Wi-Fi6と5Gの違いとは?特長やメリットについて詳しく解説

Wi-Fi6と5Gの違いとは?特長やメリットについて詳しく解説

Wi-Fi6と5Gの違いを解説

Wi-Fi6と5Gの違いとは?特長やメリットについて詳しく解説

Wi-Fi6と5Gの違いとは?特長やメリットについて詳しく解説

2019年9月から実用化された次世代通信規格Wi-Fi6は、高速で従来よりも多くの端末を接続できる新しいWi-Fiです。近年実用化が開始された5Gも、新しい通信規格として注目されています。

本記事では、Wi-Fi6と5Gの違いや利用するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。また、5Gが普及してもWi-Fi6の利用をおすすめする理由についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

安定したインターネットを利用したい人はこちら

Wi-Fi6とは?

Wi-Fi6(ワイファイシックス)とは2019年1月に発表された新しい通信規格です。従来の通信規格でもスマホやゲーム機、家電など複数の端末と接続していますが、Wi-Fi6では従来規格と比較して、より多くの端末と接続できるようになります。

ここでWi-Fi6の特長、利用するメリット・デメリットについて、わかりやすく解説します。

 

Wi-Fi6は第6世代のWi-Fi規格

Wi-Fiにはさまざまな規格があり、現在普及している規格がWi-Fi6です。Wi-Fi6は名称であり、本来の規格名は「IEEE 802.11ax」と言います。Wi-Fiは世代によって利用できる周波数帯や最大通信速度が異なり、新しいWi-Fi6は第6世代に当たります。

Wi-Fi6は従来の規格よりも高速通信が可能で、負担なく複数端末と接続することが可能です。また、利用周波数も2.4GHzと5GHzを状況に応じて使い分けることができるため、より安定したワイヤレス通信ができます。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008012052_1.htm

 

Wi-Fi6を利用するメリット・デメリット

Wi-Fi6を利用するメリットは従来よりも高速なワイヤレス通信ができることですが、Wi-Fi6に対応している端末が少ないというデメリットがあります。

 

メリット

Wi-Fi6を利用するメリットは次の3つです。

・従来のWi-Fi5よりも高速通信が可能
・複数端末の同時接続に強い
・接続端末のバッテリー消費を抑えるTWTが搭載されている

Wi-Fi6は従来のWi-Fiよりも高速通信が可能で、以前の規格であるWi-Fi5の最高通信速度の約1.4倍です。Wi-Fi5では約6.9Gbpsが最高通信速度でしたが、Wi-Fi6では約9.6Gbpsとデータの送受信にかかる時間が大幅に短縮されます。さらに複数端末を接続した場合の通信速度の遅延も、直交周波数分割多元接続OFDMA(※)が採用されたことで改善されています。

※OFDMA:約2MHzを最小単位として異なる周波数で同時通信できる仕組み。さらに多くのデバイスが同時に接続することができ、よりスムーズで遅延のないワイヤレス通信が可能。

 

Wi-Fi6には他にもスマホなど子機端末のバッテリーの消費を軽減する「TWT(Target Wake Time)」が採用されました。TWTは親機から子機へのデータ通信タイミングをコントロールすることで、通信待機中以外の子機のバッテリー消費を抑えます。

 

デメリット

便利なWi-Fi6にもデメリットは存在します。

・電波干渉や障害物による減衰はある
・現状対応端末が少ない

Wi-Fi6は2.4GHzと5GHz両方の周波数を状況に応じて使い分けることが可能ですが、電波干渉や障害物による減衰がなくなるわけではありません。

Wi-Fiの周波数2.4GHzと5GHzとの違いについては、以下の記事で解説しています。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008009832_1.htm

 

5Gとは?

5Gも2020年に提供が開始された新しい通信規格です。モバイルの通信規格である5G最大の特長は、最大通信速度が約10Gbpsと4Gの10倍もの速度になる点です。

ここからは5Gの特長、メリット・デメリットについて紹介していきます。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)