通信費の見直しで固定費を節約!値上げに備えるおすすめ節約術

通信費の見直しで固定費を節約!値上げに備えるおすすめ節約術

通信費の見直し方法を解説

通信費の見直しで固定費を節約!値上げに備えるおすすめ節約術

通信費の見直しで固定費を節約!値上げに備えるおすすめ節約術

近頃、さまざまな商品が値上がりし家計費の節約に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

帝国データバンクが上場する主要飲食料品メーカー105社に調査したところ、10月は年内最多の6,500品目で値上げが予定されているとが明らかになりました。
「「食品主要105社」価格改定動向調査(9月)」(2022年9月1日)

家計費には固定費と変動費があり、節約に欠かせないのが固定費の見直しです。固定費は一度見直せば長く節約効果が得られます。固定費の中でも節約しやすいと言われているのが、スマホやインターネットなどの通信費。

本記事では固定費である通信費の見直し方法と、おすすめの節約術をご紹介します。方法次第ではインターネット代が0円になる可能性もあるので、ぜひ見直しの参考にしてください。

通信量の固定費を節約したい人はこちら

家計費を圧迫する通信費

家計の三大固定費は「住居費・通信費・保険料」と言われています。中でも通信費は見直しやすい固定費ですが、家族が多ければその分スマホの契約台数が多くなり、サブスクサービスなどを利用していればさらに家計を圧迫する原因となります。

スマホや固定電話代としてかかる通信費

通信費に含まれる料金は、毎月かかるスマホや固定電話、インターネット料金の3つです。固定電話を利用していない家庭も増えていますが、その分スマホの通話料金が高くなっている傾向があります。

総務省統計局が発表している「2021年世帯人数の年齢階級別家計収支」によると、総世帯の平均通信費は11,113円です。

世帯人数別の平均通信費を以下にまとめました。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

  • 2

    Niftyポイントが設定値を越えたら自動的に使用権に交換できるようにしてくださいよ。

  • 1

    このコメントは削除されました

すべてのコメントを読む