アマゾン利用者なら使わないのはもったいない「Amazon Music」

テクニカルライター・田中拓也の『人生変えちゃうアプリ!』。リモートワークや勉強中に音楽を聴きながら作業をしている人も多いでしょう。「Amazon Music」なら無料からでも利用できるので、手軽に音楽を聞きたい人にぴったりです。

■4つのプランから選べるAmazonの音楽配信サービス

▲「Amazon Music」のアプリアイコン

「Amazon Music」は、Amazonが提供する音楽配信サービスです。手軽に音楽を楽しみたいライトユーザーから高音質で聞きたいヘビーユーザーまで、幅広い層に対応しています。

利用プランは4つです。プライム会員なら追加料金なしで200万曲が聴き放題になる「Prime Music」、6500万曲の音楽が聴き放題になる「Amazon Music Unlimited」(月額980円)、その高音質版である「Amazon Music HD」(月額1980円)、さらに2020年5月に追加された「Amazon Music Free」の4つです。最後のフリープランは広告付きですが、プライム会員でなくてもAmazonユーザーなら無料で使うことができます。

▲利用するにはAmazonのアカウントが必要です

■Alexaに頼んで曲を再生することが可能

アプリを起動したらAmazonにサインインし、聞きたい曲を探します。「ホーム」画面で人気のプレイリストやステーション、新着や人気ランキングなどから選ぶか、または「見つける」や「ALEXA」で、目当ての曲を検索することもできます。

▲ホーム画面でおすすめの曲を見つける

▲Alexaに頼んで曲を再生することが可能

プレイリストやステーションは、似たような曲や好みの曲を探すのにもってこいです。また「読書のためのクラシック」「勉強のためのクラシック」「眠りのためのクラシック」など、利用するシーンを想定したプレイリストも多く、集中したいときやリラックスしたいときに聞く音楽が簡単に見つかります。

▲プレイリストやステーションも充実

気に入った曲やアルバムが見つかったら「+」をタップして、マイミュージックに追加したり、プレイリストに追加したりしておくと、すぐに再生できて便利です(Prime MusicとAmazon Music Unlimitedのみ)。マイミュージックに登録したアルバムや曲は、端末にダウンロードすることが可能なので、パケット通信費を気にせず楽しめるのが嬉しいところです。

▲歌詞表示にも対応しているのでカラオケの練習にも使える

■「Amazon Music Unlimited」は6500万曲以上

「Prime Music」と「Amazon Music Unlimited」の主な違いは、楽曲のラインアップです。「Prime Music」では、「Unlimited」と表示されている曲が再生できません。ラインアップの差は「Prime Music」の200万曲に対して「Amazon Music Unlimited」は6500万曲以上あり、32.5倍差です。

アーティストやアルバムによっては、聞ける曲と聞けない曲があるので、プライム会員は好きなアーティストの曲が聞けるかどうか確認してから「Amazon Music Unlimited」へアップグレードするか検討するのがよいでしょう。プライム会員なら月額780円の追加でアップグレードできます。また、Echoユーザー向けのEchoプランも月額380円で利用可能です。

▲「music unlimited」と表示される

「Amazon Music Free」では、プレイリストとステーションの一部が利用できます。実際に聞ける曲はかなり限定されているうえ、シャッフル再生のみとなりますが、バックグラウンド再生が可能なので「作業中などにBGMを流したい」といった使い方に最適でしょう。

▲Amazon Music Freeではサービスの一部が利用できる

▲シャッフル再生のみだが、一定回数スキップもできる

無料プランが用意されたことで、手軽に音楽を楽しめるようになった「Amazon Music」。テレワークで自宅作業が増えたという人にもおすすめです。

〈田中 拓也〉

関連記事(外部サイト)