Web3.0とは|Web2.0やメタバースとの違いをわかりやすく解説

Web3.0とは|Web2.0やメタバースとの違いをわかりやすく解説

「Web3.0」に注目が集まる

Web3.0とは|Web2.0やメタバースとの違いをわかりやすく解説

Web3.0とは|Web2.0やメタバースとの違いをわかりやすく解説

現在、新たな概念である「Web3.0」が注目を集めています。

これまでのインターネットは、管理者が提供するプラットフォームを通して利用する方法が一般的でしたが、Web3.0の普及が進むと、プラットフォームを通さずにあらゆる用途での利用が可能になります。

また、特定の管理者を通さない方法には金銭やセキュリティ面でのメリットもあります。

本記事では、今注目されているWeb3.0の概要と、Web2.0やメタバースとの違いについて解説します。

IPv6接続を利用してWeb3.0を利用したい方はこちら

Web3.0とは

インターネットには概念があり、用途が広がるにつれて進化しています。インターネットの概念や考え方が進化することで、我々が利用できるサービスは変わっていきました。

Web3.0とは、現時点でもっとも新しいインターネットの概念です。

また、Web3.0は「分散型インターネット時代の皮切り」と言われています。

 

Web3.0の特徴

分散型インターネットでは、ブロックチェーン技術(ネットワーク上で直接端末同士を接続することで、ユーザー同士のやり取りを可能にする技術)を利用することで、管理者が存在しない状態でも以下のやり取りが行えることから、Web3.0は注目を集めています。

・ユーザー同士でのデータ管理
・個人対個人でのコンテンツ提供
・デジタルコンテンツの販売
・オンラインでの送金

 

Web2.0との違い

Web2.0は2000年代に普及した概念です。

Web2.0が主流だった頃はSNSの普及が進んだことで、以下の2点が可能となりました。

・ユーザーが情報を発信する
・ユーザー同士が交流する

 

ユーザーがInstagramやTwitterなどのSNS、YouTubeをはじめとした動画サイトに情報をアップロードできるようになりました。

管理者がいるプラットフォームの利用が必要なのが、Web3.0との違いとなります。

Web2.0では、管理者が提供するプラットフォーム内でしか情報の発信やユーザー同士の交流はできないですが、Web3.0は管理者がいなくても個人間でのやり取りが可能です。

 

Web1.0との違い

Web1.0はインターネットの展開がはじまったばかりの1990年代に存在した概念です。

Web1.0は一方通行といえる概念で、できることは以下の2つがメインでした。

・Webサイトの閲覧
・テキストやメールでのやり取り

 

この時代では情報を発信している人は限られた人だけで、ユーザーからの発信はできませんでした。

また動画や音楽などのデジタルコンテンツもなく、テキストコンテンツを閲覧することが主な用途でした。

そのため、Web3.0とは以下の3点が異なります。

・動画や音楽など利用できるコンテンツの種類
・ユーザー同士のやり取りができる用途の数
・ユーザーが情報を発信できるか

 

ユーザー同士のやり取りができないわけではありませんが、可能なのは知人同士でEメールの送受信ぐらいでした。

 

Web3.0が注目される理由

ここまでWeb3.0の特徴や、これまでの概念との違いを見てもなぜ注目されるのかピンと来ない人もいるでしょう。

Web3.0が注目される要因として挙げられるのは、以下の3つが実現できる点です。

・管理者を通さないやり取り
・セキュリティの改善
・グローバル規模でのやり取り

 

管理者を通さないやり取り

管理者が提供するプラットフォームでやり取りを行う場合、用途によっては手数料が発生することがあります。

例えば個人間でコンテンツの売買を行う場合、管理者が提供するプラットフォームに支払う手数料が発生します。

そのため、管理者が提供するプラットフォームを介する場合、以下のデメリットが発生するわけです。

・購入者が負担する金額が増える
・販売側が得られる収益が減るため、価格を高く設定しないといけない

 

Web3.0が普及すれば、販売者側が管理者へ手数料を支払う必要のない有料コンテンツ提供が可能になります。

そのため、コンテンツの販売価格が下がり、購入者が負担する金額が減ると考えられます。

 

セキュリティの改善

Web3.0で行うことができる管理者を介さないやり取りに対して、セキュリティの不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際はその逆で、Web3.0ではセキュリティを向上できると期待されています。

Web2.0では、管理者が所有するサーバー1つがハッキングされると情報が盗まれる恐れがありますが、Web3.0ではやり取りをするたびに端末同士が直接接続されるので、1つのサーバーが攻撃するだけでは情報が盗めません。

またWeb3.0では、第三者へ個人情報を提供する必要がありません。

Web3.0では端末同士を接続してコンテンツの送受信を行うため、個人情報を提供する必要がないわけです。

そのため、個人情報が盗まれたり悪用されたりといった心配がなくなります。

 

グローバル規模でのやり取り

プラットフォームを利用したやり取りでは、国内でしかコンテンツの売買ができないデメリットがありました。

Amazonは国ごとに利用できる売買サイトが異なり、その他のプラットフォームも国内のみ対応である場合が多くなっていますが、Web3.0では、世界のどこからでも同じサイト上でサービスを利用できます。

現在では、世界で誰でもアクセスできる分散型アプリの「DApps」が注目を集めています。

DAppsはグローバル規模で利用できるプラットフォームを開発しており、今後世界単位でのやり取りができると期待されています。

 

Web3.0に伴うリスク

メリットが目立つWeb3.0の利用にはリスクもあるため、注意が必要です。

Web3.0はプラットフォームに依存しない代わりに、トラブルが発生した場合の対応は自己責任になります。

また日本ではまだWeb3.0の利用に関する法律が整備されていないため、利用する場合は定期的に情報をチェックしておく必要があります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)