テレビアンテナの寿命は何年?交換時期・工事費の目安とアンテナ不要の光テレビをすすめる理由

テレビアンテナの寿命は何年?交換時期・工事費の目安とアンテナ不要の光テレビをすすめる理由

テレビアンテナの工事費目安

テレビアンテナの寿命は何年?交換時期・工事費の目安とアンテナ不要の光テレビをすすめる理由

テレビアンテナの寿命は何年?交換時期・工事費の目安とアンテナ不要の光テレビをすすめる理由

近年、異常気象に伴う甚大な気象災害が頻発しており、大規模な台風や大雨など、想定をはるかに超えた被害をもたらしています。

テレビアンテナは屋根の上にしっかりと設置されてはいますが、設置から時間が経ち、老朽化したアンテナは風水害の影響を受けやすく、落下により近隣宅や通行人に被害を及ぼしてしまう危険性も想定されます。

本記事では、テレビアンテナの寿命を迎える頃に想定される影響を把握し、対処法について解説していきます。

 

テレビアンテナにも寿命がある

一般的に、マイホームを構えてテレビアンテナを設置した後、テレビの映りに問題が無い限り、テレビアンテナのメンテナンスはほぼされないのが実情ではないでしょうか。

しかも、アンテナは屋根の上に設置されているため、点検は専門の業者にお願いする必要があり、簡単に点検することもできません。

スイッチを押せばテレビが見られるのが当たり前である一方、テレビアンテナの寿命を迎える頃になると、様々なトラブルが発生してきます。

まずは、テレビアンテナの平均的な寿命と劣化によって起こる症状について解説していきます。

 

テレビアンテナの寿命は約10年

設置環境やアンテナの種類によって異なるものの、テレビアンテナの寿命は平均して10年程度と言われています。

しかし、潮風の影響を受けやすい海に近い環境や豪雪地帯など、アンテナが劣化しやすい設置環境のほか、近年の想定を上回る暴風や豪雨などの風水害や、夏の猛暑などによる影響により屋根の上に設置されたテレビアンテナの環境は年々過酷なものになりつつあり、寿命年数を待たずに定期的なメンテナンスが必要な状態となりつつあります。

例えば、録画した番組やDVDなどは問題なく見られるのに、地デジ映像だけ映りが悪い場合などは、テレビアンテナの寿命が原因と考えてみて良いのではないでしょうか。

 

テレビアンテナの劣化寿命によって起こる見た目上の症状

テレビアンテナが寿命を迎えると、以下のような劣化症状が発生します。

・アンテナ本体が錆びる
・アンテナを固定する土台が傾き、錆びる
・アンテナを支える針金の支線が錆びる
・塗装が剥げる
・素子(電波を受信する棒の部分)が露出・破損する
・支線がたるむ、切れる

 

テレビアンテナの劣化寿命によって発生する二次的被害

テレビアンテナの劣化寿命によって、以下のような二次的被害が想定されます。

・アンテナが落下して近隣宅や通行人に被害を及ぼす
・アンテナ転倒により自宅屋根が破損する
・アンテナに付着した錆で屋根や壁にシミができる
・台風や突風、竜巻、雪害により、劣化したアンテナが破損・倒壊する

?

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)