コンピューターウイルスの種類や対策|感染した時の対処法も解説

コンピューターウイルスの種類や対策|感染した時の対処法も解説

"PCウイルス"感染時の対処法

コンピューターウイルスの種類や対策|感染した時の対処法も解説

コンピューターウイルスの種類や対策|感染した時の対処法も解説

コンピューターウイルスは数多くの種類があり、その分さまざまな経路から感染する恐れがあります。メールの添付ファイルから感染する事例もあれば、Webサイトから感染するパターンも珍しくありません。

なりすましメールから感染することもあるので、ウイルス感染を予防する対策はしておきたいところです。本記事では、コンピューターウイルスの種類を紹介し、対策や感染した場合の対処法を解説します。

ひとつのライセンスで7台まで保護できるセキュリティソフトはこちら

コンピューターウイルスとは

コンピューターウイルスとは、利用するデバイスに第三者が侵入して被害を及ぼすプログラムです。以前は感染経路が少なく、フロッピーディスクを経由するだけでした。現在はインターネットの利用が浸透したことで、以下 の経路で感染する恐れがあります。

・電子メールの閲覧
・電子メールの添付ファイルを開く
・Webサイトを閲覧する


メールやWebサイトを見ただけで感染するパターンが出てきたので、被害に遭う可能性は高いといえます。ウイルスに感染してしまった場合の被害はさまざまですが、主に以下の4通りがあります。

・保存データの破損、消去
・個人情報の漏洩
・各種サイトやSNSで利用しているIDやパスワード情報の漏洩
・クレジットカード情報の悪用


ウイルスに感染するとSNSアカウントが乗っ取られたり、勝手にクレジットカードでネット決済される危険があるので要注意です。

コンピューターウイルスの種類

コンピューターウイルスはいくつも種類があり、それぞれで症状や被害の特徴が異なります。大きく分けると、コンピューターウイルスの種類は以下の4つです。

・ファイル感染型
・マクロ感染型
・ワーム型
・トロイの木馬型

種類別にウイルスの特徴を解説します。

ファイル感染型

ファイル感染型は、プログラムを実行するファイルへ寄生して増殖します。プログラムを実行するファイルは、exeやcomが該当します。ファイル感染型のなかでも、以下2つのタイプがあります。

・上書き型
・追記型


上書き型は感染したファイルのプログラムを変更して上書きを行います。追記型はファイルのプログラムに紛れたり、使用されていない箇所に不正なコードが書き込んだりします。その結果、感染したプログラムを実行すると、以下のトラブルが発生します。

・保存データの破損や削除
・他のファイルへのウイルス感染
・メールソフトを通して他のデバイスへのウイルス感染マクロ感染型

マクロ感染型とは、WordやExcelといったOffice系のファイルに不正なマクロを組み込むタイプです。そのため、すでに感染したWordやExcelから他のデバイスへ伝染することが多いです。マクロ感染型のウイルスに感染すると、以下の被害が発生します。

・他のファイルにウイルスが伝染
・ファイル内容の書き換え
・不正なマクロを組み込んだファイル付きのメール送信ワーム型

ワーム型はネットワークを通して感染するタイプです。ワーム型は単独行動が可能で、プログラムやファイルに寄生する必要がありません。そのため、メールの添付ファイルに注意していても感染する恐れがあります。また自己増殖が可能なので、感染した場合に危険なファイルを削除しても駆除できません。

トロイの木馬型

トロイの木馬型も単独行動ができ、ネットワークを介して感染する恐れがあります。しかし、自己増殖はできません。トロイの木馬は情報の盗聴を得意としており、個人情報やインターネットで利用するIDやパスワードをターゲットにしていることが多いです。感染経路がさまざまで、Webサイトやアプリ、メールなどから感染する恐れがあります。

エモテットによる被害が増加

近年では、Emotet(以下、エモテット)による被害も増えています。エモテットは金融データを狙いとしたマルウェアとして警戒されていました。現在は「なりすましメール」を用いて感染することが多いです。なりすましメールとは、以下のパターンで大手企業や公的機関を装う連絡手段です。

・携帯会社を騙って偽の重要連絡メールを送付する
・公的機関を騙り、関心の高い時事テーマをネタにした偽の重要連絡メールを送る
・宅配業者を騙った偽の不在連絡メールを送信する


メールの文面通りに記載のURLにアクセスし、操作を行うとウイルスに感染させられます。また誘導されたサイトで入力した情報をもとに、個人情報が盗まれる事例も少なくありません。

またメールにウイルスを仕掛けた不正なファイルを添付するパターンも珍しくありません。当サイトでは、下記の記事でさらに詳しくエモテットについて解説しています。併せてご覧ください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008016238_1.htm

コンピューターウイルスに感染した時の症状

コンピューターウイルスに感染して発生する症状をいくつかご紹介していきます。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)