MU-MIMOとは?読み方やメリット、デメリットを解説

MU-MIMOとは?読み方やメリット、デメリットを解説

最新機能のMU-MIMOを解説

MU-MIMOとは?読み方やメリット、デメリットを解説

MU-MIMOとは?読み方やメリット、デメリットを解説

MU-MIMOは無線LANルーターの性能をアップさせる最新の機能で、MU-MIMO対応ルーターを利用すれば速度が安定する上にWi-Fiが届きやすくなります。さらに複数のデバイスで同時にWi-Fiを利用しても速度が遅くなる心配がないなど、快適なWi-Fi環境になります。

この記事では無線LANルーターのMU-MIMOとはどのような機能なのか解説します。

MU-MIMOとは

MU-MIMOとは、『Multiple Input Multiple Output』を略した言葉で、マルチユーザーマイモと読みます。MU-MIMOは高性能な無線LANルーターに搭載されている最新鋭機能です。

MU-MIMOを正しく理解するには、まずMIMO(SU-MIMO)とは何かを知る必要があります。

MIMOは複数のアンテナを用いて速度を向上する技術

MIMOは無線LANルーターとWi-Fiに接続する端末側の双方が複数のアンテナを用いて、通信データの送受信をする技術です。複数のアンテナを使用することで通信速度の向上を実現しています。

MIMOは2009年に策定された無線LAN規格IEEE802.11nで取り入れられ、この頃から無線LANルーターの性能は飛躍的に向上するようになりました。しかし、MIMOでは1本のアンテナにつき1台までのデバイスとしか通信できない欠点があります。ひとつのWi-Fiに複数のデバイスを接続することはできますが、通信は順番で1台ごとに提供されます。

例えば一つのWi-Fiに3台のデバイスが接続していて、それぞれが動画をダウンロードしようとしているとします。この場合、最初に通信を開始したデバイスのダウンロードが終了するまで他の端末は通信できません。そのため、MIMOはSU-MIMOとも呼ばれています。SU-MIMOとは『Single User MIMO』を略した言葉で、一つの端末に向けて通信を提供する技術でもあります。

MIMOでは基本的に1対1の通信を前提としているので、複数のデバイスが同時に接続すると速度が不安定になる恐れもあります。

MU-MIMOはMIMOの進化系

MU-MIMOはMIMOを進化させた通信技術です。MU-MIMOは2013年に策定された無線LAN規格IEEE802.11acから取り入れられました。

MIMOでは搭載できるアンテナとなるストリーム数が4×4でした。MU-MIMOではその倍の8×8を内蔵可能にしたことで、より通信速度が向上されています。IEEE802.11acと802.11nの最大通信速度の差には、MU-MIMOとMIMOの違いが表れています。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/150601000203_1.htm


SU-MIMOでは複数のデバイスをWi-Fiに接続すると、それぞれの端末へ順番に通信を提供しなければいけませんでしたが、MU-MIMOでは複数デバイスとの同時通信が可能になりました。そのため、複数デバイスで同時に動画などのダウンロードをしてもスムーズに通信が行えます。

さらにMU-MIMO対応だとビームフォーミング機能が搭載できるメリットもあります。ビームフォーミングとは、Wi-Fiに接続している端末の場所や距離を判別し、適した電波を送る機能です。ビームフォーミングが利用できれば、壁や家具などの障害物があっても安定したWi-Fi接続が可能になります。

MU-MIMOのメリット

前述した内容を踏まえてMU-MIMOのメリットをまとめると、以下の2つです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)