Wi-Fiルーターを見直す際に知っておくべきおすすめ機能とは?

Wi-Fiルーターを見直す際に知っておくべきおすすめ機能とは?

Wi-Fiルーターおすすめ機能

Wi-Fiルーターを見直す際に知っておくべきおすすめ機能とは?

Wi-Fiルーターを見直す際に知っておくべきおすすめ機能とは?

職場やカフェなど、あらゆるところで手軽にインターネットに接続できるWi-Fi。自宅でも快適なWi-Fiを利用するには、利用方法に合ったWi-Fiルーターを選ぶことが重要です。さらにWi-Fiルーターの寿命は5年程度とされており、長く使用していると回線が不安定になったり、速度低下が起きたりするため定期的なWi-Fiルーターの見直しが必要になります。

今回は自宅で快適なインターネット環境を実現するために、Wi-Fiルーターの見直しで重要なポイントを3つと、回線速度の改善が期待できるおすすめ機能7つをご紹介します。ぜひWi-Fiルーター買い替えの参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008009123_1.htm

 

Wi-Fiルーター選びに重要な3つのポイント

Wi-Fiルーターの選び方は、住んでいる環境や使い方、Wi-Fi接続する端末数など考慮する必要があります。ここでWi-Fiルーター選びに特に重要な3つのポイントを詳しく解説します。

無線LAN規格が対応しているか

Wi-Fiルーターには対応している無線LAN規格があり、規格によって最大通信速度が異なります。現在主流となっている光回線の多くで最大通信速度1Gbpsが謳われており、その最大通信速度を活かすにはIEEE802.11acに対応しているWi-Fiルーターが望ましいとされています。無線LAN規格の最大通信速度は、契約している光回線の最大通信速度が上限となるので注意してください。

また、利用できる対応周波数帯も注意が必要です。設置場所などによっては電波が届きにくくなる可能性もあるため、どの周波数帯に対応しているWi-Fiルーターなのかもチェックしておくのがおすすめです。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008012052_1.htm

 

LANポート規格の確認

スマホやタブレットだけでなく自宅でパソコンを使用する際には、有線接続をすることがあるためLANポートの規格も重要になります。LANポートの規格にも種類があり、最大通信速度が異なるからです。

光回線の多くで謳われる最大通信速度1Gbpsの性能を活かすには、1000BASE-Tに対応したWi-Fiルーターを選ぶ必要があります。またLANケーブルによっても最大通信速度が異なるので、詳しい種類と選び方について以下の記事を参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008011980_1.htm

 

利用する人数や間取り

無線でインターネットに接続できるWi-Fiですが、接続する端末数が多ければ多いほど、通信速度が低下します。Wi-Fiルーターによって同時接続できる端末台数が異なるため、家族の人数や接続する端末の台数を事前に確認しておきましょう。

また、Wi-Fiは壁や障害物によって電波が弱くなりやすい性質があるため、間取りによってはWi-Fiが届きにくくなることも。電波強度が弱くなってしまった場合は、以下の記事に対処法をご紹介しているので確認してみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008011117_1.htm

速度改善が期待できるWi-Fiルーターのおすすめ機能7つ

より安定したインターネット環境を整えるためには、Wi-Fiルーターに搭載されている機能もチェックしてほしいポイントです。ここからは特におすすめの機能7つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)