光テレビとは?アンテナを立てず災害の影響を受けにくいテレビ視聴方法

光テレビとは?アンテナを立てず災害の影響を受けにくいテレビ視聴方法

光テレビとは?アンテナを立てず災害の影響を受けにくいテレビ視聴方法

このところの異常気象から、「数十年の一度」と言われるような台風や水害などの自然災害が頻繁に発生しています。

また、首都圏や西日本の太平洋側を中心とした大規模地震の発生も想定されており、私たちの生活を脅かす自然災害はいつ起きてもおかしくありません。

みなさんは普段どのような防災対策をしていますか?

被害を最小限にするためにも、防災に対する日ごろの備えはしっかりしておく必要があります。

災害が起きる前に知っておきたい災害時の情報収集については、以下の記事もチェックしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/191011001034_1.htm

 

災害時のテレビって一体どうなる?ポイントはアンテナの有無

台風や竜巻などの自然災害時、テレビはどうなるのでしょう?

まず、基本的に屋根の上に設置してあるテレビアンテナは、暴風や豪雨で落下の危険性もあり、アンテナの位置がずれることにより、受信強度が低下してしまうことがあります。

このような場合には、まずはテレビの取扱説明書にしたがって受信強度を確認します。

受信強度が60未満の場合には受信強度不足のため、アンテナや配線の状況を確認することで受信強度が戻る場合があります。

受信強度の確認は、テレビの「設定」メニューから確認できることが多いので、災害時に慌てないためにも、操作方法を一度確認してみることをおすすめします。

情報収集に欠かせないテレビ視聴方法

情報収集の一つとして活用される「テレビ」の情報は、早く、確実なため、災害が起きた場合、「まずはテレビをつける」という方も多いのではないでしょうか。

そもそも、地上デジタル放送などのテレビを視聴するための2つの方法について、それぞれメリット・デメリットがあります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)