IPアドレス(アイピーアドレス)とは何?

IPアドレス(アイピーアドレス)とは何?

IPアドレスのルールなど解説

IPアドレス(アイピーアドレス)とは何?

IPアドレス(アイピーアドレス)とは何?

IPアドレス(Internet Protocol Address)とは、インターネット上に接続された機器が持つナンバーのことです。IPアドレスには種類やルールが存在します。わかりやすく解説していきます。

安定した光回線を利用したい人はこちら

IPアドレス(アイピーアドレス)とは?

IPアドレス(Internet Protocol Address)とは、インターネット上に接続された機器が持つナンバーのことです。データをやり取りする際、ネットワーク上で通信相手を間違わないようにするために使われます。 インターネット上での住所のような役割を担っています。

 

IPアドレス(アイピーアドレス)のルール 

IPアドレスは、コンピューター内部では2進数で処理されることから、32ビットの整数値で表されます。 しかし、人には2進数はわかりにくいため、分かりやすくするために32ビットの整数値を8ビットずつ4つに分割して10進数でIPアドレスを表します。

 

ネットワーク部・ホスト部

IPアドレスは、ネットワーク部とホスト部から構成されています。
ネットワーク部というのは、どのネットワークに所属しているかを示す部分です。 一方、ホスト部とは、上記のネットワーク部の中でのホスト(コンピューター端末)を指しています。


住所にたとえると、ネットワーク部は「東京都」のような地域エリアを表し、ホスト部は個々の家を表しています。 前半のネットワーク部でネットワークを識別し、後半のホストアドレスで該当するネットワーク内のどのホストかを識別してデータを送受信しています。


ネットワーク部とホスト部の境界線は、IPアドレスによって異なっています。 IPアドレスはクラスA、クラスB、クラスCが存在し、クラスAが最も割当可能ホスト数が大きく、クラスB、クラスCになるにしたがって割当可能ホスト数が少なくなります。

 

クラスフルアドレス・クラスレスアドレス

上述のとおり、IPアドレスはネットワーク部とホスト部とから構成されていますが、32ビットの内、どこからどこまでネットワーク部でどこからどこまでがホスト部なのかは固定されておらず、IPアドレスによって異なります。


歴史的に以下の2種類の区別方法が存在しています。

1. クラスによる分類(クラスフルアドレス)
2. サブネットマスクによる分類(クラスレスアドレス)

クラスによる分類は初期のIPでの区別方法であり、現在はサブネットマスク(クラスレスアドレス)による分類方法が主流になっています。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

  • 1

    こうやっていまさらのように都合のよいように定義付けするのは胡散臭いよね。 踏み台やなりすましの問題は、根深いからね。

すべてのコメントを読む