通信速度に影響するWi-Fiルーター規格の確認方法|チェックすべき項目とは?

通信速度に影響するWi-Fiルーター規格の確認方法|チェックすべき項目とは?

Wi-Fiルーター規格の確認法

通信速度に影響するWi-Fiルーター規格の確認方法|チェックすべき項目とは?

通信速度に影響するWi-Fiルーター規格の確認方法|チェックすべき項目とは?

今やWi-Fi接続でインターネットを利用する方法が主流となり、家にWi-Fiルーター(無線LANルーター)を設置している人は多いかと思います。

そんな中、インターネット利用しているときに『通信速度が遅い』『つながりにくい』といった状態を経験した人もいるのではないでしょうか?

通信速度や接続の安定感は、Wi-Fiルーターの規格でも変わるため、通信速度の低下やつながりにくい状態は、Wi-Fiルーターが原因の可能性もあります。

本記事ではインターネットの通信速度を左右するWi-Fiルーターの規格について、詳しく解説していきます。

 

Wi-Fiルーターの規格とは

Wi-Fiルーターの規格は、ルーターの性能をあらわす重要な基準です。

スマホやタブレット、パソコンといったインターネットへ接続する端末はスペックや買い替えを意識しますが、どうしてもルーターは軽視されがちです。『ルーターを変えなくても問題なくインターネットが使えるから』というのが、軽視されやすい大きな理由ではないでしょうか。

しかし、古いルーターを使ったままだと損をしている可能性があります。

利用するWi-Fiルーターがどの規格に対応しているかで、以下の2点に大きく影響してきます。

1.最大通信速度
2.対応周波数帯

インターネットを使ううえで、Wi-Fiルーターの規格が重要な役割を担っているわけです。

Wi-Fiルーターの規格がどれに該当するかは、以下の箇所で確認できます。

・製品パッケージ
・本体の側面や裏面

記載されている『IEEE802.11』の文字列を確認し、『11』以降に書かれたアルファベットによって、どの規格なのか判別が可能です。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)