ファイアウォールとは|設定方法から無効化する方法まで解説!

ファイアウォールとは|設定方法から無効化する方法まで解説!

ファイアウォールの役割解説

ファイアウォールとは|設定方法から無効化する方法まで解説!

ファイアウォールとは|設定方法から無効化する方法まで解説!

インターネットを利用する上で、セキュリティの安全性を高められるファイアウォール。ファイアウォールを活用すれば、ネットワークを保護して不正アクセスなどの攻撃を回避できる可能性が高くなります。

ただし、ウイルス対策をするために、ファイアウォール機能が備わったセキュリティソフトを使用したいところです。この記事ではファイアウォールの役割やメリット、設定方法を解説します。導入や設定方法は簡単なので、安全にインターネットを使いたい人はチェックしてみてください。

ファイアウォールとは

ファイアウォールは名前の通り、インターネット上で『防火壁』の役割を担います。インターネットを利用する際は、不正アクセスを受けるリスクに注意しなければいけません。ファイアウォールは外部ネットワークと内部ネットワークの間で防火壁となり、不正アクセスを遮断してくれます。

ファイアウォールでは、外部から送られてくるデータ(パケット)の情報が分析されます。送信されてきた情報を分析し、安全であると判断したうえで内部ネットワークに受信させます。

一方で、ファイアウォールが情報に危険性があると判断した場合、その情報は内部ネットワークには送られません。危険と判断された情報が送られてきた旨は、ファイアウォールがネットワークの管理者へ通報されます。

ファイアウォールのメリット

ファイアウォールのメリットは、不正アクセスによるリスクを回避できる点です。不正アクセスとは、インターネットを使って外部から内部のネットワークに侵入し、内部データの盗聴や改竄をする攻撃です。

不正アクセスを遮断できれば、ランサムウェアなどによる端末の乗っ取りへの対策にもなります。要約すると、ファイアウォールを使うことで下記2つの対策になるというわけです。

・内部情報の漏洩や改竄
・使用している通信端末やネットワークの乗っ取り


ファイアウォールを使用すれば、機密情報の漏洩防止にも繋がります。そのため、個人だけでなく法人の社内ネットワークでも重宝されます。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008008526_1.htm

ファイアウォールのデメリット

ファイアウォールはあくまで不正アクセスを監視する機能で、ウイルスまで検知するものではありません。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)

×