SSDとは|特徴やHDDとの違いを徹底解説!

SSDとは|特徴やHDDとの違いを徹底解説!

SSDとHDDの違いを徹底解説

SSDとは|特徴やHDDとの違いを徹底解説!

SSDとは|特徴やHDDとの違いを徹底解説!

HDDより高性能といわれるSSDですがHDDとSSDの違いはご存知でしょうか。

SSDは主流になりつつある新しいストレージ(記憶媒体)で、読み込み速度や耐久性、軽量さで人気を集めています。HDDとの違いを比較するとSSDがより魅力的に見えてきます。

本記事では、SSDの特徴とHDDとの違いをまとめました。SSDについて調べている人、HDDからSSDへの変更を考えている人は必見です。

HDDのメリットとデメリット

SSDとは何かを把握するためには、まずHDDについて知っておく必要があります。

SSDとHDDはPC上でデータを保存する「記憶媒体」いわゆるストレージですが、構造上に違いがあります。

HDDの特徴は以下の4つです。

【メリット】
・記憶できるデータ容量が大きい
・価格が安くてバックアップ用に使いやすい

【デメリット】
・衝撃に弱い
・音が大きくて消費電力が大きい

 

HDDのメリット:記憶できるデータ容量が大きい

HDDの魅力は保存できるデータ容量の大きさです。

HDDでは小さい製品でも1TBものデータを保存できます。スペックが高い製品だと、5TB以上の大容量データも保存可能です。

SSDの保存可能容量は512GBまでのものが主流で、1TB以上となると値段が高くなり一般的ではありません。ストレージの大きさを求めるならHDDがおすすめです。

HDDのメリット:価格が安くバックアップ用に使いやすい

HDDならデータ容量が1TBの大きな製品でも、5,000円台からで購入可能です。

5〜8TBも16,000円ほどで購入できます。1TBのSSDを購入するには1万円以上必要なので、HDDはコスパの良いストレージといえます。

そのためHDDはバックアップ用のストレージとして利用することが多いのです。

HDDのデメリット:衝撃に弱い

HDDの欠点は耐久性です。HDDは耐久性に不安があり、特に衝撃に弱いです。

HDD単体や内蔵されているPCに落下などの衝撃が加わると、破損して機能しなくなる可能性が高いです。

単体のHDDや内蔵PCを持ち歩く頻度が高いのであれば、SSDを検討したいところです。

HDDのデメリット:音が大きくて消費電力が大きい

HDDには、音が大きく消費する電力が大きいデメリットもあります。

HDDはCDのような形をした部品を回転させて動作するので、利用するときの音が大きく消費電力が大きいリスクが伴います。

容量が大きいファイルを記録するとき、特にアプリをインストールするときは、気になるほど音が大きくなります。

消費電力がSSDより大きいところも難点で、少しでも電気代を節約したいのであればSSDを検討してみましょう。

SSDのメリットとデメリット

先ほどご紹介したHDDの特徴を踏まえて、SSDの特徴や違いを見ていきましょう。

SSDの特徴は以下の6つです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)