固定回線とは|Wi-Fiとの違いやおすすめの回線を解説

固定回線とは|Wi-Fiとの違いやおすすめの回線を解説

固定回線とWi-Fiの違い解説

固定回線とは|Wi-Fiとの違いやおすすめの回線を解説

固定回線とは|Wi-Fiとの違いやおすすめの回線を解説

インターネット回線を選ぶ時に「固定回線」という言葉を聞きます。固定回線は品質が高く安定した通信が可能なインターネット回線のことを指します。

本記事では、固定回線とは何か詳しく解説し、Wi-Fiとの違いやおすすめの固定回線も紹介していくので、これからインターネット回線の導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

安定したインターネットを利用したい人はこちら

固定回線とは

固定回線とは、物理的に通信線を宅内に引き込むタイプのインターネット回線を指します。具体例を挙げると、以下の2つは固定回線にあたります。

・光回線
・CATV(ケーブルテレビ事業者が提供するインターネット回線)


以前に提供されていたものだとADSLやISDN、アナログのダイヤルアップ回線も固定回線に該当します。

一方で、モバイルWi-Fiルーターやホームルーターを利用し、通信線の引き込みが必要なくインターネットを利用している回線を「モバイル回線」と呼びます。

固定回線とWi-Fiの違い

固定回線とWi-Fiを混同してしまいがちです。実際は固定回線とWi-Fiは異なるもので、「物理的に通信線を引いたインターネット回線」である固定回線に対して、Wi-Fiは「無線化した電波を利用したインターネット回線」です。

例えば固定回線を利用する場合、無線LANルーターが通信を無線化してWi-Fiでの接続が可能になります。モバイルWi-Fiルーターは、基地局から提供されるインターネット回線を無線化しています。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008015509_1.htm

固定回線のメリット

スマートフォンで利用できる5Gの普及が始まり、固定回線の必要性に疑問を感じる人もいますが、今でも固定回線を利用するメリットはあります。ここで固定回線のメリットを詳しく解説していきます。

通信速度の速さと安定性が優れている

固定回線の良いところは、通信速度が速く安定感がある点です。通信速度のクオリティを理由に固定回線を使う価値があるといえます。固定回線では通信線を使うので家電による電波干渉などの影響を受けづらく通信速度も安定します。そのため、オンラインゲームやテレビ会議、オンライン授業での遅延が起きにくくなります。

速度制限がなく使い放題

固定回線には利用できるデータ量に上限がなく、どれだけ使っても速度制限がかかりません。そのため、動画をよく見る人、動画ファイルのアップロードを行う人に向いています。

複数デバイスで同時接続しても通信が安定する

固定回線は複数のデバイスを同時に接続しても通信速度が落ちにくく、家族で複数台インターネットを利用するご家庭に向いています。2台や3台のデバイスを同時接続しても通信が安定しているため、家族でテレワークやオンライン授業を同時に行っていてもストレスなくインターネットを利用することができます。

携帯会社とのセット割が受けられるサービスがある

「固定回線は料金が高そう」と思っている人もいるかもしれません。しかし、固定回線のなかには携帯会社とのセット割を適用できるサービスがあります。固定回線ごとにセット割対応の携帯会社は異なるので、自分にあったサービスを選ぶといいでしょう。

固定回線のデメリット

固定回線は品質が高い一方でデメリットもあります。ここでは固定回線のデメリットを詳しく解説します。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)