ドラえもんの「ひみつ道具」に新しいビジネスのヒントがある!

「ほんやくこんにゃく」「近道マップ」「観光ビジョン」……これらは日本人なら誰もが知っている『ドラえもん』が、四次元ポケットから出す「ひみつ道具」ですが、テクノロジーの飛躍的な進歩によってすでに実現しています。そして、その「ひみつ道具」には、新たなビジネスのヒントがあるのです。ドラえもんを「ワクワク」しながら見ていた頃を思い出して「新しい仕事」で稼いでみませんか? テックビジネスを成功させた吉角裕一朗氏に話を聞いた。

※本記事は、吉角裕一朗:著『「まだない仕事」で稼ぐ方法』(ワニ・プラス:刊)より一部抜粋編集したものです。

■「できない」の決めつけに脳がシャットダウン

今から10年ほど前のことです。「もうすぐ空飛ぶ自動車ができるよ」と私が言ったら、100人中100人全員から「そんなことはないよ」と否定されたのを覚えています。ところが今、実際に空飛ぶ自動車が完成し、発売され、そして世界中に広がろうとしています。

「自動車は空を飛べないよ」と最初から決めてかかる人は、固定観念に囚われてすべての可能性に蓋をしてしまいます。子どもの頃はどんなことだって叶うと思っていたのに、その夢を忘れてしまっているのです。

この夢のことを「空想力」と言います。空想力とは夢を現実にする力のことです。もしそれが可能になったとき、人は感動してたくさんのお金を払います。ですから、夢を叶える人は成功者となり、間違いなくお金持ちになるのです。逆に夢を持てない人は、自分の肉体を使って毎日長時間働くだけで、少しのお金しか手にできません。

世界的に有名な自動車メーカーの本田技研工業(ホンダ)の創業者・本田宗一郎氏は、小学生の頃に飛行機に憧れ、アクロバット飛行ショーを見に行ったそうです。若き本田少年は「自分も空を飛ぶ飛行機を作りたい」と思い、30年以上社内で研究を続けました。

ホンダがジェットエンジンの開発をしていたことはあまり知られていませんでしたが、この執念の研究はやがて実を結び、ビジネス用ジェット機「ホンダジェット」として、世界中の空を飛び回るようになりました。

世の中には否定から入る人と肯定から入る人、これまた2種類の人がいます。否定から入る人は、最初からできないと決めつけているので、自分の脳が「できない状態」を作ってしまうのです。

例えば受験でも「こんな難関校には受かりっこない」と思って勉強するのと、逆に「この大学に入れたら素晴らしい人生が待っている」と思って勉強するのとでは目標達成力がまるで違います。「できない」と決めつけた瞬間に、脳がそれを達成するための情報を遮断してしまうので、結局できない人生が繰り返されていくのです。

▲「できない」の決めつけに脳がシャットダウン イメージ:PIXTA

■どんどん商品化されている「ひみつ道具」

『ドラえもんのうた』を知らない日本人はいないでしょう。1979年に放送を開始したテレビアニメ『ドラえもん』の主題歌です。コミックは世界で約2億5000万冊売れ、この歌も世界中でうたわれています。

この歌のなかでは、未来の便利グッズのことを紹介しています。未来の科学の最先端の「ひみつ道具」への憧れを歌詞に込めているのです。そして、この歌を聞いた私たちの心のなかでは、きっといつか未来の不思議な便利グッズを使いたい、という夢が大きく膨らんでいきます。そう、ドラえもんは私たちの夢を叶えてくれる可能性の象徴なのです。

実際、年を追うごとに人類のテクノロジーは進化し、ドラえもんの「ひみつ道具」も、毎日のように実現しているのです。

例えば、ひみつ道具「近道マップ」は、近道を教えてくれるアイテムですが、今では誰もが使用するデジタルツールとして、数々の地図アプリが存在しています。

▲どんどん商品化されている「ひみつ道具」 イメージ:PIXTA

ひみつ道具「ほんやくこんにゃく」は、食べるとどんな言葉でも通じるようになるこんにゃくです。これもすでにGoogle翻訳が外国語の文章を日本語に変換したり、その場で文章を読み上げてくれています。しかも、世界中にある言語100カ国語以上を同時に音声翻訳できてしまうのです。また、POCKETALK?(ポケトーク)はポータブルな双方向のAI音声通訳機で、74の言語に対応しています。

さらに、ひみつ道具「観光ビジョン」は、緯度と経度を合わせると地球上のどこの景色でも見ることができるというものですが、これもすでにGoogleストリートビューとして存在し、私たちは自宅にいながら、世界中のどこの場所でも見られるようになりました。

私はドラえもんのポケットの中から出てきた道具を数えていきました。すると、ひみつ道具は2000種類以上にもなったのです。そして、それらを詳しく調べていったところ、すでにその5%にあたる100種類以上のひみつ道具が商品化されたり、市販されたりしているのです。このままいけば、あと数年以内には10%くらいのひみつ道具が商品化されるに違いありません。

今、時代は日進月歩で変化しています。そして、それを支えているのは科学でありテクノロジーです。現在から20年前にIT革命の時代がやってきました。そして、そのIT技術を活用して新しいサービスを生み出した人の多くは大成功し、巨万の富を築きました。そして20年後の今、まったく同じことが起きようとしているのです。

■ドラえもんは“開発”したわけではない

別に新しいテクノロジーを開発しましょう、ということではありません。誰かが開発したテクノロジーを使って、新しいビジネスを作り出そう、ということです。

ドラえもんは、自分で「ひみつ道具」を開発したわけではありません。ドラえもんも「誰かが開発した道具」を“使っていた”だけなのです。

今あなたの目の前にあるテクノロジーを知ること、使うこと、そして新しいビジネスを考えること、これが新しいビジネスを作る近道です。新しい技術を開発することは並大抵ではありません。しかし、新しい技術を使って新しいビジネスを作ること、はあなたにもできるのです。

私はIT革命より大きなビッグバンを作り出す、この時代のことを「テック革命時代」と呼んでいます。IT革命の10倍、100倍の成功者を作り、そして富も生み出すことができると思っています。

ただ単に時代の最先端のテクノロジーやその進化を知るだけでなく、1人ひとりがそのテクノロジーをビジネスに使えるようになってほしいと思っています。そして、たった1つのアイデアが、もしかしたら世の中を変えるサービスを作り出せるかもしれないのです。ぜひあなたもテック革命が引き起こすゴールドラッシュの波に乗ってください。

次にテックを使って新しいビジネスモデルを生み出すのは、あなたなのです。

関連記事(外部サイト)