地震でエレベーターに閉じ込められた時の対処法

地震でエレベーターに閉じ込められた時の対処法

エレベーター閉じ込め対処法

多くのビルやマンションに設置されているエレベーター。普段から多くの方が利用しているエレベーターですが、突然の地震や停電によって、閉じ込められてしまうケースがあります。

今回は、地震などの災害でエレベーターに閉じ込められてしまった時の対処法について詳しく解説していきます。また、エレベーターに閉じ込められた時にやってはいけないこと、閉じ込められた時の情報収集方法についてもご紹介します。いざという時のために、しっかりと対処法を学んでいきましょう。

hikari_bnr_router

エレベーターに閉じ込められた場合の対処法

普段利用しているエレベーターが突然止まってしまったら、どのような対処法を行うかご存知でしょうか?ここでは、地震などの災害によって、エレベーターに閉じ込められてしまった場合の対処法を4つご紹介します。

行き先階ボタンをすべて押して最寄り階へ避難

地震を検知したり、急停止したり、異常を感じた場合はすぐに行き先階(数字)のボタンをすべて押下してください。最新のエレベーターであれば、地震などが起きた場合、安全装置が働き最寄りの階層へ自動停止するようになっていますが、古いタイプや海外製のエレベーターだと階と階の間で停止してしまう可能性があり、脱出が困難になります。

最寄り階に停止できた場合は、必ずその階で降りて安全な場所へ避難しましょう。エレベーターが動いていると思って、目的の階まで行こうとすると途中停止し、再度閉じ込められてしまう可能性があるため、避難する際は安全を考慮して非常階段等を利用してください。

非常用インターホンを利用して外部へ連絡する

エレベーター内に閉じ込められてしまった場合は、落ち着いて外部へ連絡をしましょう。外部への非常用インターホンは、操作盤にある電話マークが目印です。非常用インターホンの使い方は、係員が出るまでボタンを押し続け、応答があったら冷静に状況を伝えてください。

非常用インターホンが壊れている場合や、係員が出ない場合は自分のスマホなどから119や緊急連絡先へ連絡する方法もあります。スマホから連絡する時は、操作盤近くにある緊急時の連絡先番号や管理会社、ビル名などの情報を確認してから連絡してみてください。どの程度閉じ込められているか、同乗者がいるかなど詳しい情報を伝えられるとよりスムーズです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)