のある哺乳類(コウモリ)との人間の相互作用によってもたらされる脅威を、テロリストグループや核武装国の脅威と比較するのは奇妙に思えるかもしれません。ただし、科学的証拠、そして新型コロナウイルスに対処するための私たちの日々の経験は、パンデミックがこれらの危険と同等かそれを超える可能性があります」と言います。(※11)

 モレンス博士らの2020年9月の「米国熱帯医学と衛生学ジャーナル」の報告によると、2007年、コロナウイルスを研究している科学者は次のように警告しました。「キクガシラコウモリに、SARSのようなウイルスが大量に蓄積するのは時限爆弾です。SARSやその他の新しいウイルスの再興の可能性を無視してはならない」。残念ながら、予言が実現するまで無視されました。(※12)

 報告によると、コロナウイルスの巨大な貯水池は、世界中に分布する何百ものコウモリです。19,000を超える動物(主に非ヒト霊長類、コウモリ、およびげっ歯類)を対象とした20か国の研究では、コロナウイルスの98%以上が、コウモリから検出されました。そして、無作為に調査した12,000匹を超えるコウモリのうち、ほぼ9%が、1つ以上のコロナウイルスに感染していました。

 過去15年間で、科学者らは、ラオス、ミャンマー、ベトナム、および中国南部と南西部の一部を含む広大な隣接地域でコウモリコロナウイルスの「ホットスポット」を特定しました。また、コウモリのコロナウイルスが人間に感染するリスクとなる、洞窟の探索とコウモリの観光、生きた動物を屠殺する生鮮市場、野生生物のサプライチェーン、土地の管理する方法や環境の変動など、多くの人間と動物の相互作用も特定しました

 これらの取り組みにより、コロナウイルスの生態系、貯水池の宿主、宿主間のウイルスの移動、ウイルスの進化、およびヒトや他の哺乳類への感染のリスクについて多くのことが明らかになりました。

 中東呼吸器症候群(MERS)と重症急性呼吸器症候群(SARS)の研究している科学者は、多くのコウモリコロナウイルスは、人間や他の動物に感染するのに適していることを発見しました。これは、コウモリコロナウイルスが遺伝的に変化し、コウモリから人間に宿主を切り替えることを可能にします。

 新型コロナウイルスのゲノムは、野生のコウモリに見られるものと96%類似しています。ただし、コウモリから人間にどのように宿主が切りかわったのか、完全には理解されていません。博士らは、中国や他のホットスポットの国で働く科学者と共同で、コウモリコロナウイルスの監視と研究を拡大することが緊急に必要であると主張します。

 ところで近年、世界中にナショナリズムが高まっています。新型コロナウイルス感染症の流行で、渡航制限、ワクチン開発の競争などにより、さらに状況が悪化しています。私は、このような状況で国際協力がうまくできるか不安を感じます。自然は究極のバイオテロリスト、このままでは、すぐに次のウイルス感染症の流行がはじまる可能性があります。

(※11)Coming to terms with the real bioterrorist behind Covid-19: nature

(※12)The Origin of COVID-19 and Why It Matters

<文/大西睦子>

【大西睦子】

内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)、『「カロリーゼロ」はかえって太る!』(講談社+α新書)、『健康でいたければ「それ」は食べるな』(朝日新聞出版)がある。

関連記事(外部サイト)