私が「人工知能は何にでも使えます」と言う理由 ――「自分好み」の情報の中で溺れないために

 タンタカタカタカタカタカ♪ お決まりのスマートフォンのアラーム音で目が覚める。一度、スマートフォンを握ってしまうと、ついついSNSの画面を開いてしまう。いつもの知人の旅行記やディナーの写真が流れ、そうかと思えば、よく見るジャンルのニュース記事が流れてくる。珍しい記事を探してシェアしてくれる友人もいるが、そのジャンルも、よくよく考えると似通ってくる。

 勿論、それは、自分がそのページを開いたり、「いいね!」ボタンをタップしてしまったりするからで、何もしなければ何も起こらないはず。とは言え、そういった記事は、それなりに自分が面白いと思ってしまうので、これがまたタチが悪い。ある程度「自分好み」なのはわかっているし、効率よく情報を集められるのもわかっている。ただ、何となくモヤモヤする。

 SNSには、友人の投稿記事やニュース記事だけでなく、本の宣伝なんかも流れてくる。確かに、自分が良く手にする本のジャンルではある。なのでこれもついつい、リンク先を見てしまう。本当はもうちょっと違うジャンルも読みたいと思うのだが……。そういえば、最近は、書店に足を運んでも、どこかで見たような「売れ筋」の本が多くなってしまった気がする。

 このSNS社会、そしてSNSの裏で動いている人工知能には、便利だと感じつつも、何となくモヤモヤしたものを感じてしまうのだ。


■私たちを閉じ込める「小さな泡」


 フェイスブックやアマゾンなどインターネットを牽引するサービスが、こぞって採用している「パーソナライゼーション」というものをご存じだろうか。

 パーソナライゼーションとは、ユーザー一人一人の「年齢」や「住んでいる場所」や「職業」といった属性や、過去の「行動履歴」などのデータを活用し、それぞれに向けて「好ましい」情報を選別して提示するという、ユーザーに対する「カスタマイズ」である。

 例えば通信販売サイトを運営するアマゾン社は、人工知能技術を巧みに利用して、ユーザーが注文する前から、注文を行うであろう商品を予測して配送する仕組みを構築しつつある。さらに、検索サイトを運営するグーグル社は、ユーザーが検索を行うことなく、過去の履歴から欲する情報をすべて予測して提供する仕組みの構築を目指している。こうした現状が指し示すのは、考えることすらなしに生活できてしまう環境が整いつつある、ということだ。

 インターネットを用いて情報にアクセスする際、何をするにも「パーソナライズ」されれば、私たちは自分だけに向けた情報に閉じ込められ、それが世界だと思い込まされてしまう。この状態は一人一人が小さな泡に包まれた状態に喩えられ、「フィルターバブル」と呼ばれている。フィルターバブルは「人工知能社会」と呼ばれる現代社会において、単なる技術的な現象に留まらず、社会全体の問題として認識されている。

 フィルターバブルを社会問題として捉える時、それはしばしば民主主義とセットで議論される。インターネットが登場した当初、誰もが自由に意見を表現できるようになり、民主化が大きく進むと思われた。だがユーザー一人一人がフィルターバブルに包まれ、触れる情報が「好ましい」ものに限られて視野が極端に狭められると、私たちはフェアな判断を下せるのか。言い換えれば、情報の偏りが民主主義を歪めかねないという危機意識だ。

 この問題の影響はさらに、個人が触れる情報に偏りが出ることだけにも留まらない。フィルターバブルは、インターネットという場のみならず、私たちの生きる現実世界そのものを、無味乾燥なものにしてしまう危険性をはらんでいる。

 米国のインターネット活動家であるイーライ・パリサーは、著書『フィルターバブル インターネットが隠していること』(原題「The Filter Bubble」二〇一一年)の中で、パーソナライゼーションの発達した現在のウェブ空間をワクワク感のない、創造的な思考に適さない空間であると指摘する。

《ヤフーが王として君臨していたワールドワイドウェブの草創期、オンラインはまだ地図のない大陸という感じで、ユーザーは自分たちを探検者、発見者だと思っていた。さしずめヤフーは村の宿場というところで、多くの人が集まり、おかしな獣の話や海のむこうにみつけた陸地の話を交換していた。「探検や発見からいまのように目的を持った検索の世界に変化するなど、思いもよらないことでした」と、当時、ヤフーの編集者をしていた人物は語っている。》

