CPU、メモリ、HDDの役割の違い|パソコンを購入する際のチェックポイントも紹介

CPU、メモリ、HDDの役割の違い|パソコンを購入する際のチェックポイントも紹介

PCの各パーツの種類と役割

CPU、メモリ、HDDの役割の違い|パソコンを購入する際のチェックポイントも紹介

CPU、メモリ、HDDの役割の違い|パソコンを購入する際のチェックポイントも紹介

店頭でパソコンを見ていると、スタッフの人から『CPU』の種類、『メモリ』や『HDD』の容量が説明されることがあります。しかし、説明される内容がいまいちわからない人は多いのではないでしょうか?

CPU、メモリ、HDDはパソコンの性能を表すパーツです。各パーツの性能は簡単に把握できるようになっています。本記事では、メモリ、CPU、HDDがどんな役割をするパーツなのか、種類ごとにどのようにスペックが違うのか解説していきます。

CPUとはパソコンの頭脳となるパーツ

CPUはパソコンの頭脳と言えるパーツです。CPUの性能でパソコンの動作スピードが左右されるので、購入するときはチェックしておきましょう。

CPUはマウスやキーボードなどのハードウェア、OSやオフィスソフトなどのソフトウェアの操作を受け取り全ての指示を処理します。わかりやすいもので言うと、マウスを操作してマウスカーソルが動く一連の処理はCPUが行っています。

数式を入れたエクセルの計算もCPUが処理したうえで答えが出力されます。あらゆるソフトウェアの起動や動作もCPUが行うので、重要な役割を担うパーツと言っても過言ではありません。CPUの性能が高いほど処理速度は速くなります。

求められるCPU性能の高さは、パソコンを使用する目的で異なります。例えばオフィスソフトでの書類作成をする程度であれば、CPUにそれほど大きな負荷がかからないため、あまり高性能なCPUを選ぶ必要はありません。一方で、画像や動画の編集ではCPUに大きな負荷がかかるので、高性能なCPUが必要となります。

CPUの性能が低いパソコンで大きな負荷がかかる作業をすると、処理に時間がかかる上にフリーズしやすくなるので注意しましょう。

メモリはアプリなどの動作で重要となるパーツ

メモリは作業デスクの役割をするパーツで、性能は容量で表されます。メモリはソフトウェアを一つ立ち上げるごとに消費します。そのため、スペック上で定められた限度であるメモリ容量以上の数のソフトを一度に使うことはできません。

メモリ容量が少ないパソコンは狭いデスクで作業するようなもので、複数のソフトを使った作業で処理が遅くなってしまいます。メモリ容量が大きければ広いデスクで作業するようなもので、処理速度が速い状態で効率的に作業が行えます。複数のソフトを同時に利用する場面が多いのであれば、メモリ容量の大きいパソコンを選ぶといいでしょう。

さらにメモリは同一容量・同一メーカーのものを2枚取り付けることで、『デュアルチャネル』という機能が働き、処理速度をアップさせることができます。自分でメモリを増設することもできるので詳しい方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007618_1.htm

HDDはデータを保存するパーツ

HDDはハードディスクのことで画像や動画、オフィスソフトで作成したデータを保存するパーツです。HDDのスペックは容量で表されています。HDDはストレージとも呼ばれていて、容量が大きいほど保存できるデータ量が多くなります。

ただし、HDDの容量ギリギリまでデータが保存できるわけではありません。HDDの容量がギリギリになるまでデータを保存すると処理速度が遅くなり、パソコンやソフトウェアの動作が重たくなります。そのため、HDDの容量は大きいに越したことはありません。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/170801000344_1.htm

 

ストレージにはSSDもある

データを保存するストレージはHDDの他にSSDという選択肢もあります。SSDはHDDより読み込み速度が速く、スムーズに処理が行えます。また耐久性が高いうえにHDDより小さくて軽いので、ノートパソコンがさらに持ち運びがしやすくなります。

ただし、HDDより価格が高いうえに保存可能容量が小さいので、状況に応じて利用するかを判断したいところです。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008011986_1.htm

パソコン購入時のチェックポイント

これまでの説明でCPU、メモリ、HDDの役割は理解できたかと思います。しかし、実際にパソコンを購入するとなると、どの程度のスペックのものを選べばいいのか悩むところです。

そこで、自分にあった各パーツのスペックの見分け方を解説していきます。オンラインゲーム向けのパソコンスペックの選び方は以下の記事もチェックしてみてください。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

×