節ガスとは|節ガス対策と効果的な節約方法を解説

節ガスとは|節ガス対策と効果的な節約方法を解説

節ガス 効果的な方法を解説

節ガスとは|節ガス対策と効果的な節約方法を解説

節ガスとは|節ガス対策と効果的な節約方法を解説

冬が近づいてくると、気になるのはガスの利用料金ではないでしょうか?電気やガス代の高騰でいつもより光熱費が高くならないか心配な人は多いと思います。またガスの供給が逼迫する恐れもあるため、政府から節ガスを要請される可能性も出てきました。

そこで本記事では節ガスについて解説し、具体的な節約方法を紹介していきます。今から節ガスの方法を把握して実践していきましょう。

固定費を節約したい方はこちら

節ガスとは

節ガスとは名前の通り、ガスの利用を節約することです。日頃からガス代の節約を意識している人は多いでしょう。2022年は日本政府が節ガス要請制度の導入を検討したことで、「節ガス」という言葉の認知が広がりだしました。

日本の都市ガスでは、燃料となるLNG(液化天然ガス)を海外から輸入しています。しかし、2022年は様々な世界情勢によりLNGの輸入を巡る競争が国際レベルで激しくなり、価格高騰による調達量の減少で、ガスが逼迫する可能性が生じたことから節ガス対策について検討されるようになりました。

ガスの節約対策5選

節ガスの方法を知っておくとガス料金の節約になる上に、政府から節ガスを要請された際にもスムーズに対応できます。具体的に節ガスの対策を挙げると、以下のようなものがあります。

・湯量と湯温の設定を見直す
・追い炊きしない
・乾燥機を使わずに干す
・水洗いの際には給湯器を止める
・キッチンでのガスの使用を見直す

それぞれの節ガス対策を詳しく解説します。

湯量と湯温の設定を見直す

お風呂の利用では、湯量や湯温の設定を見直すだけでもガスの節約になります。以下の3つを意識するだけでもガスの節約になるので、実行したいところです。

・浴槽に入った際にお湯が溢れないようにする
・追い炊きせず沸いたらすぐ浸かる
・シャワーの出しっ放しを控える

浴槽に入った際にお湯が溢れないようにする

お風呂に入る際、浸かるとお湯が溢れるという人や、溢れないものの必要以上の湯量を設定しているという人は湯量を見直してみましょう。湯量を減らした分のガス代を節約することができます。お湯が溢れないほどの量は体型によって異なりますが、5〜6分目ほどを目安にしてみてください。

追い炊きせず沸いたらすぐ浸かる

お風呂を沸かしたものの少し時間が経ってから入浴する時もあるかと思います。疲れている時はお風呂に入るのを後回しにしたくなりますが、後にするほどお湯が冷めてしまい、浸かるときに追い炊きが必要になります。
その分、ガスの消費量が増えるため、お風呂を沸かしたらすぐ浸かるように習慣づけるだけでも、ガスの消費を節約できます。

シャワーの出しっ放しを控える

体や頭を洗っている際にシャワーを出しっ放しにしていませんか?体や頭を洗う時のシャワーをその都度止めるだけでも、ガスの節約になります。またシャワーの出しっ放しを控えると水道代の節約にもなるため、シャワーを浴びるときは、体を流すとき以外は止めることを意識するといいでしょう。

ガス乾燥機を使わずに干す

ガス乾燥機を利用している場合、天気が良い日は使わずに外干しをするのもおすすめです。ガス乾燥機を1回利用すると5kgタイプで約47円、8kgタイプで約96円のガス代が発生します。1カ月で換算すると約1,400円から約2,900円もかかります。加えて電気料金も発生するため、外干しをすることでかなりの節約になります。

水洗いの際には給湯器を止める

水洗いをするときに見落としがちなのが、給湯器を止めることです。給湯器は待機状態であればガス代は発生しませんが、洗い物の際に必要もないのにお湯で洗っていると当然ガスを使用することになります。お湯を使うまでもない少しの食器洗いや手洗いの際には給湯器を止めて使う。もしくは水栓のレバーを水に向けて使うようにしましょう。

キッチンでのガスの使用を見直す

キッチンでのガスの利用では、「全開の強火は控える」「余熱調理の活用」この2点を意識するだけでもガスの節約になります。

全開の強火は控える

ガスコンロを使った調理の際、時短のために火力を全開の強火にする人がいますが、ガスコンロは火力が強いほどガスの消費が激しくなるので、強火の多用はおすすめできません。

また、強火だと意外と中まで火が通りにくく、表面だけ焼けて焦がしやすいデメリットがあり、煮物では強火にすると鍋を焦がす恐れがあります。ガスの節約と美味しい料理を作るためにも、火力は基本的に中火にするのがおすすめです。

余熱調理の活用

煮込み料理や麺類を調理する場合、余熱調理を上手く取り入れましょう。余熱調理とは、火を止めて残った熱で調理する方法です。火を止めてからでも数分は余熱で食材に火が通るので、上手く使うとガスの節約になります。

またパスタでは以下の流れで余熱調理をする方法もあります。

1.通常の茹で時間より1〜2分早く火を止める
2.フライパンで麺をソースとあえる

この方法では、麺とソースの余熱でパスタがちょうど良い硬さに仕上がります。

効果的な節約方法

ガス代以外にも電気料金や通信費など、節約できるものがいくつかあります。具体的には以下の4つを参考にしてみてください。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)