インターネット回線速度が遅くなる原因と12の改善方法

インターネット回線速度が遅くなる原因と12の改善方法

"ネット回線遅い"12の改善策

インターネットを利用していて回線速度が遅いと感じる人は多いはず。中でも光回線を利用しているのに遅く感じるとどうにかできないかとストレスになりますよね。

本記事ではインターネットが遅いと感じる人が取れる12の改善策をご紹介していきます。

【こんなこんな人におすすめ】
・ネットが遅くてどうにかしたい人
・ネットが遅いとは感じていないけど今より速くしてみたい人
・オンラインゲームをしたいので回線速度を最大限に速くしたい人

 

パソコン環境を見直して速度遅延を改善する5つの方法

pc

パソコン環境を見直すことで速度遅延を改善することがあります。まずはパソコン環境で見直すことができる4つの方法をご紹介していきます。

パソコンのスペックを見直す

ネットの速度遅延で意外と大きく影響するのがパソコンのスペックです。特にオンラインゲームを利用したいという人には影響が大きい部分になります。

パソコンのスペックで重要なのが以下の3つです。

・CPU
・メモリ
・HDD


3つについて詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008012032_1.htm


パソコンのスペックを見直すとなると買い替えが必要になるため、対処法としてはハードルが高くなります。そこで買い替えをせずにスペックを向上させる方法もあります。

以下で、各機能の役割、快適に利用できる目安、対処方法をそれぞれご紹介します。

CPUのスペック目安

disaster-information-cpu

CPUは自身で交換することもできますが、初心者が手を出すには難しい部分になります。CPUのバージョンが低いと感じる人はPCそのものを買い替えるか、専門店などにお願いすることをおすすめします。

メモリのスペック目安

disaster-information-memory

メモリは不足するとパソコンの処理が遅くなります。少なくとも4GB以上を目安とし、容量に不足が見られる場合は同じメモリを増設することで「デュアルチャネル」という機能を働かせることが理想です。

詳しいメモリ増設の方法は別記事でご紹介しているので参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007618_1.htm

 

HDDのスペック目安

disaster-information-hdd

HDDはデータを保存しておく場所になります。使用する容量が多くなければ256GB以下でもOKです。HDDには「HDD」と「SSD」の2種類があり、SSDの方が高価になるものの、処理速度が速く静穏性や蓄熱性に優れています。

上記を基準にご自身のパソコンのスペックを確認してみてください。

10年も前のパソコンを利用している場合は、スペックが低くパソコンの寿命も考えられるため、買い替えることもひとつの手段です。

OSを最新の状態にする

使っているパソコンのOSが古い状態で利用していることで、通信速度が遅くなる可能性があります。OSを最新の状態にすることで速度遅延を解消しましょう。

≫macOSの搭載状況を調べる
≫windowsOSの搭載状況を調べる

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008011757_1.htm

 

利用するブラウザを見直す

利用するブラウザによっても処理速度が違います。ChromeやChromeと同じシステムを利用しているMicrosoft edgeなどがおすすめです。Microsoft edgeはInternetExplorer(IE)を提供しているマイクロソフト社が推奨しているブラウザです。

IEはサポート終了が決まっているため、IEを利用している人はMicrosoft edgeへの切り替えを検討してみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/170519000294_1.htm

ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザのキャッシュが溜まっていることで回線の速度遅延が起きることがあります。キャッシュは同じページを開く際に表示を速くするために自動で溜めている一時データです。表示速度を速めるものの溜まりすぎると処理速度が遅くなってしまうため、定期的にキャッシュクリアをすることをおすすめします。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008011956_1.htm

 

セキュリティソフトを見直す

セキュリティが原因で処理が遅くなることがあります。原因は主に以下の2点です。

・セキュリティソフト
・ウイルス感染

 

セキュリティソフトが原因の場合

例えば複数のセキュリティソフトを利用していた場合には、速度遅延を顕著に感じることになります。セキュリティソフトが機能している状態で速度が遅いと感じたら、セキュリティソフトを一時停止させてみてください。

セキュリティソフトを停止したことで速度が改善された場合は、セキュリティソフトが原因で速度遅延が起きていた可能が高いです。とは言え、セキュリティソフトを停止したまま利用を続けるのは危険ですよね。そこでセキュリティソフトの見直しも有効な手段です。

おすすめは常時安全セキュリティ24です。

ひとつのアカウントで7台までインストールできるため、パソコンやスマホなど複数のデバイスを所有していてもセキュリティをかけられます。詳しくは以下の記事でもご紹介しているので参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008006389_1.htm

 

ウイルスが原因の場合

パソコンにウイルスが感染していることで速度が遅くなるという場合もあります。ウイルスに感染した場合には以下の対策を取りましょう。

▼ウイルスに感染したときの対処法▼
・セキュリティをアップデート
・ネットワークから切断
・ウイルススキャンでウイルスを特定
・駆除方法を確認してウイルスを駆除
・念のためもう一度ウイルススキャン

ウイルスに感染すると大切なデータが消えてしまったり、個人情報の流出につながってしまいます。そうなる前にセキュリティソフ

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)