Appleのデジタル遺産プログラムとは|機能と設定方法解説

Appleのデジタル遺産プログラムとは|機能と設定方法解説

デジタル遺産機能の設定方法

故人の遺産には、パソコンやスマホ、クラウド上に残されているデータ、ネット金融など”デジタル遺産”も含みます。AppleではiOS15.2以降(macOS 12.1 以降)、デジタル遺産機能が設定できるようになりました。近年はスマホの中に個人情報が蓄積されていくことが多く、大切な写真やデータを家族に託しておきたい方におすすめの機能です。

本記事では、デジタル遺産について、デジタル遺産機能の設定方法について解説していきます。設定を解除する方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

hikari_bnr_router

デジタル遺産とは?

デジタル遺産とは、パソコンやスマホなどに残された故人のデータおよび本体を指します。近頃は故人の資産がデジタル化していることも多く、故人が設定したパスワードがわからないとデータを確認することはできません。

AppleではiOS15.2以降(macOS 12.1 以降)、指定された管理人がスマホやiPadに残してある一部のデータにアクセスできる「デジタル遺産プログラム機能」が搭載されました。

 

大事な家族の写真やデータを残せる機能

デジタル遺産プログラムは、故人が指定したユーザーが所定の手続きを済ませることで一部のデータにアクセスできる機能です。

指定されたユーザーは、故人の端末やクラウド上に保存されている写真や連絡先など一部のデータが確認できます。しかし、故人のデータにアクセスするには、Appleで故人のデータにアクセスしたい旨を申請し、審査を受ける必要があります。

故人のデータにアクセスするためには、以下が必要です。

・「故人アカウント管理連絡先」に指定された際に発行されたアクセスキー
・故人の死亡証明書

また、故人のデータにアクセスできる期間は、アクセス申請がはじめて承認された日から3年間に限定されます。それ以降、故人のアカウントは完全に削除されるため、必要なデータは早めに保存しておきましょう。

 

デジタル遺産として遺せるデータ

デジタル遺産として遺せるデータをまとめると、以下の通りです。

・iCloud写真
・iCloud Driveに保存されているファイル
・メッセージ
・メール
・連絡先
・カレンダー
・メモ
・リマインダー
・通話履歴
・ヘルスケアのデータ
・ボイスメモ
・Safariのブックマークとリーディングリスト
・iPhone、iPadなど端末のバックアップデータ

 

故人アカウント管理連絡先に指定されたユーザーは、iCloud等に保存されているデータが閲覧できます。ただし、Googleフォトなど別のデータサービスを利用されている場合は、デジタル遺産機能ではアクセスできません。

Apple以外の他社サービスにアクセスしたい場合は、サービスを提供している企業に問い合わせをしてデータにアクセスできるか確認してみてください。

 

デジタル遺産として遺せないデータ

デジタル遺産として残せないデータは、以下の通りです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?