 今やインターネットを「探検」するのは人工知能であるグーグルやフェイスブックで、人間に残された仕事は提示された情報を「消費する」ことだけになってしまう可能性がある。自分の力で情報に辿り着く苦労を人工知能が肩代わりしてくれる傍らで、情報を探索するプロセスでの偶発的な出来事や、そこで得られる体験や感覚が省かれて、「誰がやっても同じ結果」だけが効率よく与えられる。「自分」がどこにあるのか、自分の「意思」といったものは本当に働いているのか、すなわち能動性を奪われる感覚を私たちは感じるのである。

 少し議論を先回りすれば、こうした現状についてグーグルやフェイスブックを非難しても意味はない。彼らが生活を便利で豊かにしたこと自体は喜ばしいし、もし彼らのサービスが「能動性を奪う」ものならば、やがては彼らもしくは別の誰かが、能動性をも高めるようなサービスを発明するだろう。私たちの暮らしは(あるいは「暮らし」を支える科学技術の歴史は)改善と改良の中で豊かさのステップアップが実現する「自由経済」を、ある種の前提に置いている。特に日本に暮らす私たちにとっては、自由経済は常識とも言える考え方なのではないだろうか。

 しかしながら、自由経済の常識の下で開発されてきたインターネットは、自由経済の「発展の仕組み」を根本から変貌させる性質も有していたのだ。現時点の私たちは、こうした皮肉な構図の中に立っている。本稿はまず、その認識からスタートしなければならない。


■インターネットはディストピアを創ろうとしたのか


 インターネットは、そもそも何を目的にして創られたものなのだろうか。

 二十世紀半ばにMITの教授だったジョゼフ・カール・ロブネット・リックライダーは、インターネットの父とも言える存在だ。インターネットを生み出す直前、一九六〇年のリックライダーは「人とコンピュータとの共生」という論文を発表している。ここには「人間とコンピュータが共生することによって、人間はこれまで誰も考えたことのなかった方法で考え、マシンはこれまで到達できなかったデータ処理を行う」という未来像が描かれていた。この概念はインターネットだけでなく、マウスやタッチパネルでパーソナル・コンピュータやスマートフォンを扱うような、いま私たちが当たり前のように享受している情報社会の「未来」そのものを生み出した。そんな偉業に光が当たるのだから、リックライダーの業績は天才のなせる業(わざ)だと捉えられがちではある。しかし彼の伝記を紐解いていくと、実は驚くほど人間的で個人的な「想い」も浮き彫りになってくるのだ。

 リックライダーは研究開発を進める日々の中で、新しい発想を思いついたり、データの中から新しい発見をしたりといった、クリエイティブな仕事がほとんどできないことにフラストレーションを感じていた。実際に行動記録をつけてみると、作業時間の八五パーセントが情報の整理や資料の出し入れなどに費やされていた。

 平たく言えば「与えられた仕事が自分の思っていたものと違ったのでイライラした」ということなのかもしれないが、ともかく彼は雑務を「これも仕事だから」と割り切れず、「機械(コンピュータ)を使ってもっと効率的にやるべきだ」と考えるようになった。そんな、ある意味でワガママな「想い」が「人とコンピュータとの共生」という思想の背景にあった。

 リックライダーは、研究者として「自分の考える理想の自分像」を追求したのである。その結果として生まれたのがインターネットなのだから、インターネットは私たちの中にある「ワガママ」を肯定してくれるものとなる。インターネットによって私たちは、より自分らしく、能動的な生き方ができるようになった──そのはずである。

 にもかかわらず、現実のインターネット社会が、私たちから能動性を奪う方向に向かっているのはなぜなのか。その理由を知るには、インターネットが作った新しい経済ルール(自由経済の「発展の仕組み」の根本にかかわる新ルール)を把握しておく必要がある。

■新しい経済ルールに拍車をかける「人工知能ブーム」


「インターネットによって、需要供給曲線は真逆になります」

 これは約二十年前、筆者が大学に入学した頃に、経済学部のある教授が講義の最初に口にした言葉であり、経済ルールの変化にまつわる予言だった。

 私たちの生きている実世界(アナログの世界)では、製品やサービスは「一つしかないもの」「自分だけのもの」が高価であり、「誰でも手にいれられるもの」「みんなが手にするもの」は価値が下がっていく。「一つしかないもの」を生産するためには、それを生み出せる職人さんが丹精込めて製品を作る必要があるのだから、高価になるのは当然だ。

 一方でネットワークを介して繋がるデジタルの世界では、「自分だけ」しか使っていないサービスやアプリケーションは使いづらい。たとえばSNSをはじめとする「プラットフォーム」サービスは、自分以外のユーザーがいないと成り立たない。誰もが使っているからこそコミュニケーションツールとしての価値が生まれ、価値が生まれるからこそまたユーザーが増えて行く。

