光回線の1Gbpsとはどのくらいの速さ?

多くの方が利用している光回線。最大速度1Gbpsと謳っている光回線が多いものの、1Gbpsでどの程度の通信が可能なのかご存知ですか?今回は1Gbpsでどのくらい快適にインターネットが利用できるのか、わかりやすく解説していきます。

また回線速度を最大限に発揮するための方法も解説していきますので、自宅の回線速度を改善したい方はぜひ参考にしてみてください。

安定したインターネットを利用したい人はこちら

光回線1Gbpsとはどのくらいの速さ?

光回線の1Gbpsとは、どの程度快適にインターネットが利用できるのでしょうか。ここでは多くの光回線が提供している1Gbpsについてご紹介します。

そもそもbpsとは?

bps(ビーピーエス/bit per second)とは、インターネットの通信速度を表す単位です。1秒間に通信できるデータ量を示したもので、100bpsと表記されていれば1秒で100bitのデータ通信が行えます。bitとはデータ容量の大きさを表す単位です。

利用方法にもよりますが、bpsの前に表記されている数値が大きければ大きいほど、快適なインターネットが楽しめます。特に動画視聴やオンラインゲームでの快適さは、通信速度によって左右されるため、普段の利用方法に合った光回線を選ぶといいでしょう。

1Gbpsの快適さはどのくらい?

インターネットの利用方法によって必要な回線速度は異なります。多くの光回線が謳っている1Gbpsがどのくらい快適なのか確認するために、利用方法別に必要な回線速度をまとめてみました。

1gbps_02

上記の目安はあくまでも計算した数値のため、実際の環境や使用方法によって所要時間は異なります。特に動画視聴やオンラインゲームは通信速度の速さが求められ、速度が足りないと読み込み遅延や同期ズレが起きてしまうかもしれません。

回線速度はベストエフォートのため注意

光回線業者が提供しているインターネット回線では、ベストエフォート方式がとられていることが多いです。ベストエフォートとは最大回線速度のことを指し、通信環境や接続の時間帯などによって、速度が出ない場合や接続が不安定になる場合があります。

ほとんどの場合は1Gbps出ていなくても体感速度に変わりはなく、快適なインターネットが楽しめるでしょう。しかし、明らかに回線速度が遅いと感じる場合は利用環境の見直しがおすすめです。

光回線1Gbpsで速度が遅いと感じたら

インターネットを利用している時に回線速度が遅いと感じたら、現在の通信速度がどのくらい出ているのか確認してみましょう。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)