ネット銀行のメリットデメリットとインターネットバンキングの危険性

ネット銀行のメリットデメリットとインターネットバンキングの危険性

ネット銀行の危険性を解説

ネット銀行のメリットデメリットとインターネットバンキングの危険性

ネット銀行のメリットデメリットとインターネットバンキングの危険性

近年では直接店舗で口座を解説するのではなく、インターネットで完結するネット銀行を利用する人が増えています。パソコンやスマホから残高確認や振込ができるインターネットバンキングは便利ですが、不正ログインによる被害も急増しているため注意が必要です。

本記事ではネット銀行を利用するメリットデメリットを紹介しつつ、インターネットバンキングの危険性について解説します。インターネットバンキングで起きる不正ログインの対策なども紹介しているので参考にしてみてください。

セキュリティ対策に不安がある人はこちら

ネット銀行とは

一般的な銀行は店舗で預金や口座開設の手続きができる一方、ネット銀行は店舗がなく、預金や口座開設、振り込みなどの手続きがすべてインターネット上で完結します。つまりインターネット上に存在する銀行のことをネット銀行と呼びます。

またインターネット上で銀行手続きができるサービスのことをインターネットバンキングと呼び、実店舗がある一般的な銀行でもインターネットバンキングのサービスが提供されていて利用することができます。

ネット銀行のメリット

ネット銀行を利用するメリットは以下のようなものがあります。

・口座開設がネットで完結する
・いつでもどこでも利用できる
・手数料が安い

ネット銀行を利用する一番のメリットが手軽さです。自宅にいながら口座を開設することができ、その後も残高照会や送金などスマホひとつで完結します。

ネット銀行のデメリット

一方でネット銀行を利用するデメリットには以下のものが挙げられます。

・IDやパスワードの管理が必要
・障害やメンテナンスで利用できないことがある
・セキュリティ対策が必要

自分の財産に直結するため、セキュリティ対策は特に注意をしておきたいところです。銀行も万全なセキュリティ対策を行っていますが、利用者側もセキュリティ対策を取っておく必要があります。

インターネットバンキングの危険性

ネット銀行では必ずインターネットバンキングを利用することになり、実店舗を持っている銀行でも最近ではインターネットバンキングサービスの提供が増えています。

インターネットバンキングを利用する機会が増えるに伴い、インターネットバンキングを狙ったサイバー攻撃も増えています。ここからはインターネットバンキングを利用する危険性を確認していきましょう。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?