 このような「みんなが使う」ことによって増大する性質の価値を、ネットワークは本来的に宿しており、それを経済学では「ネットワーク外部性」と呼ぶ。そしてこのネットワーク外部性こそが、インターネット出現以降の経済ルールを大きく変えたと言えるのだ。

 もちろん現在でも、ネットワーク外部性の働きが弱く、品質そのものが価値として評価されやすい市場では、日本企業のお家芸だった「良い商品を開発・提供することで消費者に選択される」という過去の経済ルールが生きている。たとえばデジタルカメラでは、日本製品の世界シェアは依然として約九割を占めている。

 だがインターネットを介したサービスのように、ネットワーク外部性が強く働く市場では、「良い製品」を開発・改善する糸口を技術者の拘(こだわ)りなどに求めることは難しい。糸口はサービスのユーザーが、更に表現の正確を期せば、右肩上がりで数を増やす正のスパイラルの中で「いつ」「どんな時に」「どのようにして」そのサービスを利用しているかなどの情報(データ)を提供してくれるユーザーこそが、与えてくれるものだからである。逆に言うとユーザーが集まらない限り、そもそも「良い製品」とは何なのかを推し量ることすら容易でない。

 インターネット出現以降、このようにネットワーク外部性が自由経済の「発展の仕組み」を強く支え始めたのと歩調を合わせ、人工知能の存在感もまた劇的に大きくなった。なぜならユーザーの情報を解析し、サービス提供者にとって最適なデータを提供するアルゴリズムこそが人工知能だからである。

 人工知能と言うと、人間のような、あるいはそれ以上の、高度な知的判断を行っているように感じられるかもしれないが、タネを明かせば結局のところ、機械的な「処理」である。人工知能が処理した情報がサービス提供者に活用されれば、それは新たな自由経済の原動力となるし、サービスユーザーに活用されれば、それは「パーソナライゼーション」に繋がって行く。あるユーザーに向けた情報の「カスタマイズ」は、あくまでそのユーザーの過去データから類似のユーザーを探し出し、彼らが好む(「いいね!」を押す、クリックをする、などの)情報を教えているに過ぎないのだ。

 その「処理」の意義を決して低く見ることができないのは、これまで縷(る)々(る)述べてきた通りなのだが、だからと言ってフィルターバブルの中で思考停止し能動性を失っていくのもオモシロクない。私たちは、どうすれば人工知能社会をオモシロイものにしていけるのだろうか。


■「クリエイティビティ」を捉えなおす


 インターネットが経済ルールを変えたことを、多くのビジネスマンや経営者は、当然のように気付いている。ネットワーク外部性をうまく利用すれば、自分の小さなアイデアをユーザーに使ってもらいながら改善し、大きなサービスとして育てていくことができる。シリコンバレーにおいて生まれた「リーン・スタートアップ」と呼ばれる起業の方法論もまた、こうした文脈の中で生まれたものである。

 ゆえに今世紀初頭、インターネットが一般に広がった頃は、誰もがビジネスのクリエイティビティを発揮して「起業社会」なるものが出現する、とまことしやかに喧伝された。それが、どうだろう。少なくとも日本では二〇一九年の今、起業社会が到来しているとは思えない。確かに二十年前に比べれば、転職や起業という従来の終身雇用文化では考えられなかった発想に対して、遥かに寛容な社会になっている。メディア等でも「個の生き方」がクローズアップされる。ただ、そうは言っても、新しい経済ルールをバネにして「個の生き方」へとジャンプする人は限られているというのが実感だ。

 ここで強調しておきたいのは、世の中はクリエイティビティを「あらかじめ備えている人」と「備えていない人」に分かれている、という様な考え方への異議である。クリエイティビティは決して特別なものではなく、生きている人間すべて(極端な言い方をすれば、生き物すべて)に備わっている本能のようなものだと筆者は考えている。

 これをご理解いただくために、日本文化の豊かなクリエイティビティを、日本の外側から見つめた例を紹介したい。

 フランスの哲学者ロラン・バルトは、独自の視点で日本文化の分析を行った。彼の著作『表徴の帝国』(原題「L'Empire des signes」一九七〇年)の中では、私たち日本人が当たり前のように用いている「箸」についての興味深い考察が描かれている。

《箸は、食べものを皿から口へと運ぶ以外に、おびただしい機能をもっていて(単に口へ運ぶだけなら、箸はいちばん不適合である。そのためなら、指とフォークが機能的である)、そのおびただしさこそが、箸本来の機能なのである。箸は、まずはじめに──その形そのものが明らかに語っているところなのだが──指示するという機能をもっている。箸は、食べ物を指し、その断片を示し、人差指と同じ選択の動作をおこなう。(中略)食事という日常性のなかに、秩序ではなく、いわば気まぐれと怠惰をもちこむのである。》(「ちくま学芸文庫版『表徴の帝国』 宗左近/訳」より引用)

