梅雨による大雨で起こる災害事例|特徴と対策を解説

梅雨による大雨で起こる災害事例|特徴と対策を解説

梅雨の大雨で起こる災害事例

毎年5月から7月は梅雨による大雨が発生し、特に近年は甚大な被害が出ています。梅雨明け間近は、台風の影響もあり集中豪雨が起こりやすくなる傾向があるため、災害が起きる前に事前の対策が重要となります。

本記事では梅雨によって大雨被害が発生する原因と災害事例について詳しく解説していきます。梅雨の大雨災害から身を守るための防災対策についてもご紹介しているので、事前準備の参考にしてみてください。

hikari_bnr_router

梅雨による大雨災害

梅雨は春から夏にかけて雨や曇りの天気が多くなる期間を指します。日本だけでなく中国の南部や台湾、朝鮮半島南部など東アジアの広範囲で見られる現象で、梅雨前線による長雨が起こりやすくなります。

毎年5月から7月は全国で自然災害が起きやすい

日本では全国的に5月から7月に梅雨入りすることが多く、沖縄では早ければGW明けから梅雨入りすることもあります。約1カ月半続く梅雨は、全国各地で洪水や河川の氾濫、土砂崩れなどの自然災害が増加しやすく、特に近年は集中豪雨などによる被害も増加し、梅雨明けには大きな被害が発生することもあります。

梅雨明け間近は特に大雨の影響が出やすい

梅雨明けが近づくと、太平洋高気圧の勢力が強まる影響で梅雨前線が北に押し上げられ、温湿流が流れ込み梅雨前線が活発化しやすくなります。さらに南側から台風が北上してきていると、熱帯低気圧からの暖湿気が加わり、大雨や集中豪雨をもたらす可能性もあります。

近年は特に台風の発生で梅雨前線が活発化し、長雨による災害が発生することも。梅雨明けが近づいても、油断せずこまめに気象情報を確認しておきましょう。

梅雨の大雨による災害事例

梅雨の大雨による災害は、毎年のように発生しています。特に近年は梅雨末期の集中豪雨による土砂災害や川の氾濫で、被害に遭った方も少なくありません。ここでは過去の事例を見ていきましょう。

【2020年7月】令和2年7月豪雨

まだ記憶に新しい令和2年7月4日から7日にかけて起きた集中豪雨では、九州地方で記録的な大雨となりました。鹿児島県鹿屋市では1時間の降水量が109.5ミリにもなるほどの大雨が降り、この時気象庁では大雨特別警報を発令しています。

また、九州以外にも西日本や東日本で大雨が引き起こり、7月3日から31日までの総降水量が2,000ミリを超えたところも。球磨川を始めとした多くの大河川で氾濫が相次ぎ、土砂災害や浸水など人的被害や物的被害も多く発生しました。

【2017年6月】梅雨前線及び台風第3号による大雨と暴風

平成29年7月に起きた台風3号の影響で、梅雨前線が活発化し西日本を中心に局地的な大雨が降りました。被害は行方不明者も含め死傷者78名、住宅被害が1,506棟など甚大な被害になっています。この大雨の原因は沖縄の南で台風3号が発生し、梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で西日本では記録的な大雨となりました。

このとき台風3号の通過に伴い、高知県室戸市室戸岬では最大風速38.4m/s、沖縄から西日本では最大風速20m/sを超える暴風も観測されています。大雨による河川の氾濫や土砂災害、浸水被害だけでなく暴風が影響による飛来物被害も確認された事例です。

梅雨の大雨による災害から身を守るには?

大雨による災害は土砂災害や河川の氾濫など、避難時にも危険があるため事前に避難経路を複数用意しておくといいでしょう。また、安全に避難できるか判断するために河川の水位を確認する河川アプリの利用もおすすめです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)