Emotet(エモテット)に感染しているかチェックする方法

Emotet(エモテット)に感染しているかチェックする方法

Emotet感染有無の確認方法

Emotet(エモテット)に感染しているかチェックする方法

Emotet(エモテット)に感染しているかチェックする方法

近年、数あるマルウェアのなかでも存在が目立つ「エモテット」。エモテットに感染すると、自分だけでなく他の人にまで被害を及ぼします。そのため、定期的にエモテットに感染していないかチェックしておきたいところ。

エモテットに感染しているかどうかは自分だけでは判断できないので、ツールを使うのがおすすめです。エモテットに感染していたら、セキュリティソフトを使って早急に対処しましょう。本記事では、デバイスがエモテットに感染しているかチェックする方法を紹介します。

セキュリティ対策に不安がある人はこちら

エモテットとは

Emotet(以下、エモテット)とは、2019年11月から広く知られるマルウェアです。発見されたのは2014年で、金融データをターゲットにするマルウェアとして認知されていました。

2021年1月に欧州刑事警察機構が対策を行ったことで見かける頻度は激減したものの、エモテットによる被害が再拡大しており、伝染力のあるマルウェアとして大きな脅威のひとつとされています。

エモテットに感染した場合の被害

エモテットに感染すると、以下の被害が発生します。

・あらゆるマルウェアに感染させられる
・個人、機密情報が盗まれる
・他のデバイスにまで伝染する
・サーバー上のデータを失う

エモテットに感染すると、個人情報および機密情報が盗まれるうえに、エモテットは自己で増殖できるワーム機能があるため、他のデバイスにまで伝染してしまいます。

複数のデバイスで1つのネットワークを共有していると、1台のデバイスが感染するだけで被害が拡大するので注意が必要です。

エモテットの感染経路

エモテットに感染する経路はなりすましメールによる感染と悪質なメールの添付による感染の2つがあります。なりすましメールは、有名企業や公的機関を騙る詐欺メールで、エモテットの感染を狙うメールでは、主に次のような手口でコンタクトを図ります。

・携帯会社を騙り重要連絡と称して連絡する
・公的機関を騙って、関心の高い話題を用いた重要連絡と称して連絡する
・宅配業者を騙った偽の不在連絡をする

そして様々な方法でマルウェアが仕掛けられたURLに誘導されます。

「不正ログインがありました」
「プレゼントがあります」
「不在だったので再配達設定を行ってください」

添付ファイルにマルウェアが仕掛けられたメールを送付するパターンも珍しくありません。エモテットによる被害や感染経路については、以下の記事でより詳しく解説しています。併せて参考にしてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008016238_1.htm

エモテットの感染をチェックする方法

マルウェアに感染すると、デバイスの動作がおかしくなることが多いため、心当たりがないのにデバイスの動作が重くなったり、挙動がおかしいと感じたら、エモテットの感染を疑いましょう。

エモテットの感染チェックは自己判断では難しいため、基本的にツールを活用してください。具体的に挙げると、方法は主に4つです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?