《箸は西洋のナイフに(そして、猟師の武器そのものであるフォークに)対立する。箸は、切断し、ぐいと掴まえて手足をバラバラにして突きさすという動作(中略)を拒否する食器具である。箸という存在があるために、食べものは人々が暴行を加える餌食(たとえば、人々のむさぼりつく肉)ではなくなって、見事な調和をもって変換された物質となる。箸は食べ物を、あらかじめ食べやすく按配された小鳥の餌とし、御飯を牛乳の波とする。箸は母性そのもののように倦むことなく、小鳥の嘴の動作へと人をみちびく、わたしたち西洋人の食事の慣習には相もかわらず、槍と刀で武装した狩猟の動作しかないのだが……。》(引用同前)

 バルトが指摘するように、「食べものを皿から口へと運ぶ」という機能にのみ着目すると、箸という道具は非常に冗長な機能を持つ。効率化という観点からは、直ちに見直されるべきものかもしれない。だが箸を使うからこそ私たちは、食べ物を「暴行を加える餌食」ではなく、「見事な調和をもって変換された物質」として、身体に受け入れることができるのである。

 この、いわば「豊かな冗長性」を人工知能社会に持ち込めないだろうか。個々人が違った形で備えている小さな(無駄に見えることもある)クリエイティビティを、価値を共有する誰かを探し出し相互にネットワーク化しながら大きく育てることができるのもまた、人工知能の性質なのだ。だとすれば、私たちが敢えて常に意識し続けるべきなのは、「人工知能は何にでも使える」というような、ある種の素朴な楽観論なのだろう。


■人工知能との健全な付き合い方


 新しい技術やビジネスの動きにいち早くキャッチアップしようとするビジネスマンや技術者から、人工知能に関する様々な質問をいただく。その中でとても多いのが「人工知能は何に使えるのですか?」というものである。この質問に対して、事例紹介をしてみたり、あるいは技術的な説明をしてみたり、そもそも人工知能とは何なのかを話してみたりなど、筆者は様々な答え方を試してきたのだが、最近は「何にでも使えます」と言ってみたほうが一番わかりやすいのではないかとすら感じている。実際はこの答えは正確ではないけれども、それによって様々な発想に繋げて行けるからだ。

「もし、こんなことができれば、お客さんや同業者は大喜びするのにな」という、(時には妄想に近いような)思いがあれば、人工知能と呼ばれる技術領域をはじめとするITは、それを完全にとは言わないまでも、近いことなら実現できることが極めて多い。もちろん単に夢物語を語るだけでは、技術者は困ってしまう。「完全なものはできないのはわかっている。だが今どんな技術があって、それを使えばどこまで実現できるかを学びたい。その上で、一緒に現実的なところに落とし込んでいきたいのだ」と率直に話し、丸投げではなく一緒に作っていきたいという姿勢を見せれば、大抵の技術者は協力的な姿勢を見せるだろう。

 拙書『人工知能はなぜ椅子に座れないのか』の冒頭では、とあるスタートアップ企業の若手開発担当者であるサトシが、技術に明るい研究者のクミコと、経営に明るい同僚のツヨシを巻き込みながら、ビジネスを生み出す様子を物語風に紹介した。新しい技術やビジネスというものは、異なる分野の専門家が、お互いに関心を持って対話を行うことによって生み出されるものなのである。

「今、何が流行っているのか」「今後どんなビジネスが流行るのか」という後追いの発想から、「今から〇〇をやろうと思っている(やり始めている)が、一緒にやりませんか?」と、自らの「想い」に誰かを巻き込んでいく人が少しでも増えれば、そこに人工知能社会のあるべき姿が見えてくるのではないかと、筆者は感じている次第である。

松田雄馬(まつだ・ゆうま) 人工知能研究者、「アイキュベータ」代表。
1982年9月3日生。徳島生まれ、大阪育ち。博士(工学)。2005年、京都大学工学部地球工学科卒。2007年、京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻修士課程修了。同年日本電気株式会社(NEC)中央研究所に入所。MITメディアラボやハチソン香港との共同研究に従事した後、東北大学とブレインウェア(脳型コンピュータ)に関する共同研究プロジェクトを立ち上げ、基礎研究を行うと共に社会実装にも着手。2015年、情報処理学会にて優秀論文賞、最優秀プレゼンテーション賞を受賞。2016年、NECを退職し独立。2017年、合同会社アイキュベータを設立。著書に『人工知能の哲学』(東海大学出版部)。

『yom yom』vol.55(2019年4月号) 掲載

関連記事(外部サイト)