快適なインターネット回線速度の目安と計測方法|スピードテストの見方を解説

快適なインターネット回線速度の目安と計測方法|スピードテストの見方を解説

快適なネット回線速度の目安

すでにライフラインとして必要不可欠なインターネットですが、快適に利用できる回線速度はご存知ですか?高画質な動画やゲームが増えているため、よりストレスなく楽しむためにはある程度安定した高速回線が必要です。

今回は回線速度が利用方法ごとにどれだけ必要なのか、その目安をご紹介していきます。また自宅のインターネット環境の回線速度が調べられるスピードテストの見方についても、わかりやすく解説します。

ご自身の利用用途に必要な回線速度と利用環境の回線速度を把握した上で、インターネット環境の改善が必要か調べてみましょう。回線速度が遅い場合の改善方法も解説しているので最後までチェックしてみてください。

快適なインターネットの回線速度の目安

ここではインターネットの利用用途別に、必要な回線速度の目安について解説していきます。

インターネットの回線速度を表す単位

回線速度を知るためには、速度の単位である「bps」について確認しておく必要があります。bpsは1秒間に転送できるデータ量を数値化したものです。

bps(ビーピーエス/bits per second)
1秒間に転送できるデータ量を示したもので、「100bps」であれば1秒あたり100bit(ビット)のデータを扱えることを意味する

 

Bit
デジタルデータの大きさを表す最小単位のこと


多くの光回線が謳っている1Gbpsは、1秒間に1Gbpsのデータ量を送受信できる速度を示してしています。この「bps」の単位を使って回線速度を表していることを踏まえて、回線速度の目安をチェックしていきましょう。

なお、回線速度の単位についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008012043_1.htm

 

利用方法ごとの回線速度の目安

インターネットの利用方法ごとで必要な回線速度の目安について、表にまとめてみました。

1gbps_02

利用環境や電波状況、時間帯に応じて数値は変わるため、上記の数値はあくまでも目安と考えてください。とは言え、ご自身のインターネット環境がどの程度のものか、必要とする回線速度がどの程度のものかを測る指標として考えて良いでしょう。

LINEを送る時に必要とされる回線速度は128Kbps以上とされており、それほどインターネット回線の速度は必要としません。一方で動画視聴やオンラインゲームを利用する場合には5Mbps以上となっており、快適に楽しむにはある程度の回線速度が求められます。

実際のインターネット回線速度を計測

インターネットを快適に楽しむには、安定したインターネットが利用できる高速通信の光回線がおすすめです。

光回線で謳われている回線速度はベストエフォート方式で提供されています。ベストエフォートとは、理想的な環境で計測された最大通信速度のことで、自宅で光回線を利用する環境によって速度が異なります。

実際の回線速度を知る方法としてスピードテストがあります。

スピードテストは、提供されているサイトによって計測内容が異なりますが、現在利用している環境での回線速度を計測できるツールです。ご自身のインターネット環境と必要な回線速度との差を確認するのに最適です。

実際にどの程度の回線速度なのかチェックすることで、インターネット環境の改善が必要か判断することができます。一度、スピードテストを使って回線速度を確認してみてください。

スピードテストの利用方法

method06

簡単に回線速度が計測できるスピードテストですが、知りたい情報を確認しておかねば必要な測定ができません。ここではスピードテストの選び方、測定方法についてご紹介します。

スピードテストの種類

スピードテストにはシンプルに回線速度だけを測定できるサイトから、詳細な情報まで測定できるサイトまで多くあります。

今回は定番のスピードテストサイトを7つまとめてみました。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)