メールが送受信できない|想定される原因と対策方法とは

メールが送受信できない|想定される原因と対策方法とは

メール送受信不能時の対処法

メールが送受信できない|想定される原因と対策方法とは

メールが送受信できない|想定される原因と対策方法とは

突然メールが送受信できなくなったことはありませんか?特に設定などを変更していないのに送受信できなくなった場合、何らかの不具合が発生している可能性があります。

本記事では、メールが送受信できなくなったときに考えられる原因と対処法について詳しく解説していきます。さらにより便利にメールを利用されたい方におすすめのメールサービスもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

メールの送受信ができない原因とは?

普段通り使っていたはずなのにメールが送受信できない場合、必ず原因があります。ここではメールの送受信ができなくなったときの原因について、詳しく確認していきましょう。

送受信ができなくなったときに確認する5つのポイント

メールの送受信ができなくなった時、まず確認するポイントは次の5つです。

インターネットに繋がっていない(オフライン)
・LANケーブルが抜けている
・メンテナンスや障害による不具合
・ドメインやプロバイダーの契約が切れている
・メールソフトの設定

ひとつずつ見ていきましょう。

インターネットに繋がっていない(オフライン)

パソコンやメールソフトの設定でインターネットに繋がっていないと、メールは送受信ができなくなります。また、パソコン自体がインターネットに繋がっていても、メールソフトをオフライン状態で起動している場合、送受信はできません。

突然送受信ができなくなった場合は、メールソフトがオンラインになっているか確認してみてください。

LANケーブルが抜けている

何かの拍子にLANケーブルが抜けてしまっていると、インターネットに接続できないためメールの送受信ができません。LANケーブルを長年使用している場合は、断線している可能性もあります。また、無線接続の場合も、何らかの理由で一時的にインターネットが切れている場合も考えられます。

突然インターネットに接続できなくなった場合は、LANケーブルが刺さっているか、モデムやルーターの電源が入っているか確認してみましょう。

メンテナンスや障害による不具合

パソコンや周辺機器に問題が無い場合、インターネット回線側による不具合でメールの送受信ができなくなっている可能性もあります。

メールはプロバイダーやメールサービスのメールサーバーを利用しているため、サーバーに原因がある場合は送受信できません。メンテナンスや障害については、利用中のプロバイダーもしくはレンタルサーバーのホームぺージで確認してみましょう。

ドメインやプロバイダーの契約が切れている

プロバイダーやレンタルサーバーとの契約更新を忘れてしまうと、メールの送受信ができなくなります。基本的に契約更新時期になると案内が届くためレアケースではありますが、うっかり更新期間を過ぎてしまうと再契約が必要になります。

更新時期を忘れてしまった場合は、一度利用しているプロバイダーや、レンタルサーバーの契約資料を確認してみてください。

メールソフトの設定

何らかの原因でメールソフトの設定が変わってしまうことがあります。メールや連絡先の保存ファイルを別の場所に移動してしまった場合は、再設定が必要です。また、「受信(送信)メールサーバーに接続できません」とエラーが出る場合は、アカウント設定がうまくできていない可能性が高いです。

送受信ができなくなったときは、メールアドレスとパスワード、POPサーバーとSMTPサーバーが合っているか、確認してみてください。

オフラインの場合の対処法

パソコンがインターネットに繋がらない場合、以下の方法で改善されるケースが多くなっています。

・接続機器(パソコンやONU)の再起動
・Wi-Fi接続の場合は、有線接続してみる

特に無線接続の場合は、一時的な不具合でインターネットに繋がらないケースが多いため、モデムやルーターを再起動してもオフラインの場合は、一度有線での接続をお試しください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/150225000131_1.htm

 

メールが受信できない時の対処法

メールの受信だけができない場合は、次の3つの対処法を試してみましょう。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)