フリーWi-Fiスポットの危険性|安全に利用するための7つのセキュリティ対策

フリーWi-Fiスポットの危険性|安全に利用するための7つのセキュリティ対策

無料Wi-Fiスポット危険性も

通信量を節約したいときに役立つのが無料で使えるフリーWi-Fiスポット。ところがフリーWi-Fiに接続する時にきちんとした使い方をしなければ、不正アクセスや通信内容を覗き見されてしまうリスクがあります。

テレワークフリーランスといった働き方が増えてきた昨今では、フリーWi-Fi(ワイファイ)スポットでWi-Fi接続する機会も増えています。今回はフリーWi-Fiを安全に使うためにフリーWi-Fiスポットを利用する危険性と、やってはいけないことやセキュリティ対策まで解説していきます。

フリーWi-Fi(ワイファイ)とは

フリーWi-Fiは公衆無線LANの一種で、Wi-Fi対応のPCやスマホを持っていれば無料で利用できるインターネット接続サービスです。

そしてこのフリーWi-Fiが提供されている場所のことをWi-Fiスポットと言います。

・大容量ファイルを送りたい
・ビデオ通話を楽しみたい
・動画をチェックしたい


外出先で上記のようなときに自分の通信容量を使うことなくインターネットを利用できることがフリーWi-Fiを利用するメリットです。フリーWi-Fiのなかには携帯キャリア限定や、事前にパスワード取得が必要なケースもありますが、多くのサービスは誰でも自由に使うことができます。

フリーWi-Fiスポットを利用する危険性

attention

フリーWi-Fiスポットでは、SSIDと呼ばれるWi-Fiの名前を選択すればインターネットを簡単に利用することができます。きちんと管理されたフリーWi-Fiを利用する場合は基本的に安全に利用することができますが、悪意のある人間が偽物のフリーWi-Fiを展開している場合があります。

フリーWi-Fiを公開する際に本物と同じSSIDを設定することで、公式に展開されているフリーWi-Fiに見せかけ、ユーザーのアクセスを誘うという手法があります。このような偽物のWi-Fiや暗号化されていないWi-Fiを利用してしまうことで起こり得るリスクは、主に以下の3つが挙げられます

・のぞき見や盗聴
・位置情報の不正取得
・遠隔操作


順番に見ていきましょう。

のぞき見や盗聴

暗号化されていないWi-Fiを利用していると、同じWi-Fiに接続している第三者が閲覧しているWebサイトのURLやメールの内容などを簡単に見ることができます。また偽物のWi-Fiを利用してしまった場合には、通信した情報がWi-Fiを介して発信されるため、パスワード情報などを抜き取られる可能性もあります。

位置情報の不正取得

安全でないフリーWi-Fiを利用することで、Wi-Fiに接続している機器へ侵入されてしまう場合があります。特にスマホへ侵入されてしまうとGPS機能を使って居場所を特定されてしまい、一時的な被害だけでなく、常に行動を監視されてストーカー被害にあってしまう可能性もあります。

遠隔操作

Wi-Fiに接続している機器へ侵入できるということは、機器を遠隔操作される可能性もあります。カメラ機能を遠隔操作で使用されて顔や自宅を勝手に撮影されてしまうケースや、自分の機器だけでなく、ウイルスを周囲に展開させるといった危険性があります。

フリーWi-Fiスポットで絶対にやってはいけない3つのこと

ng

こういった被害にあわないためにフリーWi-Fiスポットで絶対にやってはいけないことを把握しておきましょう。絶対にやってはいけないことは以下の3つです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)