テレワークの運動不足を補う!スマートバンドとは

テレワークの運動不足を補う!スマートバンドとは

スマートバンドの機能を紹介

テレワークの運動不足を補う!スマートバンドとは

テレワークの運動不足を補う!スマートバンドとは

テレワークやオンライン授業が長期間続いて運動不足になっている方も多いのではないでしょうか。運動をしないとと思ってもなかなか一歩が踏み出せないということも。そんな時にはスマートバンドを使ってみましょう。

スマートバンドを使えば効率的に運動管理ができ、モチベーションも上がるのでおすすめです。本記事では、スマートバンドの機能の紹介や、スマートウォッチとの違いについて詳しく解説していきます。

スマートバンドとは?

スマートバンドは、手首に装着して健康管理や運動管理ができるウェアラブル端末の一種です。ブレスレットのように細身な形状が特徴で、小型なディスプレイが搭載されており、表示される情報量が最低限に抑えられています。

GPSを用いたワークアウトのトラッキングや心拍数の計測、消費カロリー、睡眠時間といったさまざまな健康や運動に関するデータを計測できるようになっており、日々の体調のチェックやトレーニングの管理、分析などが可能です。

スマートバンドで利用できる機能

スマートバンドで利用できる機能を見ていきましょう。どんな機能でどのような使い方ができるのかについても紹介していくので、実際に利用しているところをイメージしながら読んでみてください。

より細かい運動管理

スマートバンドを使うことで日々のエクササイズやワークアウトにおいて、より細かくて正確なデータを計測することができます。例えば、ウォーキングやランニングにおいては、走った距離や時間はもちろん、エクササイズ中の心拍数や走行ペース、消費カロリー、ランニングコースなど、さまざまなデータが記録されます。

モデルによってはサイクリングや水泳など、さまざまな種目に対応していて、各種目に応じたデータ計測が可能です。体型維持やダイエットのために運動をされている方であれば、スマートバンドによってより正確な消費カロリーが算出され、それに基づいた食事管理も行えるでしょう。

計測したデータを参考にしながら目標に応じてメニューを修正できるため、より効率的に目標を達成できるはずです。

睡眠管理や活動量の計測

スマートバンドは運動時だけでなく、日常生活における活動量計や睡眠時のモニタリングといった機能も備わっています。24時間の心拍数を計測する機能や活動量による消費カロリーの計測もできるので健康管理に役立ちます。

睡眠モニタリングでは、睡眠時間や睡眠の質を記録してくれるので、毎日の睡眠状態を確認しながら体調管理が行えるでしょう。上位モデルになってくると、ストレスや血中酸素といったデータの計測にも対応しています。

スマホアプリとの連携による分析

スマートバンドで計測したデータは、連携したスマホアプリを通じて確認することができます。日々の活動量やワークアウトの記録、健康状態をチェックして、分析していけばより効果的な健康管理や運動管理が行えるでしょう。

さらに、体組成計やスマートシューズのデータも同じアプリで管理することができるモデルがあり、スマートバンドと組み合わせることで運動の効果を視覚的に確認できるようになります。「最近睡眠時間が足りてないな」「ダイエットするためにはもっと運動しないと」といったことも、客観的なデータに基づいて判断ができ、モチベーションアップにも繋がります。

スマートバンドとスマートウォッチの違い

スマートバンドの特徴を見てみると「スマートウォッチと同じでは?」と思ってしまいますよね。「手首に巻く」「健康・運動管理ができる」など、スマートウォッチにも共通する特徴ではあります。

しかし、スマートウォッチとの違いとしてスマートバンドには以下のような特徴があります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)