@nifty光は繋がらない?繋がりにくい?考えらえる原因と対処法を解説

@nifty光は繋がらない?繋がりにくい?考えらえる原因と対処法を解説

@nifty光が不調時の対処法

@nifty光は繋がらない?繋がりにくい?考えらえる原因と対処法を解説

@nifty光は繋がらない?繋がりにくい?考えらえる原因と対処法を解説

この記事にたどり着いた人は、@nifty光が繋がらない、繋がりにくい状態で困っているのではないでしょうか?

また、@nifty光を検討しているけど、「繋がらない」「繋がりにくい」という口コミを見て申し込みをためらっている人もいると思います。

@nifty光は回線の品質は悪くないため、原因を解消することで通信状態が安定する可能性が高いです。

本記事では、@nifty光が繋がらない場合の原因と対処法を解説していきます。

通信が安定したインターネットを利用したい人はこちら

@nifty光が繋がらなくなる理由

@nifty光はフレッツ光と同じ回線を利用しているため、回線の品質は申し分ありません。

また、@nifty光以外にも複数の通信事業者がフレッツ光の回線網を用いて独自の光コラボのサービスを提供し、2021年9月末時点、NTTの光回線(フレッツ光およびコラボ光)のシェアは全体の64%を占めるなど、高い信頼性があります。

そのため、@nifty光が繋がらない、繋がりにくい場合、回線以外の要素や環境に問題があるケースが考えられます。

 

@nifty光が繋がらない、繋がりにくくなる原因

@nifty光が繋がらない、繋がりにくくなる場合、考えられる原因は以下の3点です。

・一時的な不具合
・LANケーブルの断線
・利用者集中による回線の混雑

それぞれの原因を詳しく解説します。

 

一時的な不具合

@nifty光が繋がらない、繋がりにくくなる原因で多いのは「一時的な不具合」です。

一時的な不具合は回線側ではなく、デバイスや周辺機器側に不具合が起こり、@nifty光が繋がらなくなるパターンです。

デバイスや周辺機器に不具合が起こる要因はログの蓄積による場合が多く、ログの蓄積でデバイスや周辺機器に負荷がかかると発熱が起こり、不具合を起こすケースも珍しくありません。

 

LANケーブルの断線

LANケーブルの断線もよくある原因のひとつです。

LANケーブルは消耗品のため、劣化によって断線する場合があります。LANケーブルが断線すると、回線の状態が良好でもデバイスとルーター間の通信ができなくなってしまいます。

LANケーブルの断線は有線で接続している場合にだけ考えられる原因だと思われがちですが、ルーターとONU(回線終端装置)の接続でもLANケーブルを利用しています。

そのため、Wi-Fiでの通信がメインでも、ルーターとONUを繋ぐLANケーブルの状態をチェックしておきましょう。

 

利用者集中による回線の混雑

夜の時間帯に@nifty光が繋がらない、繋がりにくくなるのであれば、利用者の集中によって回線が混雑している可能性が高いです。

道路に例えると、インターネット回線は情報が行き来する道幅に限りがあるため、利用者が増える夜間は道が混雑して通信速度が遅くなることが多くなる、という事です。

 

@nifty光が繋がらない、繋がりにくい時の対処法

先ほど紹介した原因を踏まえると、@nifty光が繋がらない、繋がりにくくなる場合は以下の対処法が有効です。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)