WPA2とは|利用中の無線LANのセキュリティ技術を確認する方法も解説

WPA2とは|利用中の無線LANのセキュリティ技術を確認する方法も解説

無線LANのセキュリティ解説

WPA2とは|利用中の無線LANのセキュリティ技術を確認する方法も解説

WPA2とは|利用中の無線LANのセキュリティ技術を確認する方法も解説

無線LANのセキュリティ技術のひとつ「WPA2」。Wi-Fiルーターでは、無線LAN通信を保護するためにセキュリティ技術が採用されていますが、用いられているセキュリティ技術は、Wi-Fiルーターによって異なります。

WPA2は安全性が高いセキュリティ技術のため、安全に無線LANを利用するためには、WPA2を採用したWi-Fiルーターを使うといいでしょう。本記事では、無線LANのセキュリティ技術であるWPA2について解説します。利用している無線LANのセキュリティ技術を確認する方法も紹介しているので参考にしてみてください。

セキュリティ対策に不安がある方はこちら

WPA2とは

WPA2とは「Wi-Fi Protected Access 2」を略した言葉で、無線LANのセキュリティ技術のひとつです。WPA2を理解するには、無線LANにセキュリティ技術が必要な理由を知る必要があります。

セキュリティ技術がないと通信内容の漏えいが起こる

無線LANルーター(以下、Wi-Fiルーター)で利用するWi-Fi接続での通信では、第三者に情報を見られてしまう恐れがあるため、Wi-Fiでの通信内容を暗号化する必要があります。

通信内容が暗号化されていれば、第三者に情報を見られても内容は知られなくなることから、Wi-Fiルーターにセキュリティ技術が搭載されています。

セキュリティ技術には種類がある

無線LANのセキュリティ技術はWPA2だけでなく、他にも以下のようなものがあります。

・WEP
・WPA
・WPA3


最初に登場したセキュリティ技術はWEPですが、ひとつのパスワードを使い続けるデメリットがあることで、暗号化した通信を簡単に解読される弱点が発見されました。そのため、より複雑な暗号化を可能にするWPAが普及するようになります。WPAでは定期的にパスワードが変更されるため、WEPよりも安全性が高まりました。

WPA2はWPAより複雑な暗号化が可能で、現在の無線LANでは主流のセキュリティ技術です。WPA2の脆弱性を補完する新しいセキュリティ技術であるWPA3も登場しており、少しずつ対応するWi-Fiルーターが普及し始めています。

採用されているセキュリティ技術は、Wi-Fiルーターによって異なります。古い機種だとWEPが採用されている可能性があり、何年も同じWi-Fiルーターを利用している人は注意が必要です。新しい機種であればWPA2やWPA3が採用されている可能性が高いですが、古いWi-Fiルーターを利用していて、セキュリティ技術がWEPのものを利用している場合は、新しい製品への買い換え検討をおすすめします。

Wi-Fiルーターのセキュリティ技術を確認する方法

利用しているWi-Fiルーターのセキュリティ技術を確認する方法は、何通りかあります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)